半導体の用途について

半導体 特集

半導体とは、電気抵抗率が低い金属のような物質いわゆる導体と、電気抵抗率が高いゴムのような物質いわゆる絶縁体との中間の抵抗率を持つ物質のことを指します。シリコンなどがそれに該当します。半導体によって構成されているダイオードやトランジスタは半導体部品と呼ばれています。ダイオードやトランジスタを寄せ集めたICは、集積回路と呼ばれています。ダイオードやトランジスタ、ICからも分かるように、半導体は主に電子工学の分野で用いられ、熱や光、電圧や電流、磁場や放射線などの影響によって導電性が変化しますので、その性質を利用して、多くの電化製品に用いられています。

代表的なものとしましては、コンピュータの基盤です。コンピュータの基盤はあらゆる電化製品に用いられています。パソコンの頭脳とも言えるCPUやスマートフォンをはじめとする携帯電話、タブレット端末、デジタルカメラやテレビ、洗濯機や冷蔵庫、LEDの照明などに用いられています。また、センサーとしての働きもすることから、エアコンの温度センサーに用いられたリ、炊飯器の火力調節に使われたりします。

半導体が用いられているのは電化製品だけではありません。電車の運行を制御する装置や銀行などのATM、インターネット、通信のインフラ整備に用いられています。制御系の基盤に用いられることから、自動車に搭載されているコンピュータにも用いられています。

半導体は、コンピュータの制御に欠かせない物質ですので、殆どの機械にコンピュータもしくは基盤が内蔵されている今日におきましては、日常見かける機械の全てに半導体が使用されていると言っても過言ではありません。集積回路の分野で必ず用いられる素材ですので、その集積回路が組み込まれている機械には半導体が使用されているということになります。機械、電気、電子、通信が大幅に発展した現代社会におきましては、幅広い用途で用いられている素材と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました