圧力鍋を使って肉料理の調理時間を大幅に短縮する!

圧力鍋 グルメ

圧力鍋で肉を調理すると、短時間であっても中心部まで熱が到達し、とろけるような食感に変化します。

通常の調理方法で同じくらいの柔らかさにするためには、2時間から3時間程度の煮込み時間が必要ですから、忙しい人にとっても役立つ調理器具です。

調理時間が短くなるため、圧力鍋を使えば肉の美味しさも瞬時に閉じ込めることができます。弱火で長時間にわたって煮込むと、肉汁が失われて縮んでしまうことが少なくありません。肉汁を残しながら、繊維を徐々に柔らかくして調理することは、単純であっても難しい方法です。圧力鍋が開発されたおかげで、本格的な料理技術を家庭でも使えるようになりました。

具体的な料理では、豚の角煮を作る場合にも優れた特性を発揮します。赤身の部分にはしっとりとした食感を残しながら、脂身の部分はゼラチン状に変化するのも、圧力鍋の優れている機能です。30分程度の調理時間で大丈夫ですから、夕食の買い出しで忙しいときでも作ることが容易です。

ビーフシチューも調理時間が非常に長い料理ですが、圧力鍋を使うことで大幅に短縮できます。牛肉に対しても強力な圧力と熱が加わり、素材本来の持ち味を活かした状態で柔らかくなるのが利点です。人参やジャガイモなどの具材を一緒に煮込んでも、短時間で加熱するために煮崩れしにくい状態になります。

ワインやビールが残ってしまったときには、肉と一緒にして圧力鍋で調理してみてください。この方法を使うと、アルコールの影響も重なって肉がさらに柔らかくなり、旨味も凝縮していきます。ビール入りのビーフカレーを作る際にも使うと、絶妙な旨味が調和した一品が完成します。

和風の肉料理では、モツ煮を圧力鍋で作ることも行われてきました。臓物の部分は肉の部分よりも弾力があるため、通常の方法で煮込むと相当な時間がかかります。圧力鍋を使えば、30分以内で完成させることも可能です。モツ煮だけでなく、モツ鍋の下ごしらえをする際にも使うと役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました