英語・英会話の資格試験にはどのようなものがありますか?

英語試験 特集

英語・英会話の試験は実に驚くほどたくさんあります。

日本で唯一、英語の国家資格があります。それは、通訳案内士試験です。

通訳案内士試験は、語学力が優秀なだけでなく、日本地理、世界歴史、産業、経済、政治、文化などの幅広い知識が求められます。通訳案内士試験は、学歴や国籍など一切問わず誰でも受けられます。

公的資格には英検(実用英語技能検定)、日商ビジネス英語検定、工業英検(工業英語能力検定試験)があります。

民間資格は非常に沢山ありますが、中でも一番有名なのは、TOEICテストです。

英語試験

TOEICテストは、コミュニケーション英語能力を判定する世界共通の英語試験です。

TOEFLテストも認知度が高い英語の試験ですね。TOEFLテストは、40年以上の歴史のある英語運用能力を測るテストです。

TOEIC Bridgeは、TOEICと同じ団体が運営しており、TOEICより初歩的試験であるが、問題の出し方が統一されているので、TOEICへの架け橋的存在としてTOEICへ移行する前に受けたい試験です。

他に、GTEC、観光英語検定、国連英検(国際連合公用語・英語検定)、児童英検、翻訳技能認定試験、スタンダード・スピーキングテスト(SST)など他にも沢山の英語・英会話試験があります。

スポンサーリンク

英語検定(英検)を取ることによるメリットとは

英語に関する資格として、日本で信頼性の高いものとして『英語検定』があります。

そこで、この英語検定を受験したいと考えている方へ『資格試験の概要』についてご紹介したいと思います。

英語検定は現在「一級(最上級)」「準一級(大学中級程度)」「二級(高卒程度)」「準二級(高校中級程度)」「三級(中学卒業程度)」「四級(中学中級程度)」「五級(中学初級程度)」というふうにカテゴリーわけされています。

試験については、3級から2次試験が行われることが特徴であり、一次試験に合格したものが二次試験にすすむことになります。

また、二級から五級までは筆記試験がマークシート方式で行われますが、準一級と一級に関しては筆記試験が含まれます。

二次試験は基本的に面接形式で行われます。

検定料は、本会場での受験では1級が8,400円、準1級が6,900円、2級が5,800円、準2級が5,200円、3級が3,800円、4級が2,600円、5級が2,500円となっています(準会場実施の検定料は本会場よりも数百円安くなります)。

なお一級に合格すると、通訳案内士試験の外国語筆記試験が免除されるという特徴があります。

英検とは、公益財団法人日本英語検定教会が主催する、英語力を判定する試験です。中学生や高校生から学校で受験するため、一番なじみのある英語検定では無いでしょうか。

レベルが高い順に1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級とレベルがあります。個人受験と団体受験があり、個人はインターネットやコンビニから申し込み可能です。団体受験は、学校や企業単位で申込みします。

『英語が使える日本人TOEICテストスコア別英語学習法』著者の千田潤一氏によれば、英検の2級は高校2~3年あたりの学力で、TOEICでいえば550点位なそうです。

1級 大学上級レベル、準1級 大学中級レベル、2級 高校卒業レベル、準2級 高校中級レベル 、3級 中学卒業レベル、4級 中学中級レベル 、5級 中学初級レベルがおおよその目安となります。

英検を取ることで入試で優遇されたり、単位認定を受けられたり、教員採用試験で優遇されたり、海外に留学できたり、通訳ガイド試験に役立ったりと色んなメリットが考えられます。英語を使った仕事がしたい場合や大学進学などにメリットがありますので、是非、英検は取っておきたいですね。

 

TOEFL

TOEFLとは、トーフルと読みます。TOEFL、沢山の国で使われている英語の能力テストです。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学などの機関180か国8,500以上がTOEFLのテストスコアを実際の英語能力の証明に使っており、推薦入学制度や奨学金制度、卒業の基準の指標として利用されています。

受験者は、世界中で毎年100万人近くになります。テストを開始してから今まで通算で2,500万人以上が受験してきました。

TOEFLは留学したい場合の自分の英語能力を示す指標にもなります。

TOEFLのメリットは1日で4技能全て受験可能です。テストは、日本の約100か所で1年中随時開催されていますし、年に何度でも受験可能な試験です。

受験時間は、およそ4時間半と長いですが、その中で、リーディング(Reading)、リスニング(Listening)、スピーキング(Speaking)、ライティング(Writing)を受験します。

日本国内の受験料は200ドルで少し高めす。クレジットカードで支払いが可能になっています。

試験はとても人気なので会場がすぐに定員に達する場合も多いです。都内で受験する場合などは特に早目に申し込みした方が良さそうです。

TOEIC

【TOEIC】英語資格試験の概要などの説明
日本で最も活用されている英語資格試験「TOEIC」の受験を考えている人も多いでしょう。そこで、この「TOEIC」の『資格試験の概要』について記載したいと思います。「TOEIC」は現在、250万人以上が受験する英語能力検定試験として高...

通訳案内士試験

通訳案内士試験とは、日本政府観光局(JNTO)が主催している英語の試験です。

通訳案内士法の規定で外国人に付き添い、外国語を使って旅行案内をして報酬を受け取る場合は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

通訳案内士は、通訳ガイドであり、単に英語力があれば優秀という訳では無く、日本の地理や歴史、産業、経済、政治、文化など幅広い知識や教養が求められます。

実際の試験は、外国語についての記述式試験と日本についてのマークシート方式試験、口述試験があります。日本の地理や歴史などを含めた日本に関する総合的知識が出題されるため、過去問題を調べて勉強しておく必要があります。

通訳案内士試験の合格率は、平成23年度の英語は、3197人が受験し、最終合格者は467人で合格率は14.6%の難易度の高い試験です。試験会場は、筆記試験が札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都府・大阪府、広島市、福岡市、那覇市で、京都と大阪はどちらになるか自分では選べないようです。

口述試験は、東京都、京都府・大阪、福岡市で開催されます。語学力によって異なりますが、1年以上は学習が必要になるでしょう。

資格対策のスクールもありますが、独学で受験する方もいます。合格後は、全日本通訳案内士連盟や日本観光通訳協会の研修に参加し、通訳案内士登録をするのが一般的なようです。

英会話検定

英会話検定とは財団法人日本英会話教会が主催する英会話力の測定試験です。英会話検定とは、社会での会話力を正確に示す標準になる検定として実施されています。英会話検定には、筆記テストが無く、インタビュアーとの会話のみの試験です。

英会話検定では、英会話コミュニケーションスキルを5級~1級のレベルで判定しており、さらに、英会話検定1級合格者のみ、ネイティブ検定が受講可能で合否結果でネイティブA,Bのどちらかに判定されます。ネイティブ検定に合格すれば、ネイティブスピーカー並みもしくはそれ以上の会話力があると証明できます。

英会話検定の受験料は4,800円(団体3,800円)とリーズナブルなので気軽に受けることが出来ますね。ネイティブ試験のみ9,800円(団体8,800円)です。英会話検定の開催は、東京がメインのようですが、地方都市でも開催されています。開催が決まると随時ウェブサイトで発表されています。

個人で受験する英会話検定の他に30名以上から申し込み可能な団体受験もあり、中学、高校、企業等で開催されているようです。

TOEICが満点に近い点数でも、満足に英会話ができない人も結構多いようでが、会話することに重きを置いた英会話検定のスキルは今後、どんどん必要になって来ると予想されます。

観光英語検定

観光英語検定とは、海外に旅行する日本人、海外から来日する外国人に対応した職業である旅行・観光・ホテル・レストランサービスの職業で使われる英語をマスターしているかを測定する検定のことです。

一般英語と観光英語の違いは、一般英語の話す(speaking)、聞く(litening)、読む(reading)、書く(writing)の4項目の向上がメインになりますが、観光英語は、接客する立場での英語を使えるかどうか、観光客とのコミュニケーション能力を発揮する丁寧で端正な英語を使えるかどうかがカギになります。

観光英語検定のレベルは3段階に分かれています。

3級は、海外のグループ旅行の際に数人の同僚と一緒に英語を使って行動が出来るかどうかや国内で外国人に対し、道案内やパンフレットの英語説明ができるレベルです。

2級は、海外の個人旅行で旅行の日程を組み、乗り物やホテルの予約、観光やショッピングを英語で行えたり、国内で外国人に観光地や名所を英語で紹介できるレベルです。

1級は、海外で日本人客を案内し、英語で添乗業務出来たり、国内で外国人に観光地、名所を英語で通訳ガイドできる、国内のホテルなどで外国人に十分な英語で接客対応できる、海外の習慣や国際的な儀礼など異文化を英語で理解して紹介できることが必要です。

日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定とは、商工会議所の検定試験です。1級、2級、3級があります。日商ビジネス英語検定は、豊富な海外取引の実務経験を要し、ビジネスコミュニケーション能力があるレベルです。

試験内容は、記述式が多く、英語力とビジネス知識の総合力を判定されます。レポートの分析、契約書の作成プレゼンテーションやネゴシエーションの方法なども出題されます。

2級は、入社前もしくは入社1~2年以内に身に着ける英語のビジネスコミニュケーション能力があるレベルで、試験内容は、客観式と記述式があり、海外企業や外資系企業と英文メール、英文レター、企画書や報告書の作成、国際マーケティングなどの試験問題が出題されます。

3級は、入社前に身につける英語のビジネスコミュニケーションの基礎的能力があるかを問うレベルです。試験内容は、選択式の客観式問題を中心として英単語の問題、入門知識や常識など、英語でのビジネス文書や海外取引の基礎など最低限必要な問題が出題されます。日商ビジネス英語検定の合格率は非公開とされております。

