肌疾患を治そうとして始めたエステ療法の失敗談

肌のトラブル ビューティー

5年前に体験したエステに関するエピソードです。私は、アレルギーで皮膚科に通ってましたがなかなか湿疹が治りませんでした。様々な病院を渡り歩いても治らず悩みに悩んだ末にエステ療法をする事にしました。エステ療法とは化粧品を使って肌を綺麗にする事を目指してます。機械でその人に合った化粧品を肌の中に入れていきます。

即効性はありませんでした。一年ぐらい続けて部分的に若干マシになったかな?と思う感じでした。

私は、顔の一部分がアレルギーで色が変わり黒くなりました。その為顔の黒くなった部分に美白剤を導入しました。

しかし美白剤の導入により顔全体が白くなりましたが首等と比べると異様に顔が白くて全体の色バランスが変になりました。

エステを受けるなら例えば乾燥肌対策ならまず全身乾燥肌対策をした方が良いです。その後に美白を目指すなら全身美白をする方が良いです、この部分は乾燥対策で別に部分は美白等にしますと肌が斑模様になったりします。斑模様が目立つと人から「どうしたの?」と聞かれる事が多く随分恥ずかしい思いをしました。

私が受けたエステは、低周波で肌の中に水分や化粧品の水分を入れていきました。

また全身の凝りをほぐすアロマを使いましたリンパマッサージも組み入れてました。

低周波は、微量の電流ですので電流に合う体質ならエステを受けて効果が出て綺麗になれると思います、しかし低周波に合わない体質の人なら何らかの体調不良が出る事もあります。

私は、低周波に合わない体質でしたのでめまいが起こったりしました。低周波で血行が良くなりますと体が温まり血液の循環が良くなってるのも実感できます。

しかしそれが体に激しい痒みが伴いました。あまりの激しい痒みで掻き毟ってしまし血が出てしまう事がありました。血が出たところがまた痒くなり悪循環の繰り返しでした。

またアロマのリンパマッサージも合う合わないがあります。合う人には凝りがほぐれて全身スッキリします。凝りがほぐれて全身の血流が良くなって様々な不調が改善する人が多いです。

しかし私は、アロマのリンパマッサージにも合わずツボをほぐされればほぐされるほど頭痛や吐き気が起こりました。マッサージの揉みかえしも来て体が痛くなる事もありました。

またお酢を使ったパックは、通常は健康な肌ならキメが揃い綺麗な皮膚になります。

しかしアレルギーやアトピーで湿疹が出てる場合にお酢の成分を肌につけると傷口がしみって激痛に近い痛みが走りました。やはり私も傷口に激痛が走ったものの肌疾患を治す為と言い聞かせてました。週に二回ぐらいエステに通いましたがたいして私には合ってなかったみたいで思ったより肌の回復が見られませんでした。回復どころか掻き毟った傷の方が目立つようになりました。綺麗な肌になる事を夢見てエステ療法を始めましたが結果論としましてやはり皮膚科の治療が一番無難い思えるようになりました。

エステとは健康な肌だからこそ綺麗になれるのであって不健康な肌には合わないと実感しました。

大阪府お住まいの職業は自由業の40代女性の方からいただいた、アレルギーのお肌のために行ったエステ療法についてのエピソードでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました