ゴールデンウィークの渋滞にハマって~淡路島まで普段なら1時間のところが5時間!子どもがギャン泣きする地獄の車内

我慢できない イベント・レジャー

この前のゴールデンウィークに6ヶ月の息子を連れて家族で淡路島に行きました。我が家から淡路島は通常なら1時間ちょっとで行ける距離です。

当日、10時頃に淡路島サービスエリアに到着する予定で8時半に家を出発しました。しかし、高速道路に乗ってから私たちは気づいたのです。そう、ゴールデンウィークは渋滞があるということを!

今まで私も主人もサービス業で働いていて、世間の休みとは無縁だったので平日にしか旅行したことがなかったのですが、今回はゴールデンウィーク。

そうですよね、渋滞してて当たり前です…。残念なことに「淡路島サービスエリアまですぐだし、そこでブランチ食べようか!」ということでコンビニにも寄らずに高速にのったので、飲み物も食べ物もなしの長旅になってしまいました。

夫婦ふたりでこのハプニングならまだ良かったのですが、問題は息子です。初めはニコニコとチャイルドシートに乗っていた息子も、だんだんと眠たくなってきて寝ぐずりを始めました。

車が動いているときは寝ぐずりなく気づいたら寝ていることがほとんどなのですが、今回は渋滞で車も全然進みません。かと言って寝ぐずりされても公道なのでチャイルドシートからおろして抱っこしてあげることもできません。

まだ6ヶ月の息子には「渋滞だから我慢してね」なんていうこっちの都合は聞いてもらえるわけもなく、車内でギャン泣きするのです。

普通のドライブでこうなったとしても「あともう少しで目的地につくし…」などとこちらももう少しの我慢だと言い聞かせて心を鬼にして泣こうが喚こうがチャイルドシートに座らせるのですが、この渋滞はいつまで続くかわからないし、ほんとに心が折れそうでした。

泣き疲れて寝た息子を横に、ホッと一息つくも、車は全然進まない

今度は主人が「トイレに行きたくなってきた」と言い出しました。けれども全然車は進まないし、なんならまだまだパーキングエリアも出てきそうにありません。

喉乾いたけど、高速乗る前にコンビニで飲み物買わなくて正解やったかも。コーヒーとか飲んでたら確実にもらしてたわ」なんて冗談いいつつも、だんだんとトイレが近くなる主人。なんとか次のパーキングエリアまで我慢して、車を停めたと同時にトイレに駆け込んでいました。

この時点でもう11時をまわっていました。本当はこの時間にはとっくに淡路島サービスエリアについていて、そこで息子の離乳食をしようと思っていたのに…結局息子の離乳食はあきらめて車の中でミルクだけ飲ませました。きっと離乳食好きな息子には悲しい出来事だったと思います。

そんなこんなで主人のトイレ事件や息子の寝ぐずり大泣き事件を繰り返し(本当に何回も大泣きされた)ながら、淡路島についたのは1時をまわっていました。まさか1時間ちょっとの距離を4~5時間かけて移動することになるなんて。本当に地獄のドライブでした…

大型連休にお出かけする時は、早朝に家を出て、渋滞する前に目的地に着くようにしないといけませんね。皆さんも、お子様連れの方は特に!私の二の舞にならないよう気をつけて下さい。

関西にお住まいの20代女性の方からのゴールデンウィークの渋滞にはまってしまったエピソードでした。
大人でも辛い長時間の渋滞!それに耐え抜いた生後6ヶ月の息子さんは偉い!!でも「こんなドライブは絶対にイヤダーー」という彼の魂の叫びが聞こえてくるような気がして止みません。
タイトルとURLをコピーしました