1. TOP
  2. 海外旅行
  3. 激安ツアーで3泊4日のグアム旅行~機材トラブルによるフライトの変更からはじまった大トラブル

激安ツアーで3泊4日のグアム旅行~機材トラブルによるフライトの変更からはじまった大トラブル

 2017/05/30 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 514 Views
グアム

激安ツアーで3泊4日のグアム旅行に行ったのが2年前の秋でした。3回目のグアム旅行でしたから空港での手続き関係はそこそこ慣れていたのですが、グアム空港から帰国の際にハプニングがおきました。

激安ツアーならではの早朝便。チェックインカウンターに並んでいたのですが、なかなか並んだ列が短くなっていきません。と言うか、まったくチェックイン業務が停止している感じです。

ほとんどの人達がツアー参加者ですから、仲間とワイワイおしゃべりに興じていて、文句を言いだす人はいなかったのですが私はイライラし始めていました。帰国したら、その足で仕事場に行く予定でしたから。

20分以上経過してもチェックイン業務は始まりません。カウンターの中では航空会社の職員が慌ただしく動いてはいるのですが。

列が徐々に動き出しました。少し安心し娘(父と娘の父子旅行です)と談笑して順番を待ちました。

私達の番。職員の発した言葉が「機材トラブルの為、フライトの変更をご案内しております」

4時間遅れとの事でした。搭乗券の便名が変更されていたので疑問に思い問いただすと、使用する筈の機体(ホノルル~グアム)が台風で欠航、慌て用立てた機体は小型な為に全員は搭乗出来ないとの事でした。

ん?乗れる人もいる訳ですよ。ここからの一悶着は割愛します。多少、大人気ない言動で職員とやり合いましたので。約款を持ち出されたら勝ち目ないですからね。

結局4時間遅れの代償に頂いたのはグアム空港内限定の8ドル分のクーポンだけです。納得いきませんが神より偉い約款には敵わないです。

さてさて、4時間どうやって潰すかって娘と話し合ったのですが、出国審査前だからまだ空港の外には出れるって事で空港の周りを散策。観光要素は皆無です。すぐに飽きて空港に戻り出国審査を通過しました。クーポンを使おうにも免税エリアにしかショップが無いんです。

免税店も小さなフードコートも人で溢れていました。私達と同じ取り残され組も多数いる為でしょうね。ひと通り店を見てまわっても30分も潰れません。8ドルはフードコートで使う事にしました。

私も娘もお酒好きなものですから、クーポンはお酒に消えました。クーポンの分では物足りなくなって結局は自前で飲んだり食べたり、ちょっとした居酒屋状態で楽しんでいました。

さて、ここまでの話だと大したハプニングでは無いと思うでしょうね。ここからが大変な事になる訳です。

寝ちゃってたんですよ。私も娘も。ホテルのピックアップが3時50分でしたからね。おまけに飲んじゃいましたからね。娘を起こしてお互いにやっちゃったね?と苦笑い。

ところがこれってかなり大変な事になってしまいました。金銭的にも手続き的にもです。新幹線乗り過ごすなんて話とはど偉い違いです。

まず搭乗券は紙くずになります。搭乗手続きを終えているので代替えの搭乗券をもらえる事もありませんでした。

新たに搭乗券を買いたくても、今いるエリアから簡単には出られません。そりゃそうですよね。本来なら搭乗口から出て行く訳ですからね。何か所かで、同じ事情を説明させられてようやく新たな搭乗券を購入する事が出来ました。

フライトは夜になってしまいました。仕事は謝りの連絡を入れ何とかなったんですが、通常価格の搭乗券のお高い事って言ったらびっくりしますよ。今回のツアー料金よりも高いんです。

帰りの飛行機の中ではお互い落ち込んでたのですが、成田に着く頃には笑い話に出来ていました。

それ以来、「空港では絶対に寝るな」が旅行の鉄則になりました。

東京都にお住まいの40代の男性の方からいただいたグアム激安ツアー3泊4日でのエピソードでした。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

グアム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シンガポール旅行で持っていくと重宝する便利なグッズは?~快適な旅を楽しむために~

  • サマータイムに入り貴重な睡眠時間が一時間消えた~スペインの長い夜

  • 韓国一人旅で予約したホテルが見つからなかった話

  • ペルーの古都クスコでスリに遭遇した話~一年間の南米旅行でのエピソード

  • トラベロコ経由でガイドを引き受けたらとんでもない目に!【さんざん迷惑を掛けられた挙句に料金踏み倒し】~ポーランドに住む日本人がアメリカ在住の自称日本人旅行者から受けた被害の顛末

  • ボリビアのウユニ塩湖の塩のホテルに泊まることを目指した南米旅行。ところが・・・