いびきの原因といびきをかかない方法にはこのようなものがあります

いびき 健康

人のイビキが気になって眠れなかったということはほとんどの人が経験しているのではないかと思います。

自分もいびきをかいて迷惑をかけてしまうのではないか?と悩む人も多いのではないでしょうか。

また自分のかくいびきで眼が覚めた!なんてこともけっこうありますよね。

もちろん、いびきをかきたくてかく人はいないと思いますが、できればイビキをなんとかしたいな、とほとんどの方は思うはずです。

どのようなことが原因でいびきをかいてしまうのでしょうか、またいびきをかかない方法はあるのでしょうか。紹介していきます。

スポンサーリンク

いびきの原因

いびきの原因には、いくつかの理由が考えられます。

最も多い理由としては太りすぎているということ、日本人の健康問題にもなっている肥満であるということが要因になるケースは多いです。

太り過ぎは健康には良くないですし、生活習慣病の引き金にもなりますので、会社や学校での健康診断の結果でも、数字が肥満であると頭を悩ませやすくなります。

肥満が原因

肥満の人は脂肪がたっぷりと体についており、それはお腹周りや太ももなどだけの問題ではありません。肥満の人の脂肪は、口の中の舌にも脂肪がたっぷり、首の周りにも脂肪がたっぷりと付いています。口周りに脂肪が多く付いてしまうことで、自然と気道が狭くなります。

人間は眠るときには無防備なもの、舌にも脂肪がたくさん付くことで、重さで喉の奥の方へと落ちてしまい、希望はもっと狭くなる、これが理由の一つです。

肥満体ではなくても

肥満体ではないから大丈夫という保証はなく、じつは体重には関係なく、普段から運動をしていない人、ネックラインに脂肪の多い人も要注意です。

体重はそれほどではなくても、二重あごの人は要注意になります。舌を支える筋肉や、キビの周りの筋力が、定価をしていることで、二重あごになりやすくなります。

二重あごの人も本来は、舌を支えるべき筋肉が弱くなっている証拠、睡眠時には喉の奥に、自分の舌が落ち込むので、気道を狭くしてしまいがちです。

解消法としては健康のことも考えて、肥満過ぎる体重を落とすこと、ついでに首の周りの筋肉を鍛えることです。

鼻呼吸が出来てないことが原因

鼻呼吸が順調ではない人も理由になりやすく、鼻が詰まっているタイプは気をつける必要があります。

鼻呼吸をする時よりも、口呼吸の時の方が、自然と気道は狭くなります。空気の抵抗が大きくなるので、それが要因となります。

鼻のつまりが特にあるわけではない、肥満でもないという人であれば、扁桃腺に疑いが出てきます。

扁桃腺が原因の場合

扁桃腺は常に一定のサイズと思いきや、肥大をしていると音は大きくなります。普段は意識などしない扁桃腺、サイズが大きいのは幼少期ですが、だんだんと中学生くらいからは、通常はサイズが小さくなります。

個人差があるのが扁桃腺、ウィルスや細菌の侵入により、子供時代を通過しても、扁桃腺が大きくなることがあります。大人になって体と、扁桃腺は自然には小さくはならないので、扁桃腺が大きすぎて要因となっている時には、お医者さんとの相談の上で、扁桃腺の切除手術も視野に入れることになります。

顎のサイズが小さいこともイビキの要因に

理由の一つとして、顎のサイズが小さいというのも、実は要因の一つになります。顎の小さい人は食事をしても、噛む力自体が弱くなり、あごの周りの筋肉も弱いということになります。眠りに入っている時にも、顎周りの筋肉が弱いために、舌を眠りの時に支えられなくなります。

顎の小さい人は仕方のない面もありますが、日常的に食事で柔らかいものばかりのメニューの場合は、硬いものを噛む習慣も必要です。

おやつには菓子パンではなく、煮干しを噛むことで顎は強くなりますし、ついでにカルシウムも摂取できます。

女性ホルモンの減少

いびき

ホルモンも関わることが分かっていて、女性ホルモンが少なくなることも、要因の一つになります。

更年期からは女性ホルモンが減少をするので、広く気道を保持しにくくなる、これも要因となります。

男女ともに気をつけるべきなのは、過剰なアルコール摂取であり、飲みすぎも要注意です。

いびきをかかない方法

いびきをかかない方法には、このようなものがあります。

口での呼吸をすることで、うるさい眠りになりますので、鼻呼吸を意識するのも一つです。日常的に口で呼吸をするのが癖である人は、睡眠時にも無意識に、口での呼吸をしている人が多いです。

寝具にも助けを求めてみること、枕の高さを今までよりも、低い高さに変えてみるのもひとつです。睡眠時の枕が高すぎてしまうと、寝ている時に肩の筋肉や、首の筋肉にも負担がかかるので、自然に喉にも負担が大きくなります。

眠っているときは本当に無防備、自分の首が不自然に曲がらないようにするためにも、眠りにちょうど良い高さがある枕を選択します。

眠っている時に無意識に、胸の部分を圧迫することがありますが、手を胸の上には置かないで眠るようにすることです。胸の圧迫は肺の圧迫そのもの、すると呼吸は浅くなるので、喉の粘膜の振動が大きくなるため、胸への圧迫をしないようにする必要があります。

眠るときには姿勢も人それぞれですが、あえて上向きではなく、横向きで眠ってみます。上を向いて眠ることで、軌道が圧迫するために、大きな音になるからです。だから下向きとか、横向きで眠りに入ると、うるさい夜にはなりにくいです。

静かな夜のためのグッズとして、マスクをして眠る方法もあります。眠る前にマスクをして眠ることで、マスクは湿気をもたらしますので、これが予防となります。誰かと一緒に旅行に出かける時などは、一緒に出かけた人にも迷惑はかけないように、マスクを持参するといいです。

タイトルとURLをコピーしました