画像を簡単に縮小することの出来るソフト、画像加工編集ソフトの紹介

画像 特集

画像編集にはさまざまなソフトが発売されており、価格面でもそれぞれに差があります。

無料で利用できるものから手頃な価格なもの、あるいはプロが使用する専門的なものまで、好みや使用用途に合わせて選択できるのも魅力です。

プロが愛用するようなソフトは機能が多い分だけ価格も高く設定されていますが、取り扱えるファイルの種類も多く、たくさんの機能を備えます。

ひとつ持っていれば利用できる加工の種類がぐっと増えるのが魅力ですが、そこまで予算をかけられないという場合には低価格のものや無料のものであっても、縮小には充分に利用することができます。

スポンサーリンク

Photoshop

加工について代表的な存在といえば、アドビシステムズ社が発売しているPhotoshopが挙げられます。

フォトレタッチ機能を基本とするものの、縮小、拡大をはじめとした基本機能に加え、幅広い独自機能を搭載しており、イラスト作成などでもよく利用されています。

発売以来、歴史の中で洗練された機能の数々は直感的に見ても理解しやすく、画像加工が初めてという人から、職業として専門的に行っているプロにまで愛用されています。

取り扱える拡張子も多いことから、その独自性を理解して使いこなすことができたら便利な一本と言えるでしょう。

GIMP

あくまで無料にこだわりたいなら、無料ソフトとして公開しているGIMPがおすすめです。

レイヤーなどの基本的な機能はもちろんのこと、リサイズにも対応しており、こちらも世界的にファンの多い一本です。

GIMPもまたフォトレタッチに威力を発揮し、縮小も綺麗に実行することができます。

インターフェイスも判りやすく工夫されているため、まずは操作に慣れてみたいという場合にも使ってみたい存在です。

リサイズ専門

拡大や縮小といったリサイズのみを求めるなら、リサイズ専門のものが扱いやすくなっています。

FastStone Photo Resizerなどは複数ファイルを一括でリサイズ可能です。

たくさんのファイルを一気に縮小したい際などは、一回ずつファイルを立ち上げてリサイズ作業を行うよりも、一括ソフトで変換することで、人為的なミスも減らすことができます。

また。ブラウザを通して画像の縮小を行ってくれるサービスなども存在しています。

いつもネットサーフィンを行っているインターネットブラウザさえあれば、すぐにリサイズを実行することができます。出かけた先で急に画像の調整が必要になった時などにも活躍してくれるサービスです。

画像の調整は、どの程度の品質を求めるかによっても選択するソフトが変わってきます。とりあえず小さくしたいというのならばブラウザのサービスで充分でしょうし、無料で手軽に行いたいならGIMPなどがぴったりです。

リサイズした画像の品質も高く保ちたいのならばPhotoshopなどが活躍してくれます。自分がどんな加工を求めているのかをまずしっかりと定めれば、最適なソフトを見つけ出すことができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました