オール電化にするメリットとデメリットを比較しよう

オール電化 ライフスタイル

家を建てるとき、またはリフォーム工事をしようと思うときにオール電化すなわち、
キッチンのコンロやお風呂などの湯沸かし器を電気で沸かすかどうか、
などが選択肢として上がることが普通になってきました。

スポンサーリンク

オール電化のメリット

オール電化のメリットとしては、
全てを電気でまかないますと電力会社に申請をすると、
オール電化にしてくれたお礼に電気料金が割引になります。

やはりガスと電気と別々に支払うと基本料金がそれぞれにかかりますので
普通に使っていても割高になることが多いので、
支払いを一か所にまとめるという意味でも割安になりますし、
その上割引があるのでさらに光熱費が安くなるわけです。

また高齢者や小さいお子さんがいるご家庭では、
手元に火の気があることで火事の不安が出てきます。
キッチンのコンロもIHにすると火は使いませんので火事になる心配もなく安心です。

実際に一人暮らしや高齢者夫婦のご家庭をお子さんの提案で
オール電化にリフォームをしたという話をよく聞きます。

オール電化のデメリット

しかしながら全ての新築物件がオール電化になっているわけではありません。

デメリットを考えて躊躇する方もいらっしゃいます。

例えば災害などで停電になったとき、
キッチンのコンロもお風呂の湯沸かし器も使えなくなります。

電気よりガスの方が復旧が早い場合、
よそのお宅は料理が作れるのにうちはまだ電気が来ていないので調理できない、
といった光熱費の一極集中の弊害の可能性があります。

IH対応のフライパンやお鍋を使う必要があるので、
ものによってはすべてIH対応に買い替える必要があります。

IHだと中華料理など強火の料理に不安という方もいらっしゃいます。
料理が好きな方はあえて従来のガスコンロを好む方もいるようです。

IHコンロから出る電磁波が心配という方もいるようです。
実際のところは定かではないですが、電子レンジも不要の生活をしている方にとっては
ガスコンロで十分と思っていることでしょう。

またオール電化にするには初期投資がガスよりかかります。
その点もデメリットと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました