源泉徴収と源泉徴収票について

源泉徴収 特集

社会に出て働いてお給料をもらうようになると、いろんな税金を納めるようにもなります。

その際に源泉徴収と言う言葉がちらほら見えてなんだろうかと思う事もあるでしょう。

源泉徴収という言葉は制度そのものであり、働いた給料や報酬に関わる税金を支払う側が差し引いて給料などを支払い、税金部分に関しては支払う側が国に対して納付する事です。

実は源泉徴収は毎月行われていて、年末調整で清算も行われています。

そして、何かの折に源泉徴収票が必要になることもあるので、一度ぐらいはみた事があるかもしれませんが、それならこの小さな紙は一体なんだろうと思うかもしれません。これはその一年間における年収と、年収に対して支払った所得税や年金などが記載されている書類です。

自分がもらう分だけでなくもう一通作成されていて、その分は税務署に渡すようになっています。

源泉徴収票自体は、自分が働いている会社が作成して、勤務している人や税務署に対して交付をしている書類です。

大きな紙ではないため紛失しやすいのですが、もしもなくしてしまった時には再発行をする事になるので、全色の会社に問い合わせをする事になります。

普段自分がどんな風に税金を支払っているのかはあまり考えた事がないという方も多いのですが、何らかの社会活動をしていると税金を少なからず支払っている事になります。

源泉徴収についても、一度は見直しておくと自分の給与に対してもっと意識が向くのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました