1. TOP
  2. 海外旅行
  3. シャルルドゴール空港のアナウンスで自分の名前が連呼される!~フランス経由でイタリア列車一人旅をした学生時代のハプニング

シャルルドゴール空港のアナウンスで自分の名前が連呼される!~フランス経由でイタリア列車一人旅をした学生時代のハプニング

 2017/06/30 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 2,116 Views
シャルルドゴール空港

当時大学生だった私は、春休みにイタリアを列車で廻る海外一人旅行をしました。バックパックではなくスーツケースでの海外旅行です。

一人暮らしの部屋からスーツケースを引いて地下鉄と名鉄でセントレア(中部国際空港)まで行きました。

セントレアからパリのシャルルドゴール空港を経由してアリタリア航空のユーロ国内便に乗り換えてイタリアローマ近くの空港に着き、ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノを廻る旅をしました。

シャルルドゴール空港で搭乗ゲートが変更されて

シャルルドゴール空港を経由するというのはそこで飛行便の乗り換えをするということですが、国際便やユーロ国内便などの便も飛んでいます。シャルルドゴール空港はガラス張りの眺めの良い・見晴らしの良い空港で、飛行機の発着陸の様子を見ることができます。ちょうど天気は晴れできれいな青空でしたので着陸するときに、機内で乗換えをする搭乗ゲートの番号を把握しました。

ところが、当日その日の内に搭乗ゲートが急遽変更になることがざらにあることをシャルルドゴール空港にいる当時の私は全く知りませんでした。案の定その日の内に乗るはずの搭乗ゲートは変更されていたのです。

そうとは知らずに搭乗ゲートは着陸時に把握したと思っていた私は、空港でのんびり椅子に座りながら残念なことに勘違いをしてしまった搭乗ゲート近くで待ってしまっていたのです。

すると、空港内のアナウンスが英語になったなと聞いていると英語でしかも自分の名前を連呼されて呼ばれて椅子から飛び起きてしまいました。

乗るはずの飛行機の搭乗ゲートの番号を改めて英語で聞くと、そうか変更されたのだ!とはじめて気がついて恥ずかしながら顔を赤くしながら変更になった搭乗口へ走りました。

最後のアナウンスだったようでぎりぎり受付時間内に搭乗口でチケットを提示して予定通りの飛行機の搭乗に成功しました。

無事に済んだからよかったのですが、大変恥ずかしい思いをしました。大きな空港で英語で自分の名前をアナウンスで連呼されるのは心臓によくないです。

海外の空港では乗り換えの飛行機の搭乗口が変更されることはよくあることです。気をつけましょう。

帰国時もトラブル ミラノからセントレアへの直行便が休航に

帰りのミラノ近くの空港からの移動もトラブルは続きました。

アリタリア航空のセントレアへの直行便が急遽当日になって休航になってしまいました。

受付の行列に並んでいると別の受付のイタリア人女性スタッフから英語で呼ばれて、旅行は一人か、セントレアまで帰りたいのかと聞かれました。そうだと答えるとアリタリア航空の成田への直行便と成田からのセントレアへのJALの直行便のチケット二枚が渡されました。

急遽予定変更でその日の内に東京方面への国際便の直行便の飛行機に乗り、JALの国内便に乗り換えてセントレアまで帰るということになりました。

空港では予定変更がつきものです。特に乗り換え、経由しての移動は乗る予定の飛行機の搭乗ゲートの番号の正確な把握は常に電子掲示板などを見ている必要があります。

愛知県に在住の30代前半の男性からいただいた、2008年3月頃のイタリアを列車で旅行した当時のエピソードでした。

海外の空港では予定変更が当たり前なんですね。皆様も海外旅行の際は、電子掲示板の表示をちゃんと見るようにしましょうね。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

シャルルドゴール空港

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • イタリアツアーの参加者2組がスリや置き引きに遭遇!~フィレンツェ・ベネチア・ローマ巡り

  • マナー最悪なアジアのあの国の団体が列に割り込み~トランジットで冷や汗の新婚旅行のエピソード

  • 【怪しい激安航空券サイトの見分け方】ネットで購入した激安航空券で大失敗したオーストラリアへの一人旅の経験から!

  • 韓国のリラクエステで損をし、帰国後衝撃の事実が発覚

  • マレーシアのペナン島からタイのリぺ島へ格安チケットを購入して大変な目に遭いました

  • 根強い人気があるフランス旅行 その魅力はどんなところ?