便利なブルートゥースについての説明

ブルートゥース 特集

近年耳にするようになったブルートゥース。

これは、近距離無線通信の規格のひとつですパソコンやスマートフォンなどといった
情報機器やオーディオ機器などを無線で接続し、機器間で音声やデータなどを
やりとりすることが可能です。

ブルートゥースのメリットと言えば何と言ってもコードレスになり、
ストレスから解放されることでしょう。

ブルートゥース対応のイヤホンなら、カバンの中に音楽プレーヤーを入れたまま
音楽を聴くことが出来るので、カバンの中でイヤホンのコードが絡まってしまう、
なんていうことはなくなります。

また、部屋の中で、スマートフォンとブルートゥース対応のスピーカーを使って
ワイヤレスで音楽を流す、ということも可能です。

リモコンなどの赤外線も同じ無線通信ですが、ブルートゥースは10m以内であれば
障害物があっても通信が可能です。

さらに、国際標準規格なので、対応機器であればどこの国のメーカー同士でも通信が可能です。

対応機器にはわかりやすいところにロゴが入っています。

使い方は簡単です。

ブルートゥース対応機器同士をつなげることから始まります。これを「ペアリング」といいます。

例えばスマートフォンとスピーカーをペアリングする場合、スマートフォンとスピーカーの電源を入れます。
次にスマートフォンの設定画面からブルートゥースをオンにします。
そして、スピーカーにあるブルートゥースボタンを押してください。
これでスピーカーはペアリングモードになります。

スマートフォンがスピーカーを認識すると、
スマートフォンの画面にスピーカーの型番などが表示されるので、これを選べばペアリングは完了です。

複数の機器をペアリングする場合はどの型番がどの機器かを覚えておく必要があるでしょう。

意識していない方も多いですが、多くのスマートフォンにはNFCが搭載されています。

Suicaなどでおなじみの技術です。NFC対応機器同士でしたら、かざすだけでペアリングが完了するので、
さらに気軽に音楽などを楽しむことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました