1. TOP
  2. 海外旅行
  3. インドとエジプトのダブルパンチで病院行き!食あたりには気を付けて

インドとエジプトのダブルパンチで病院行き!食あたりには気を付けて

 2017/06/10 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 940 Views
腹痛

いまからおよそ10年前のエジプト旅行記です。

インドに1か月ほど滞在し、喧騒とカオスを満喫したあとで、もう1度エジプトに行こうと思い、チケットをとりました。

ガンジス河にも入ったし、ブッダガヤーも訪れたし、心身ともにインドのカオスに浸りきったところで世界観を変えようと思いました。

エジプトはどこかなつかしく、戻ったあとでカイロのタハリール広場を歩いているととても穏やか。インドの喧騒とはうってかわってとても安らぎを感じました。

さっそく安宿にチェックインして、明日からの旅程をたてようと考えていたところ、なんだかお腹がグルグルとなるではありませんか。

しばらくすると、ひどい下痢が起こってきて、横腹に激痛が走りました。

「OH!AH!」と部屋で叫んでいると、顔なじみのスタッフがでてきて「どうした?」と声をかけてくれました。私は顔面蒼白になって冷や汗をかきながら腹痛を訴えると、スタッフはタクシーを呼んでくれ、同乗して病院に連れていってくれました。

診察台に横になると医者が腹部をツンツンと指でさわります。「どこが痛い?ここか?ここはどうだ?」と聞いてきます。

結果、ひどい食あたりだったので、そのことを医者に訴えました。「そういえば、インドの屋台で食ったカレーが異常に美味かった。でも、俺は見たぞ。厨房の中にネズミがわんさか走っていたのを。」

医者は食あたりの原因を特定すると、太い注射をお尻にうち、そのまま退院させました。どういうわけか、痛みはあっという間に消えて、次の日には全快していたのです。

もう2度とああいう美味いカレーは食うまいと心に誓い、久しぶりにさっぱりした魚料理でも食べたいなぁと思い、カイロのゲジーラ島にあるレストランに向かいました。

そこはシーフードが有名らしく、地中海からとれた魚をメインにだしているとのこと。ちょっと料金高めですが、久しぶりに良い料理を食べようと、店に入りました。

注文したのは地中海のなんとかという白身の焼き魚。大きくて、一匹食べただけでお腹いっぱいになりました。オリーブオイルで丸焼きにしてあり、レモンが添えてあって、それらしい料理になっていました。

久しぶりに食べた魚の味に舌つづみをうち、1皿たいらげて店を出ました。

そして、2日後にカイロを離れてアレクサンドリアへ。博物館に入ったて観光していたところ、またしてもお腹がグルグル言うではありませんか。

おかしい!と思いましたが、その後もずっと鈍い痛みが走り、回復しません。どうやら下痢のようで、その後1週間ほど続いてしまいました

あの魚です、あやしくて美味しい白身魚のせいで、またしても腹をこわしました。その後、ドミトリーで会ったイタリア人と話していると、カイロのレストランの話になりました。

「食べ物はどうだった?」と聞いてみると、「カイロのレストランは何を出してるかわからないね。」との答え。
 
私がシーフードレストランで食べた白身魚の話をすると、「地中海にそんな名前の魚はいない。たぶん、ナイル川の底にいたやつを捕まえて皿に盛ったんだろ?」と教えられました。インドのカレー、エジプトナイル川の白身魚。いずれも旅行に食あたりはつきもの、ということを実感した旅でした。

東北にお住まいの30代の男性のかたからいただいたエジプト旅行の体験談でした。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

腹痛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【旅行保険は要確認】飛行機の遅延で間に合わなかったオプショナルツアーの補償は無し!【ペルー8泊9日の旅】

  • トラベロコ経由でガイドを引き受けたらとんでもない目に!【さんざん迷惑を掛けられた挙句に料金踏み倒し】~ポーランドに住む日本人がアメリカ在住の自称日本人旅行者から受けた被害の顛末

  • 初めてのハワイでまさかの寝坊!化粧もせず水着にワンピースを羽織って日焼けクリームを手にホテルから猛ダッシュ!!

  • アメリカでのトランジットで入国審査係員の「大丈夫♪」を信じたらメキシコ行きの飛行機に乗り遅れた件

  • 初めての海外旅行となった香港の夜景はさまざまなトラブルを吹き飛ばすほど素晴らしかった。

  • 記録的な大雪に見舞われた初めてのイタリアとフランス旅行の体験談