難易度としては、3級と2級はは「C」でやや易、1級は「B」普通です。日商ビジネス英語検定は、外資系や英語を使う会社では就職・転職に有利な試験です。

英語試験

国際英検 G-TELP(ジーテルプ)

国際英検 G-TELP(ジーテルプ)とは、スピーキングテスト(GST)・ライティングテスト(GWT)の二つがあります。

国際英検 G-TELP(ジーテルプ)は、英語テストの新世界標準をコンセプトにしており、英語でのコミニュケーション能力を測るテストです。

自分の英語がどれだけ通じるのかを知りたい方に最適で、日常生活でどれだけ英語を自由に使えるかを判定するのに焦点をあてた試験です。

国際英検 G-TELP(ジーテルプ)は、TOEICのスコアが400点以下で、英語力が伸び悩んでいる方、短期間で英語力を伸ばす必要のある方におススメです。

国際英検 G-TELP(ジーテルプ)の特徴は、出題内容がとてもリアルでレベルに合わせた4段階の試験です。スコアレポートを見れば、自分の苦手分野を明確に知ることが可能です。韓国では、毎年50,000人以上が受けているスタンダードな試験ですが、日本での受験者はまだまだ少なくこれから認知度が上がっていく試験だと思います。

国際英検 G-TELP(ジーテルプ)の測定・評価対象になるのは、Grammar、Listening、Reading &Vocabularyの3分野です。試験は、全国の主要24都市で年に3回実施されています。

GTEC

GTECとはオンラインテストで英語のコミュニケーション能力を測定するオンラインでの試験です。「読む」、「聞く」、「話す」、「書く」の4つの技能測定で英語の総合的コミニュケーション能力を測定するテストのことです。試験時間は80分で結果が分かるまで最大10日と短期間で合格できるのもポイントです。

出題方式は受験者のレベルに合わせることが可能なIRTを使っています。IRTとは項目反応理論のことです。GTECの使用目的は、例えば企業の研修に採用したり、GTECを基準として昇進を決めたり、海外に派遣する人材の判断材料として使われているようです。

受験料は読む、聞くだけの場合が一番お安く2,100円で全ての科目の場合は、個人が12,600円、企業の団体受験の場合は、1人が9,450円です。受験は、ベルリッツを会場として行われるか、受験希望企業内で行います。

GTECの主な導入企業は、オリックス株式会社、東京エレクトロン株式会社、日本ユニシス株式会社、三井物産株式会社、NTTラーニングシステムズ株式会社など大手の最先端の企業がグローバル化を取り入れ多く利用しています。GTECの勉強方法は、「はじめてのGTEC」や「GTEC完全攻略」などの参考書で出来ます。

TEPTEST

TEPTESTとは和名で早稲田大学-ミシガン大学テクニカルライティング検定試験と言います。具体的には、科学・技術を主とした文書コミュニケーション能力に関する試験のことです。主に産業界で活躍できる実務英語の応用力を認定する資格のことです。

後援団体にアメリカ大使館、日本商工会議所、ジャパンタイムズ社があります。国際的なビジネスができる人材化の判断材料として受験を推奨している企業もあります。TEPTESTとは民間資格で4級から1級まであります。

試験は年に2回開催されており、5月と11月です。受験資格は特に無くどなたでも受験が可能です。日本テクニカルコミュニケーション協会(JATEC)が主催しています。TEPTESTを取得しておくと、外資系の企業への就職にも有利になります。TEPTESTは、より高度な英語力を活かして仕事に従事したい方の実力を証明できるお勧めの資格です。

試験内容は○×式では無く全て記述式です。試験は、会場があらかじめ決まっています。現時点では、仙台会場、東京会場、横浜会場、名古屋会場、大阪会場、広島会場、北九州会場、沖縄会場で開催されています。試験のおよそ1か月前位までに申し込みしないと受けられませんので早目に申し込みするのがベターだと思います。

TOPEC

TOPECと聞いて一瞬TOEIC?と思いましたが同じ英語の資格でも内容は全く違うようです。TOPECとはTests of Professional English Communicationの略で専門分野別英語検定です。

英語を流暢に話せることは外資系企業や海外との折衝が多いビジネス分野には欠かせませんが、それだけでは無く、専門分野においてしっかりとしたコミュニケーションを取れる人材であるかを判断する職業分野別の英語コミュニケーションの資格です。

「TOPEC IT」は、現在IT、エンジニアリングの専門分野のテストを行っています。「TOPEC Engineering」は、数学と自然科学(物理学、化学、生物学、地学、天文学)が出題分野です。両者ともテストの構成は、Listening、Structure & Vocabulary、Reading、Writingで所要時間は120分、受験費用は7,800円です。

他にもTOPECでは、セミナーを開いていて看護師のための医療英語ワークショップや英文契約書集中講座などが人気です。TOPECの母体は、IPEC(プロフェッショナル イングリッシュ コミュニケーション協会)で、2001年に内閣府より認証を受けて発足したNPO法人です。

タイトルとURLをコピーしました