大根を使った料理レシピ

大根 グルメ

大根の定番料理としてぶり大根や煮物が挙げられますが、そちらを作ったことがないという方は、
作り方さえ覚えれば簡単に作ることができる料理となるので、作り方を覚えておいても損はないでしょう。

スポンサーリンク

ぶり大根のレシピ

まずぶり大根ですが、具材としてはぶりと大根のみで作ることができます。

2人前の分量としては、ぶり2切れ、大根半分程度となり、調味料としては水180g、醤油大匙2、みりん大匙2、砂糖大匙1、生姜適量、顆粒だし小さじ1となります。ぶりの生臭さを取るために、沸騰したお湯にくぐらせて軽く洗っておきます。

鍋に水と調味料、具材を入れて沸騰してから20分煮ます。大根は火が通りにくいため、大根を先に入れてぶりと調味料を後で入れるという方もいます。

大根の煮物のレシピ

煮物の作り方ですが、大根の他にも具材としてニンジンやゆで卵、油揚げ、鶏肉、ツナ、タケノコ、じゃがいも、玉ねぎ、しらたきなど色々と煮物にすることができます。

味付けとしてはめんつゆのみで行うことができ、めんつゆ200mlに対して水400mlを入れて煮ていくだけとなります。めんつゆは2倍濃縮や3倍濃縮の商品もあるのでそれによっても分量が変わっていきます。めんつゆの他にも醤油、みりん、酒で味付けをすることができます。

甘みがほしい方は砂糖、さっぱりとした味にしたい方は生姜を入れて調整することができます。ぶり大根や煮物は鍋で作りますが、炊飯器でも作ることができ、炊飯器で作ることによって手間とガス代の節約にも繋がります。

大根ステーキ 大根を使った料理レシピ

大根を使った簡単な料理ですと、大根のステーキが挙げられます。大根のステーキはヘルシーなため、ダイエットや食欲がない時におすすめとなります。

作り方としてはフライパンに油またはバターをしいて焼くだけとなります。フライパンだけでなくオーブントースターで焼くこともできるので、洗い物を無くしたいという方はオーブンを使うというのも良いでしょう。

大根のステーキの味付けとしては、塩コショウやポン酢、こってりとさせたいという方はニンニクと醤油、バターを使ってガリバタ風の味付けにするという方もいます。

大根の上添えるものとして、刻みのりやねぎ、しらす、チソ、大葉、三つ葉、さんしょうなどがあります。変わった大根ステーキとしては、チーズをかぶせたり、黒酢をかけて食べるという方もいます。おかずがもう一品ほしいという時にも大根ステーキは活躍するため、料理の選択肢に入れておくというのも良いかと思います。

生で食べるサラダ 大根を使った料理レシピ

大根は煮たり焼いたりするだけでなく、生で食べるサラダにすることもできます。大根の切り方としては、千切りやスライサーを使って細くしてサラダにしていきます。切った大根は水に5分から10分ほどさらすようにします。水にさらさなくても大丈夫ですが、みずにさらしたほうがアクや辛みも抜けて美味しく大根サラダを食べることができます。

大根は辛みが強いこともあるので、お子様に食べさせる場合は水にさらして、甘みの多い大根の真ん中を使うようにしたほうが良いでしょう。大根はドレッシングやマヨネーズ、ポン酢などをかけていただきます。

びっくりドンキー風

びっくりドンキーでもハンバーグプレートに大根サラダがついてきますが、びっくりドンキー風にしたいという方はレタスやスライサーで切ったニンジンを混ぜることで真似をすることができます。びっくりドンキーで販売されている専用のマヨネーズを購入して大根サラダにかけることによってさらに近づけることができます。

タイトルとURLをコピーしました