離職票、雇用保険被保険者証など退職した際にハローワークへ提出するため必要となる書類

ハローワーク 特集

退職した後に、ハローワークで、失業手当を受け取りながら仕事をさがしていくことが必要になります。

ハローワークに行く時に必要な書類があります。

退職した会社から受け取りする、離職票1(口座番号が書かれているもの)、離職票2(退職理由や離職者名が書かれているもの)、写真2枚、雇用保険被保険者証、マイナンバーカードです。

しかし、写真付きのカードのマイナンバーでない場合は、マイナンバーの入った住民票の写しや運転免許証などの本人確認ができるものが必要です。

離職票1に口座番号が書いていない場合は、通帳と印鑑も必要になります。

ハローワークにいって、失業保険の申請と転職手続きを行います。手続きを受けた後は、7日間の待期期間があります。申し込み期間から7日間のこの間は、仕事などができない期間になります。

7日間の「待期期間の満了」を待った後に、それぞれの離職理由に応じた日数の給付制限期間があります。

通常の自己都合退職であれば、さらに3か月間の給付制限期間があります。

失業保険の申し込みをした日に、初回講習日、初回認定日、認定日(2回目以降から給付が終わるまでの日)を決められ、初回講習日の日に、仕事を行っていたり、仕事が決まってたりすると受給の資格がないとみなされる場合もあります。

認定日に受給の資格があるかどうかの判断になりますので、認定日の間に就職活動を行う必要があります。就職活動数など決まった回数を行わないと受給されない場合もあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

離職票

離職票とは、離職した会社から10日前後に渡される大切な書類です。離職票がないと、失業保険の受給をすることができません。

万が一離職票が会社の方から発行されない場合には、交付の義務がありますので会社に連絡を取りすみやかに書類を届けてもらう、あるいは取りに行く必要があります。

離職票を渡されても、失業保険の受給の手続きを行わないと受給が途中で打ち切られたりすることがありますので早めに手続きをすることが重要です。離職票には、退職理由や給与に関する事項などが記載されております。これらに基づいて、ハローワークで失業給付の手続きを行います。 

また、こちらの書類には退職するまえに退職理由などを確認する必要があります。確認の上で、署名捺印をする必要がありますのでできれば在職中にこれらを行うことが重要です。

退職後は次の就職を探す方も大切な手続きになるので、居住地の管轄のハローワークを確認し手続きを素早く行えるよう事前に調べておく必要があります。

雇用保険被保険者証

雇用保険

雇用保険被保険者証は、企業などに勤めている従業員になると発行されるものです。厚生労働省が雇用保険に加入していることを証明する書類です。

雇用保険被保険者証は、正社員だけでなく、一定の条件でのパートやアルバイトなどで働いている人も含まれます。正社員でない人は、自分が雇用保険の対象になるかどうかを企業に確認するとよいでしょう。

雇用保険被保険者証は、従業員としてその会社で働いている時は、会社側で保管しているのでみることはないですが、退職などをすると雇用保険の失業手当の申請などに必要になります。なので、会社側から本人に渡されます。

1人に対し1枚のみの発行になり、雇用保険被保険者証の番号は引き継がれます。1人1人違う番号がふってあり、専用の番号になります。

その為、紛失した時は、以前に発行された番号と新しく発行する番号を併合する手続きが必要になります。紛失したなどの場合は、この手続きをしておかないと失業手当が給付されない場合もあるので、必ず確認し、雇用保険被保険者証はなくさないように手元に保管する必要があります。

もし、紛失した場合などはハローワークにいって再発行の手続きをします。

雇用保険被保険者証は、最初に就職した会社で発行手続きをしてもらいますが、雇用保険は退職するとリセットされるのではなく、1年以内に転職すれば、年数が合算されます。

転職や再就職の際に、企業に年金手帳一緒に提出することによって企業側の方で、年金と雇用保険の加入の手続きを行ってくれます。

失業保険と失業手当・給付について
失業保険は正式には雇用保険と呼ばれ、会社を退職してから新たに就職するまでの金銭的な負担を軽減するために支給されるものです。その為、現在は新たに就職する意思が明確にならないと支給されないというのが大きなポイントです。また、失業保険は会...

https://esoraumi.com/koyouhoken.html

タイトルとURLをコピーしました