1. TOP
  2. 海外旅行
  3. 恐怖を感じたアメリカの空港での体験

恐怖を感じたアメリカの空港での体験

 2017/06/05 海外旅行 この記事は約 3 分で読めます。 602 Views
アメリカの空港

旅行が好きで大学生のときにバイトしてお金をためては、ヨーロッパやアメリカなど、たくさんの国に旅行にいきました。

もちろん学生の貧乏旅行で、空港チケットとホテルが手配されているだけのフリープランにしていたので、食事などもいつもマクドナルドやピザなど手軽なものしか食べられませんでしたが、色々な国の人と話したり文化にふれて、とても楽しく有意義な時間をすごしました。

その中でとても大変だったアメリカ旅行についてお話します。

アメリカのラスベガス、フロリダをまわるツアーで、もちろんフリーでしたが、問題は乗り換えが何回かあるのに、ラスベガスの空港まで独自で行かなければいけないということで、友達とドキドキしながら飛行機にのりました。

乗り換え地点の空港につき、おりたものの、本当に空港の規模が大きく、上の看板表示をみるだけでは難しく早速迷いましたが、スーツケースをもって長い通路を歩き、二人でさまよっていると、大きいからだの黒人の警備員さんのような人に止められ、パスポートとチケットを見せろといわれました。

パスポートみせたらだめだろう、とためらっていたら早口で何かいわれ怖くなってしぶしぶ出すと何かにチェックして、スーツケースの鍵プリーズといわれました。

えーーーと納得いかない顔をしていると、鍵がないと思われたのか、何か器具でがんっとこじ開けられ、中を開き、よしっというかんじで、スーツケースを閉じ鍵のロックを開けたまま誰かに渡されました。

友達はとりあえず焦って鍵を自分であけ、カバンを渡したので、中をあけチェックし、またロックをあけたまま横の人に渡され、私たちのスーツケースは持っていかれました。

こっちに進めみたいな感じで誘導され、よくわからないままついていきました。

その頃はおそらくテロの脅威があり、空港を厳重チェックしないといけなかったようで、身体チェックのとき、いつもならさっと通れるのに、サンダルも機械に再度かけられ、女性警備員にジーンズのボタンまで外して探知機をかけられました。

そしておそらくこれであろうと思われる飛行機に乗りましたが、私たちの頭の中にはスーツケースはどこにいったんだろう、無事にこの飛行機にのっているのか、降りたときに荷物がもし無かったら誰に話して、どうさがせばいいのか、、不安に押しつぶされそうなフライトでした。

結局は、ちゃんと荷物もあり、受け取ることができ、なんだかんだとありながらも楽しい旅行ができたのですが、本当にあんなによくわからず流されるままに従って恐怖を感じたのはアメリカの空港だけでした。

後で考えると、おそらくスーツケースにロックはかけてはいけないようで、鍵も確認したことがわかるようにあけたままで流さないといけないようなのですが、パンパンに荷物でふくらんだケースが何かの拍子に開いて散乱したらどうしようととても不安になりました。

楽しかったので、いまでは笑い話ですが、アメリカだけは添乗員さんが同行してくれない旅行はいけないなと思いました。

関西にお住いの30代の女性の方からいただいたアメリカ旅行での空港での出来事でした。

身体の大きな黒人男性にあれこれ指示されるのって怖いですよ。本当の警備員だったから良かったけど、本当に悪い人だったらと思うとゾッとしちゃいます。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

アメリカの空港

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シャルル・ド・ゴール国際空港で搭乗ゲートが変更されたことに気づかずイタリア行き飛行機に乗り遅れて必死に交渉した結果・・

  • ボリビアのウユニ塩湖の塩のホテルに泊まることを目指した南米旅行。ところが・・・

  • 【旅行保険は要確認】飛行機の遅延で間に合わなかったオプショナルツアーの補償は無し!【ペルー8泊9日の旅】

  • 激安ツアーで3泊4日のグアム旅行~機材トラブルによるフライトの変更からはじまった大トラブル

  • 生きる力を試されたイタリアへの卒業旅行

  • ボリビアのウユニ塩湖の鏡張りを体験して浮かれ気分で屋台の玉子のローカルフードを食べて食中毒になった話