【肥料】の三要素、種類、肥料の与え方・使い方・時期などを説明します

肥料 特集

元気な野菜が育つためには、水と光だけでなく十分な栄養が必要です。

その必要な栄養成分(要素)は大きく3種類あります。

スポンサーリンク

肥料の三要素

窒素(N)、リン酸(P)カリウム(K)、この3つを肥料の三要素といいます。これらの要素は野菜が成長していく過程でどんどん吸収されていくので、定期的に補給をしてあげないといけません。

ですが、購入する際に何を選んでいいのか迷いますよね。この三要素をしっかり理解しておくと迷う心配もなくなります。

まず、それぞれの成分の役割をご説明します。

窒素(N)は葉肥え、リン酸(P)は実肥え、カリウム(K)は根肥えに必要な成分になります。

窒素の葉肥え

まず、窒素の葉肥えとは何なのかについてですが、窒素は細胞内の原形質を構成するたんぱく質に必要な成分です。

養分の吸収を盛んにする作用や、枝や葉を茂らせる働きがあります。植物にとって葉は生命維持のもっとも基本的器官の一つといえます。その理由の一つは葉が行う光合成です。この光合成を行うことで成長に必要な成分(たんぱく質、炭水化物など)を合成します。そのため葉の成長は植物自体が成長するためのもっとも重要な役割を担っているのです。植物が成長しなければ実も尽きませんからね。

使用するタイミングとしては、全体の歯の色が薄くなったり、草丈が伸びないなどの症状が現れたときに与えることが望ましいでしょう。

また、単一肥料(窒素のみ与える)の場合、葉を食べる野菜、ほうれん草や小松菜などに与えることをおすすめします。ただし、他の肥料と比べて養分過多になりやすいため、分量には注意が必要です。適量を与えるようにしてください。

リン酸の実肥え

次にリン酸の実肥えですが、リンは植物中の核酸、酵素の構成成分です。花や実のつきをよくする働きがあります。こちらの肥料は一度与えると効果が長持ちしますので、元肥として土に与えておくとよいでしょう。

その際植物に直接接触しないようにある程度の間隔をあけて設置してください。また、こちらは実を食べる野菜、トマトやナスなどに与えることをおすすめします。

カリウムの根肥え

三要素最後はカリウムの根肥えです。カリウムはでんぷん、たんぱく質の生成、移動、蓄積に必要な成分で、根の発育を早める働きがあります。

根は、地上にでている植物の体を支えたり、植物自身が生成することのできない栄養や水分を地中から体の中に取り入れることです。野菜が枯れてきたり、根が腐る、害虫を受けやすくなるなどの症状が現れたらカリウムが不足していることが考えられます。また、根を食べる野菜、じゃがいもやにんじんに与えることをおすすめします。

以上、三要素と単一で与える場合の使用方法をご説明しました。各成分の役割を理解することで、より野菜作りが楽しくなることでしょう。

3つの成分が配合された肥料

次に3つの成分が配合された肥料についてご説明します。つまり、3つ配合しているということは花や実をつきやすくし、根や葉を丈夫にすることができるというわけですね。

こちらを使用するタイミングとしては、元肥として植え付けや植え替えを行うときの、いい土をつくる際に使用します。今から育っていく環境をしっかり整えてあげることが大事になってきますのでこのタイミングでしっかり栄養のある土を作っておくと野菜も元気に育ち収穫量も増やすことができます。注意したいのが、種が直接触れないようにしなければ、発芽障害を起こしてしまいます。

次に、追肥です。元肥を与え植え付け、植え替えをした2週間を目安に与えるとよいでしょう。また、約1か月使用した追肥は形が残っていたとしても新しいものと交換をしてあげることをおすすめします。成分は水分に溶け根から吸収されます。追肥を行うことで、土が栄養不足になることが防がれ野菜も常に十分な栄養を取ることができるのです。

また、収穫し終わった時期や花が終わった時期に与え、植物の消耗した体力を回復させてまた再び実をつけるための栄養を補いましょう。そして、寒肥と呼ばれる12月~2月の寒い時期に育てている植物にはこの時期に栄養を与えることで、春からの生育に備えるために植物が栄養を蓄えていく手助けになります。

分量としては、花壇などは300g(1㎡)、果樹などは500~800g程度ですが、使用する商品によってことなりますのでの説明をしっかりと読み与えすぎにも注意しましょう。

家庭菜園が人気になり簡単に育てられる野菜がたくさんでてきています。お隣の菜園は野菜がよく育つのに、うちのはなかなか育ってくれないなんてことはありませんか。

そんな時は一度肥料について考えてみてください。植えっぱなしや、水だけ与えているだけではありませんか。それでは植物は育ちません。人間もそうですよね。必要な栄養補給をしなければ痩せてしまい、病気になりやすく、倒れてしまいます。

植物のための環境づくり、植物の状態にあった栄養を与え、元気で大きく育った野菜を収穫し家庭菜園を楽しんでください。

有機肥料とは

家庭菜園
有機肥料とは、化学肥料と対比される農業用資材です。基本的には自然由来の原料を用いて、微生物の力を借りて製造する特徴があります。有機肥料を使うと昔ながらの味の野菜になると言われるため、化学肥料の使用をやめてから使う例も少なくありません。

具体的な原料は、伝統的には下肥が使われていました。現在では下肥が使われることは極めて稀で、馬糞や牛糞を主な原料にしています。牛糞はそのままの状態で使えば害虫などが媒介する原因になるため、落ち葉や枯れ木などを合わせて発酵させる必要があります。

ここでも微生物が活躍し、発酵の度合いが頂点に達すると湯気も出るため、有害な菌類は死滅して完熟する仕組みです。製品化したものはホームセンターなどで売られており、小規模な家庭菜園を楽しむ人も購入しています。

有機肥料を畑に混ぜ込むと、土の中に生息する微生物の活動も活発化していきます。土がフカフカの状態になり、養分を豊富に含む状態になるのが利点です。化学肥料だけを多用すると、土が痩せてしまうことがある一方で、有機肥料の場合には肥えた土に変化する特性を持っています。このような土壌でトマトを育てると、果実は比重が増して水に沈むようになります。

化成肥料とは

化成肥料は無機質の原料を化学的に加工したもので、自然のものを原料にしている有機肥料と比べると植物に必要な栄養素を与えやすいです。化成肥料に使われる原料やリンと窒素、カリウムの基本的な3つに栄養素とカルシウムやマグネシウムなどです。一般的なものにはリンと窒素とカリウムが全部で15%~30%を占めていますが、30%以上のものは高度化成肥料と呼ばれます。

配合量が多い分、効き目が早く現れます。液体にしているタイプは即効性を重視しており、花を咲かせる直前に与えるのに適しています。液体だと中身の成分がすぐに溶け出すので、一時的な効き目が強くなりすぎて長続きしません。穏やかに長く効果を発揮できる緩効性の化成肥料は、1ヶ月~2ヶ月は持つので有機肥料と同じような役割を果たします。ホームセンターやインターネットなどで手軽に購入することができます。大量生産ができるので価格も安いです。

ただし効果が出る速さに限らず、こればかりを使うのは良くないとされています。有機物が含まれていないので、使い続けると良い土が育たないためです。土が悪いと野菜や花も元気に成長しにくくなるので、有機肥料とも上手く組み合わせて使うことが大切です。

全農肥料について

全農肥料とは、全国農業協同組合連合会が取り扱っているものです。全農は原料を輸入し、安定供給や価格の安定に尽力し、生産によるコスト削減を目指しています。全農は、農家組合員が安心してJAグループの肥料を、使用できるように取り組んでいます。

全農は、適切な土壌診断も行っています。土壌の足りない養分や、多過ぎる養分を知ることにより、適正施肥を行えば、収量は安定し、施肥コストも抑えることが可能です。

化成肥料は1粒の中に窒素やリン酸、カリなどの成分が、含まれています。それに対し、BB肥料は粒状の原料がそのまま配合された状態です。そのため原料の組合せを変えることが可能で、いろんな成分の肥料を簡単につくることができます。

