盆栽について 初心者のはじめての盆栽の作り方についての説明

盆栽 ライフスタイル

盆栽ブームになって久しいですが、最近では国内の人気よりも海外向けの盆栽がかなり人気です。

日本ではどちらかというと高齢の方の趣味というイメージがありましたが、いまはまったく違います。
とくに外国の人にブームがおこっているほどです。

では盆栽初心者にとってはじめての盆栽の作り方はどのようにしたらいいのでしょうか?

盆栽というのは、鉢の中に表現される植物を用いた、造形美を楽しむものです。
そのためただ植物を植えていればいいというものではなく、
枝振りや葉姿、幹の肌などを造形によって作り上げて鑑賞する趣味のことをいいます。

大型の鉢にはいったものもありますが、
初心者ですからまずは小さな鉢にはいる樹木を選んで作り上げるほうがいいでしょう。
さらには樹形の作り方というのも自己流というよりは、基本的なことを学んだようがいいです。
まずは盆栽初心者のための講座をうけたり、本で学ぶということも大切です。

基本的なことというと、樹形の作り方などにすぐに行きがちですが、
じつは水の与え方や肥料はいつやるのかということがとても重要なことです。
植物は水がなければ枯れてしまいますが、水の与えすぎも、根腐れをおこしたり原因になります。

また肥料についても同様です。あげらばいいということでなく、
時期を選んで適量を与えないと葉やけをおこしたり、枯れてしまう原因になってしまうからです。
ですからまず基本的な知識を学んでいく講座などの参加は大切なことです。

さらには、女性に人気なのが、さつきや、果実がなる樹木を選んで盆栽仕立てにしていくものです。
季節によって紅葉があったり、実がついていく様子を鑑賞できるのはとても、楽しいことですが、
これも、手入れや肥料の上げ方、水の与え方によって実がならなかったりきれいな花を咲かせられないということも多いです。

ですからまずは、本で勉強をしたり講座にいってみるなどの、基礎知識を頭にいれるほうがいいでしょう。
そして初心者はいきなり大型の鉢のものを選ばず、小さなミニ盆栽から始めてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました