結婚式の引き出物は家族や夫婦世帯で一つ?それとも1人に一つ?

結婚式 イベント・レジャー

結婚式には引き出物というのが必須となります。わざわざ列席してくれたことに対する感謝の気持ちを込めて、お土産品として贈るのがこの引き出物です。1人1セットというのが基本になるのですが、家族や夫婦での列席の場合は若干異なります。夫婦である場合には1組に1セットという数え方となります。

家族ぐるみで列席してくださっている場合には、その子どもが自立しているかどうかというところがポイントです。自立して実家を出ている場合は1人とカウントします。実家に住んでいても社会人として仕事をしている、1人の人間として自立しているという場合にも1人とカウントします。

夫婦は1セットと考えることができますが、大切なのはその子どもたちに対する対応です。当日を迎えて「みんな1人1セットずつ引き出物をもらっているのになぜ私たちにはないの?」と思われてはトラブルの原因となります。

もし費用に余裕がある場合や、1人1セットで用意したいという思いがあるのであれば特に気にする必要はないのですが、悩んだ場合には必ず担当のウェディングプランナーに確認するようにしましょう。また複数人をまとめる場合には引き出物の内容も工夫するようにすると尚良いでしょう。

スポンサーリンク

引き出物は親や兄弟にも必要?

結婚式

結婚した男女が披露宴を開催した場合は、出席者に対して引き出物を贈るのが慣例となっていますが、ここで気になるのは親や兄弟にも引き出物を贈る必要があるのかどうかです。

両親については、新郎新婦のみで主催して行う場合には引き出物を贈るようにし、新郎新婦とともに披露宴に招待する側となっていたり、披露宴を行うための費用を出してもらっている場合は贈らないようにするのが一般的です。

ただし、親の中にも記念にもらっておきたいと考えている人がいたり、逆に主催者かどうかに関係なく引き出物は不要と考えている人がいたりします。両親に引き出物を渡すかどうかは、新郎新婦と親で話し合って決めれば、トラブルにならずに済むでしょう。

一方、兄弟の場合は、その人が既婚か未婚かで対応を分けるのが一般的です。もし、兄弟が既婚者であれば、すでに親元を離れて別の世帯の一員となっているとみなして引き出物を贈り、未婚者であれば親と同一の世帯の一員であるとして贈るのを避けます。

しかし、これもあくまで慣例であるため、必ずこのようにしなければならないというわけではありません。前述のように兄弟の中でも引き出物に関する考え方が異なるので、本人に意向を聞いてから贈るかどうかの対応を決めると良いでしょう。

引き出物の金額の相場はいくらくらい?

結婚式には必ず必要となるのが引き出物です。いわゆる列席してくれたゲストに対するお土産品です。

引き出物には様々な種類があり、必ずこの品物にしなければならないというような決まりはありません。しかし地域性や家系の関係上決められている場合もあるため、予め家族に確認をとっておくとよいでしょう。

引き出物は1000円くらいのリーズナブルなものから5000円以上するものまでその価格帯は様々です。自分たちが用意できる予算内で金額を決めればよいのですが、相場としては大体3000円くらいで用意する人が多い傾向にあります。

またこれに引菓子や縁起物を付け加える場合には1人5000円~7000円くらいの金額になることがほとんどです。どういった内容にするかによって価格は大きく変わるのです。

昔は引き出物はゲスト全員同じ商品でしたが、今では人によって内容を変えることもできます。特にお世話になっている方などに対してはすこし奮発したものを用意したり、夫婦や家族など複数人分を1セットにまとめる場合には少し豪華な内容にするなどの工夫をするとゲストにも喜ばれるでしょう。価格も大切ですが、相手にどんなものを贈れば喜ばれるのかを考えることが最も大切です。

常識はずれ!?貰って迷惑だった引き出物

引き出物には色々な種類があり、それぞれに新郎新婦の感謝の気持ちが込められています。

ですがそんな引き出物の中には常識では考えられないようなものや迷惑だと感じるものもいくつかあり、引き出物選びも色々と考えなければいけない部分があるようです。

例えば引き出物の中でも最近人気を集めているという食器類に関してはそこまで常識はずれというわけではないのですが、新郎新婦のイラスト入りの絵皿や大きすぎるもの・用途に困ってしまうものなどは迷惑に思われる事が多いです。

しかも食器となると荷物としてもかさばってしまいますし、重かったり壊れやすいものなので持ち帰る時にすでに迷惑だという声も少なくないようです。似たようなもので置物や花瓶など重いもの・割れやすいものについてはとにかく持ち帰りが面倒くさいという事で好まれない事が多いですし、顔写真つきのものは使うにも捨てるにも困ってしまうという意見もあります。

結婚式

ほかにも食品に関しても意外と迷惑だという意見があり、例えば明らかにお金をかけていないであろう質素なものをまとめたものの場合は迷惑というよりも常識を疑ってしまいますし、だからと言ってワインなどの高価なものをセットで貰ってもワインそのものが重くて荷物になってしまうということで困ってしまうという人が多いです。ほかにも生ものをその場で渡されてしまって困ったというケースもありますし、お酒関連は飲めない人にとっては迷惑でしかないという意見もありました。

このように顔写真つきのものや重いもの・割れやすいものに関しては迷惑だという意見が多くなっていますし、引き出物としては問題がなくても金銭面で新郎新婦の常識を疑ってしまうものなどはやはり貰っても困ってしまうという事のようです。また捨てたくても捨てられないもの、飾り物でもセンスが微妙で飾る事が難しいものなど取り扱いに困ってしまうというものもやはり迷惑になってしまうことが多いようです。

タイトルとURLをコピーしました