また、全農では、なたね油の粕や、有機質を配合したものや、有機化成なども取り扱っています。有機質肥料は、微生物に分解された後、養分が作物に取り入れられ貯えられます。そのため化成肥料に比べますと、肥効が優しいというか柔らかな印象があります。そして、微生物に分解される途中で、土壌の微生物の種類や量を増やしていきますので、土壌の環境改善も促されていくことに繋がります。ここ最近では、穀物や飼料の価格変動の影響を受けにくい植物油粕として、ひまし油粕の使用も始めています。

稲作肥料の種類について

現代のおコメ作りでは、化学肥料としてたくさんの数の肥料が水田に入れられています。作物の必須成分のチッソ、リン、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどが十分に水田には投入補給されています。しかしこれはほんのここ数十年来のことで、それ以前となると事情はまったく違いました。投入すべき必須成分に関する知識もなく、原材料も入手することはできず、運搬用の機動力も欠いていて、慢性的な養分の欠乏状態の中で稲作がおこなわれていました。

お米は肥料のやり方で食味が、随分と違ってきます。ですから肥料のやり方が違えば、水田ごとにおコメの味も違ってきます。昔は食味をよくするために、食味が良くなる肥料を重点的に使用していましたが、現在では化成肥料と言ってあらかじめ、チッソ、リン、カリなどが程よく配合されたものが、市販されています。

水田にそれを散布するといった手間を省くために田植えを行う時に、機械に取り付けた施肥機から田植え作業を行うと一緒に、それらが散布されていきます。

それを田植えの時に散布するだけで、追肥が一切いらないという種類の肥料も、販売されています。また有機農法を行っている人もあり、アイガモ農法などアイガモの糞を養分とした稲作も、行われています。

ぼかし肥料とは

最近は自宅で草花を育てたり、野菜を育てて食材の足しにする方が増えてきています。特に、家庭菜園は自分で育てることから農薬や化学肥料といった不安を自分でコントロールすることが出来るため人気があります。小さな子供がいる家庭や、アトピーなどの症状があり安心できる食べ物を少しでも多く摂取したい方にはお勧めです。

でも、やはり野菜は肥料が美味しさや収穫量に大きく影響してきますので使うことは避けられませんが安全な肥料はやはり自然のものを使うのが一番です。その中で、簡単に作ることも出来てコストメリットが大きい肥料として人気があるのがぼかし肥料です。ぼかし肥料は米ぬかを発酵させたものです。玄米から白米に精米するときにできる米ぬかは、コイン精米などでは無料で手に入れることも出来ます。

この米ぬかに、おにぎりが出来るくらいの水分を加え、少なくとも週に一回良く混ぜ合わせて作ります。雨水の浸入やハエなどの虫が卵を産み付けないようにしっかり封をして、発酵させます。ぼかし肥料は気温によって完成までの時間が変わってきます。夏などの暑い時期なら数週間で使用できるまで発酵しますが、寒い冬の時期ですと2ヶ月程度の時間がかかります。手間はかかりますが、ほとんどお金がかからないぼかし肥料は家庭菜園の強い味方です。

油粕肥料とは

油粕とは、植物が原料になっているものであり、アブラナなどの農作物から油を搾り取った残渣物であります。日本において流通しているものは、大半が菜種から油を採った菜種粕になります。その他には綿の種や茶実、大豆の実から油を採ったものなどもあります。油粕は窒素、リン酸、カリウムを含んでいる有機質肥料であり、一部は家畜の肥料としても使用されています。

油粕は肥料は、窒素が最も多く含まれています。土の中の微生物によってゆっくりと分解されながら効果を現します。その過程で土壌微生物を増やしていく為に、元肥や置肥として土に混ぜ混んで使用することが多く、古くから利用されてきたものです。

油粕肥料はその効果を発揮するまでに時間がかかることも特徴の一つであるため、作付けの2~3週間前には散布して土によく混ぜ混んでおく必要があります。また、含有物のほとんどが窒素であるため、不足するリン酸やカリウムは他のもので補う場合もあります。

植物も庭木や果樹、草花など様々な植物の種類があります。育てる植物の種類によって与える肥料の利用頻度は変わってきますが、早茎を特に生長させたい時には、窒素を多く含んでいる油粕のものを使用します。速効性や持続性は無機肥料に比べて落ちますが、自然植物由来のために、環境には優しい肥料であり、自然栽培を行う場合には適していると言えます。

タイトルとURLをコピーしました