完全におやつ代わりになってしまった「おからクッキーダイエット」の失敗体験談

おからクッキーダイエット ライフスタイル

私は結婚前は外資系企業でOLとして10年以上働いていました。

お小遣いに余裕があったので、スーツは全てオーダーメイドで仕立てていました。

しかし結婚して正社員を辞めて、服装がルーズなヘルパーの仕事をしていると、段々とお腹に脂肪がついてしまったのです。

息子の卒園式や入学式で昔のスーツ着ようと思ったところ、ウェストが全く入らなくなり、ショックでした。

そこで何とかしてダイエットをしたいと思ったのです。

スポンサーリンク

毎日の家事・子育て・パートの合間に出来るダイエット

しかし毎日家事や子育て、パートに忙しく、普通に食事制限ダイエットをするのはとても辛いものでした。

そこで当時流行っていた「おからクッキーダイエット」を知り、試してみようと思ったのです。

おからクッキーダイエットは、おからでできたクッキーを1枚食べて、牛乳を飲み、胃の中でおからが膨らむことで満腹感を抑えてくれるという「置き換えダイエット」の一種です。

おからクッキーは満腹感を感じる!・・はず

とにかく一番辛いのは空腹感でしたが、胃の中でおからが膨らんで満腹感が続くという触れ込みで期待を持ちました。

更に味が美味しくて食べるのが楽しみという点もも魅力的でした。

今までのダイエットよりも、一食置き換えですのでその他の食事は普通に食べて良く、常に食事制限をするダイエットよりもストレスが少なく感じたのです。

おからクッキーダイエットには「きちんと記録を付けてダイエットを続けても成果が出なければ、返金します」という保証がありました。

早速1週間、朝食を置き換える方法でダイエットをしてみたのです。

その結果、1週間で500グラム体重を減らすことができました。

そこでリピート注文してもう1週間ダイエットを続けました。

ところが、牛乳を飲んでから胃の中で膨らむまで時間がかかることと、味が美味しすぎたことで、通常1食1枚~2枚程度なのですが、つい「もう1枚」と思って1袋分食べてしまう様になりました。

そうなると胃も慣れてしまい、昼近くなって空腹感が強くなってくると「もう少し食べておこうかな」という気持ちになっていました。

おからクッキーがオードブルにw

つまり、1週間分を3日程で食べきってしまい、そのうちに間食をする様になって、完全におからクッキーは間食の前のオードブル替わりになってしまったのです。

カロリーが低い食べ物ですので太りはしませんでしたが、最初に減った500グラムは完全にリバウンドしてしまい、1ヵ月続けても全く体重は減りませんでした。

そのうちにおからクッキーはおやつ代わりになり、1日中お腹が減るとポリポリと食べてしまい、ダイエット目的からは完全に遠ざかってしまったのです。

仕方なくダイエットを諦めて、定期購入をキャンセルしました。

その代わりに効果があったのは、やはり辛いけれどもエクササイズでした。仕方がないので残り2週間で必死に腹筋運動をして、何とかスカートのホックが締まるまでにこぎつけました。

最近では酵素ドリンクダイエットが流行っていて、身体の基礎代謝をアップさせることで脂肪を燃焼させる効果があると言われています。おからクッキーよりも代謝が良くなるという点が魅力的ですので、是非一度試してみたいと思っています。

都内在住の50代女性の方からいただいた、6年前にトライしたおからクッキーダイエットの体験談です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました