団塊の世代とは?日本でその世代の人口が多い理由とは?

団塊の世代 特集

団塊の世代とは、日本において第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代のことを指します。

第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)の3年間に生まれた人々のことで、文化的あるいは思想的な面で共通している戦後世代のことです。

スポンサーリンク

団塊の世代という言葉の由来

団塊の世代の人々は、日本経済における第二次世界大戦後の高度経済成長やバブル景気を経験しています。

この3年間の年間出生数は260万人を超えており、3年間の合計出生数は約806万人にもなります。

団塊の世代という用語は、作家の堺屋太一が通商産業省鉱山石炭局在籍時の1976年(昭和51年)に発表した『団塊の世代』の中で用いたことに由来しており、この用語と共に、この世代の人々が日本の社会に及ぼす大きな影響が一般的にも認識されるようになりました。

団塊の世代の人口が突出して多い理由

この時代に人口が増えた理由としては、まず団塊世代が生まれる前は戦中や戦後直後のために出産を見送る傾向にありました。

この時期はその反動で出生率が上がったことと共に、世界大戦の終結によって復員した若い男性が、1940年代後半に数多く結婚した結果、第一次ベビーブームが引き起こされたのです。

また、1948年(昭和23年)までは、一部の例外を除き一般的に産婦人科での避妊・中絶・不妊手術などは警報で堕胎罪となり禁止されていました。

ところが、1948年に優生保護法によって限定的にこれらが容認され、翌年1949年には同法が改正されて経済的な理由での中絶も容認されるようになりました。

このことが理由となり出生率の増加に歯止めがかかるようになり、1950年(昭和25年)以降の出生率は低下していったのです。

団塊の世代の特徴

団塊の世代の人々の特徴としては、高度経済成長やバブル期を経験してきた世代のために、学歴社会で苦労しながら終身雇用制度の会社で必死に働き、郊外に土地付き一戸建ての住居を構えることを大きな目標として努力してきた世代とも言われています。

学歴社会で苦労した経験が子どもの教育に力を入れ、家庭では亭主関白の人が多いとも言われています

タイトルとURLをコピーしました