白血球について

白血球 健康

私たちの身体は日々、様々な細菌やウィルス・バイ菌と戦いながら活動しています。

健康な身体を守るための身体防御システムのリーダーでとても大切な働きを持つのが「白血球」です。

白血球には、『好中球・好酸球・好塩基球・単球・リンパ球』の5つがあり体内をめぐっています。

外部からやってきた体内へ入ってくる悪い物質の病原菌や異物/自分の体内で生成された異物
(ガン細胞・自己細胞の死骸・悪玉コレステロール等)を破壊し身体の中を清潔に保ってくれています。

そんな健全な体を守る主役である白血球の生産所は骨髄です。

そこで製造された白血球は体内を巡回しやすいように身体中に張り巡らされたリンパ管ネットワークを使用して
血管へまでも入り込み、常に病気にかからないよう働いてくれています。

白血球

また血液検査上での正常値は約4,000~9,000個/mm3です。
風邪や何らかの病気にかかってしまった場合はこの数値が上昇し、必死に元気な身体を取り戻そうと奮闘します。

逆に数値が減少してしまった場合には、骨髄の活動が低下しているか脾臓の活動が異常に高まっている場合が多いです。
異常を感じられた際には、すぐに医師の診察を受けましょう。

白血球のへの知識と関心を高めて、これからも健やかで快適な生活を送れるように精一杯努めていきましょう。

健康な身体はお金には変えられない、かけがえのない宝です。

出来る限りストレスのない生活を心がけて免疫力を上げ、健康を意識して今よりもさらにアクティブに活動していけるようになりましょう!

スポンサーリンク

白血球が多い(数値が高い)

白血球は大きく分けると顆粒球(好中球・好酸球・好塩基球)とリンパ球に分かれます。

顆粒球は遊走(細胞内を自由に移動)、貪食(細菌などをガツガツ食べる)、殺菌、消化など感染防御作用を行っています。

リンパ球は生態の免疫機構の主役を担っています。

日常に見られる白血球が多くなる・数値が高くなるのは顆粒球の変動によるものです。

例えば、切り傷をおったときに白血球のなかでも好中球が血流中にたくさん動員されて局所に集まります。
その結果、膿となりますがこれは細菌と戦って役割を果たした白血球の残骸です。

白血球が多くなる原因は感染症・炎症、、急性出血・溶血、ステロイド剤使用、慢性骨髄性白血病、悪性腫瘍、脾臓摘出後、心筋梗塞などがあります。

白血球が少ない(数値が低い)

白血球数が少なくなる、数値が低いのは多くのと同じく顆粒球(おもに好中球)の減少によることが多いのです。

好中球の減少は特殊な病原体による感染や特別な重症な感染症の現れであることが多いです。

スルファミン剤(細菌感染にたいする化学療法剤)や解熱剤の中毒のために顆粒球が減少することがあります。

電離作用の強い放射線は骨髄の造血機能を強く障害するもので好酸球の減少を生じます。

アナフィラキシーショックのような高度のアレルギー性刺激の現れとして好酸球減少がみられます。

急性白血病の1/3に白血球減少がおきます。

白血球の正常値(基準値)

白血球は無色で有核、赤血球より少し大きく、アメーバ様運動を行います。その運動によって毛細血管を通過して出入りしています。

形は円形のもの、あるいは不整形のものなどがあります。

数は1mm3中4000~10000で数百の赤血球に対して1個の割合です。

白血球の寿命は一般に3~4日と言われていて時期がくると肝臓または脾臓内で壊されます。

白血球減少症

白血球減少症は好中球の減少によるも事が多いです。好中球が減少するのには特別な重症感染症にかかっているか、特殊な病原体による感染の現れとも考えられます。

放射性物質やある種の化学薬品による骨髄での低形成により好中球の減少が生じます。

リンパ球減少はリンパ球産生のもととなるリンパ節が破壊される悪性リンパ腫が代表的です。

急性白血病の約1/3に白血球減少がみられます。

好中球の減少はアナフィラキシーショックのような高度のアレルギー刺激の現れとして重症な感染症などみられます。

以下が白血球減少症がみられる疾患などです。

ウイルス感染症、薬剤(抗腫瘍剤・抗甲状腺薬・鎮痛消炎・有機溶剤など)、
放射線照射、膠原病(全身性エリテマトーデスなど)、
血液病(再生不良性貧血・悪性貧血・発作性夜間血色素尿症・脾機能亢進症・周期性好中球減少症など)

白血球を増やす食べ物や飲み物について

食べ物や飲み物によって白血球を増やすことが出来るということは無いようです。

ですが、身体の免疫力に関係するものであることに疑いの余地はありませんので
そうなると食事については栄養バランスが偏らないように摂ることが大切となるでしょう。

白血病とは

私たちの血液の中には、様々な役割を担った細胞が存在しています。白血球やリンパ球は主に外的な細菌や体内にできたがん細胞を攻撃したり、赤血球は酸素を全身の細胞に送り届けたり、血小板は出血を止めるなどの役割を担っています。

白血病とはこれらの血液の細胞のがん化して未成熟な細胞が無制限に増殖する病気です。このうち、成長するとリンパ球になる細胞ががん化したものをリンパ性白血病、成長するとリンパ球以外の白血球や赤血球等ががん化したものを骨髄性白血病といいます。

症状の現れ方により、さらに急性と慢性に分類され治療法も異なってきます。

急性白血病では、異常な未成熟な血球(芽球といいます)が骨髄内で急速に増殖し、血液中にも芽球が大量に出現するため、正常な血液細胞の働きに支障がでます。赤血球の減少による貧血、白血球の減少に伴う免疫機能低下、血小板の減少による出血などが、急速に出現し、進行も急速なのが特徴です。

これに対して慢性白血病では血液を造る過程で異常が生じて、病的に白血球や赤血球が増殖します。症状は急性白血病に比べれば穏やかですが、適切に治療を行わないと数年程度の期間内に急性転化(急性白血病と同じ状態になること)が生じて、短期間のうちに致命的な経過をとることも少なくありません。

血液検査についての説明
職場の健康診断の項目に必ずと言って良い項目が『血液検査』になります。体調が悪くなって病院を訪れてもまず行われるのが『血液検査』です。だいたいの血液検査ではスピッツ(血液を入れる試験管)に1~数本に分けて血液を採取します。採血...
赤血球についての説明
血液は血管のなかを流れる液状の成分で、体重の1/13をしめています。その成分内容は細胞成分としての赤血球、白血球、血小板と液体成分である血漿からなりたっています。赤血球は球といっても形は球状ではなく円板状です。平均の直径は7.7μm2...

https://esoraumi.com/kessyouban.html

タイトルとURLをコピーしました