フェイクニュースに騙されないためには

フェイクニュース 特集

まるで本当の出来事のように臨場感あふれるニュースだけれど、
実は嘘だというのがフェイクニュースです。

ジョークだと分かればいいのですが、
本物と同じようにインターネットなどで配信されてしまうので、
騙されてしまう人も多くいます。

ですが、もっと申告なのは、主に高齢者に多く存在する、
テレビや新聞の報道が正しいと鵜呑みにしている方々です。

フェイクにニュースに騙されないようにするためには、
テレビや新聞の報道、インターネットの書き込みなどをすぐに信用しないということが大切です。

インターネットでは本当の出来事なのかうその出来事なのかが冷静に判断できないうちに
一気に拡散されてしまうことがあります。

またテレビや新聞のいわゆるマスメディアは「報道しない自由」というものを行使し
自分達の伝えたいことを一方的伝えようとする、いわゆる「偏向報道」を行っています。
深刻なのは、このことは民法に限らず、国民の受信料で成り立っているNHKにおいても
偏向報道が酷いと云われていて、インターネットではマスコミの流す報道をフェイクニュースと呼んでいるようです。

嘘がウソを呼んで混乱してしまうということもありますので、
例えばテレビのニュースや新聞だけではなく、インターネットも含めて
いくつもの情報媒体を確認するということがポイントになります。

また近年ではまとめ記事のように、
注目を集めたいためにわざとフェイクニュースを流してしまうというケースもあります。

ショッキングな見出しなどをみるとつい見たくなってしまうものですが、
そのニュースが本当なのかどうかを見極める冷静な判断力を失くさないようにしましょう。

また公共のニュースなどでも、たまに間違った報道などがされることがあります。
いわゆる「飛ばし」と云われるものなど、意図的に嘘の情報を流すことも多々ある時代
となっていることを認識する必要があります。

NHK受信料について~支払い義務はあるの?契約の解約方法は?
nhk受信料は、大きく分けて地上契約と、衛星契約の二つがあります。衛星契約は、nhkの地上放送の他に、BSなどの衛星放送を見ることができる契約です。支払いは、振り込み、もしくは引き落としという方法があり、一年分をまとめて支払うとお得にな...

一方でフェイクニュースを楽しむといった方法もあります。

例えばエイプリルフールなどでは、大企業などいろいろな場面で
わざとおもしろいフェイクニュースを流すことがあります。
これはエイプリルフールならではの出来事であり、
ジョークだとわかった上で楽しむことができるので良い意味で、
企業や消費者がだましだまされて楽しむイベントといってよいでしょう。

フェイクニュースでも嘘だとわかっていながら楽しむといった方法もあるわけです。
日本よりも海外のフェイクニュースは本当に凝った演出をしていて
一見すると本当かうそかなかなか見抜けないようなものもあります。

ジョークはジョークとしてフェイクニュースを見抜けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました