二十四節気の説明

二十四節気 ライフスタイル

二十四節気(読み方は”にじゅうしせっき”)とは1年の太陽の黄道(こうどう)上の動きを視黄経で24等分して、その分割点を含む日に季節を付けたものをいいます。24の名称は春夏秋冬の4つの季節に分けられ、それぞれの季節をさらに6つに分けます。

太陽の黄道によって季節を決めるため、現在の太陽暦の日付とは完全に一致しないので、年ごとに日付が変わります。

スポンサーリンク

二十四節気の春

太陽黄経が315度の地点は立春になります。

太陽暦でいうと1月下旬から2月上旬のあたりになります。太陽黄経が15度進むごとに雨水、啓蟄となり、太陽黄経が0度の地点が春分、太陽黄経が15度進むごとに清明、穀雨になります。

立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨が二十四節気の春になります。

二十四節気の夏

太陽黄経が45度の地点は立夏になります。

太陽黄経が15度進むごとに小満、芒種、夏至、小暑、大暑となり、二十四節気の夏になります。

二十四節気の秋

太陽黄経が135度の地点は立秋になります。

太陽黄経が15度進むごとに処暑、白露、秋分、寒露、霜降となり、二十四節気の秋になります。

二十四節気の冬

太陽黄経が225度の地点は立冬になります。

太陽黄経が15度進むごとに小雪、大雪、冬至、小寒、大寒となり、二十四節気の冬になります。

大寒が終わると、立春に戻り一年が経つことになります。

立春

立春とは二十四節気の第1にあたります。この二十四節気とは、太陰暦を用いていた時代に、一年を二十四に分けその分割点を含む日に季節を表す名前がつけられたものです。この二十四節気は太陽の角度(太陽黄経)によって決められており、立春は太陽黄経が315度の時の季節のことです。

この角度は毎回同じではないですが、大体2月4日ごろになることが多いようです。二十四節気の第一である立春には「一年の始まり」という意味があり、この日から立夏の前日までを春と言います。前日は豆まきをする節分ですが、これには新しい一年の厄払いのために行われます。立春が正月だとすれば、節分は大晦日の役割なんですね。そして禅寺には厄除けのために門に「立春大吉」と貼る習慣があるそうです。

この文字は縦書きにすると左右対称になるため縁起がいいと言われ、おまじないになっています。このように意味を知ると、一年の始まりを良いものにしようという気持ちになりますね。

立夏

世界的に見ても日本のように四季が明瞭な国は極めて限定的であり、各々に良さがあるからこそ移ろいを楽しめるような工夫が施されています。複数存在する区切りの中にあるのが立夏であり、5月5日のこどもの日の前後であることが多く、旧暦を参考にして考えると5月の月末に当たります。

立夏という名が付いているものの、朝晩は寒さを感じる気候なので肌感覚としては夏ではないのですが、田植えをはじめとする農作物の作業がピークになる頃と重なることから、各所で豊作を願い神事が執り行われます。秋に多くの実りを収穫することができるように期待し祈りを捧げる地域や、台風や天候不順に見舞われず穏やかに夏が終えられるように祈る様子など様々です。

古来から伝わる事柄と言えば、土用の丑の日や節分のように何らかの食べ物を口にすることで健康維持や縁起を担ぎますが、立夏においては取り分けて行事食は存在しません。ただし、こどもの日に近いこともあり柏餅を立夏に頂く事が定番になっているというご家庭もあります。

立秋

二十四節気は、冬至を計算の起点にしており、1太陽年を24等分した約15日ごとに設けられています。
現在主流の定気法では立秋とは太陽黄経が135度のときで8月7日ごろになります。二十四節気の第13にあたります。

この日から立冬までが秋とされます。8月中は気温が高く秋という感じがしないのですが、立秋の次の日からは挨拶状の文面は『暑中見舞い』から『残暑見舞い』として送るのがマナーとなります。

気象庁では「梅雨入り宣言」「梅雨明け宣言」を天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表しているが、長梅雨で立秋までに梅雨が明けない場合「梅雨明け宣言」が行われないことがあります。それ故に東北などは例年7月28日が梅雨明けになるがズレ込むと「梅雨明けなし」となることがあります。

立冬

立冬とは、二十四節気の19番目で、一般的には冬の始まりを意味する日です。太陽暦では11月8日頃で、二十四節気の霜降と小雪の中間に入ります。秋分の時期には陰陽転化が発生しますが、立冬になると陰の力はさらに強まり、夜の時間が長いことを実感できるようになります。

天文学的には、太陽の黄経が225度を通過する日を意味しています。俳句の分野では、立冬は冬の季語としても親しまれてきました。立冬の情景からインスピレーションを得て、多くの俳人が俳句を発表してきました。陰陽五行で季節を5つに分ける場合には、立冬は秋の時期になり、薬膳では五臓の肺を養う食事を作ります。

冬の始まりを意味している時期ですが、昼間の時間帯は温かいのが特徴です。ところが、朝晩の冷え込みが徐々に厳しくなる時期でもあるため、各家庭では冬至を目安にして冬の準備を始めます。農家は秋までに収穫した野菜を塩漬けにしたり、あるいは外で乾燥させるなどして、冬の保存食を作る準備も行います。

雑節

二十四節気には季節の移り変わりを示す雑節があります。土用、節分、彼岸、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日などがあります。八十八夜や二百十日はそれぞれ立春から数えて88日目と210日目になるので、二十四節気の立春が最初の月であることがわかります。

啓蟄とは
啓蟄とは、二十四節気の3番目に数えられる日で、太陽暦では3月6日頃に相当します。冬眠していた虫が目覚めて、地上で活動を再開するのが啓蟄の意味です。太陽の黄経で表すと、345度の点に達する日が啓蟄になります。

二十四節気は立春から始まりますが、この段階では陰陽転化が発生する前で、まだまだ寒さが厳しい状態です。2番目の雨水を経てから啓蟄に達すると、次第に陽の力が強まり始めるため、人々は太陽の強さを実感できることになるわけです。

全国の山野では、啓蟄の時期になると次第に雪解けが進み、フキノトウが開花します。木々は寒さに耐えている状況ですが、若芽が生じる時期でもあり、次の春分に向かって大きくなっていきます。各地の河川敷では、アブラナやカラシナが開花して、黄色い絨毯のような景色になる時期でもあります。各家庭では冬の衣料を収納して、春物に切り替える準備も行います。農家では温室や寒冷紗などで寒さ対策をしてから、野菜の種まきを行うことがあります。

タイトルとURLをコピーしました