私にはファッションアドバイザーが必要だと思うの~10代ファッション黒歴史

10代ファッション黒歴史 ファッション

私はファッションセンスに欠けていてこれまで何度も失敗したことがあります。

まず、高校3年生の時。当時私の好きな系統はポップで明るい原宿系か甘すぎないロリータスタイルでした。

しかし、私は何を着るにも中途半端で、それが仇となり後悔の数々。

スポンサーリンク

低年齢層の服を扱っているお店で大きいサイズの服を買う、どこかズレている私・・

例えば原宿系といっても派手すぎるのは嫌だった上に、茨城の田舎に住んでいたのでそれっぽい服を買う場所がありませんでしたし、ネットで買うとするとお高い。

服にお金をかけないタイプだったので服選びは大体安くて気に入ればどんなお店であろうと買います。

ロリータも全身フリルのお人形さんのような格好まではしたくなかったので、何となくピンクや白の系統にレースがついているようなものを着ていました。

しかも、ロリータ専門店ではなく本当に年齢層が低い衣類を売っているお店で一番大きいサイズを買うなどしていたので、今思うと恥ずかしくてたまりません。

高3の卒業旅行の時です、普段制服姿なだけあって私服はセンスの見せ所と言わんばかりに皆オシャレをしてきました。

そのバッグはいったい何?

私も勿論意識はしていたのですが持っているものが全体的に同じような服ばかりだったので、チェックのロングワンピースを着ていつもより落ち着いた雰囲気にしました。

そして待ち合わせ場所に行くと友人達に服装のことよりもまず「何でそのバッグなの?」と言われました。

そうです、私はバッグは沢山持っていたもののどれも似たりよったりの上に学校に持っていく時に使うようなものばかりでお出かけ用のオシャレなバッグは持ち合わせていなかったのです。

ショッキングピンクのショルダーバッグ(女子小学生が好きなメーカー品)だったのですが、その日の服装に全然合っていませんでした。

ダサいことは自覚あったのですが、それ以外にバッグがなかったのでしょうがなくこれにしたら案の定、一番最初に指摘されてしまいました。

デートの服でも大失敗

それだけではありません、同じく高3の冬に年上男性とデートする機会があったのですが、彼はロリ系が好みだったのでそれに合わせた服装をしようと思いましたが、持ち合わせているものでは微妙だったのでスーパーの2Fにある衣類コーナーを見に行きました。

勿論、この時点で探しに行く場所がおかしいのですが学校帰り気軽に立ち寄れるお店といったらここだったのです。

そこで1200円程の子供っぽい長袖Tシャツを購入。ピンクの生地に襟や袖に黒いリボンがついており、どこかの国の言葉がピンクのラメでごちゃごちゃとプリントされているものです。

下はメイド服のような黒い生地に白いレースとリボンがついたスカート、靴は黒いスニーカー。

もう既にナンセンスです。

しかしとどめはこれに黒いパーカー。胸にキャラクターのワンポイントがあります。袖部分には毛玉が少々。当時お出かけ用のアウターを持っていなくて、冬だというのに長袖Tシャツにパーカーで外出です。

色々とこれでよくデートに行けましたよね。

高校を卒業してからはそれなりに考えて服を選ぶようにはなりましたが、やはり私のセンス自体が問題なので、他の人から見ればダサさにはさほど変わりないようです。

茨城県にお住まいの20代女性の方からいただいた、高校生の時から感じている自分のファッションセンスの無さについてのお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました