ウニとアワビのスープ「いちご煮」海鮮たっぷりの缶詰をお取り寄せして食べてみた感想です

ウニが問題 グルメ

私はもともと海鮮が大好きで母親の出身が東北の事もあり、母の実家からいつもイカやホタテなどを地元の海鮮センターから送ってもらっていました。

それで、たまに母に頼んで新鮮な海鮮を送ってもらい、それを仕事場の同僚にもおすそ分けする事も度々ありました。

同僚からも海鮮に関しては新鮮で美味しいという高い評判でした。

5年ほど前の事ですが、私は当時まだ結婚しておらず実家に住んでいて両親と私の3人で暮らしでしたが、ある日会社の同僚から、東北で日持ちする特産物はないかと聞かれました。早速母親に尋ねたところ、青森に「いちご煮」という缶詰があって一缶1000円以上する高級品だという話を聞きました。

商品名からすると、ジャムなのかなと思いましたが、ネットで調べたところウニとアワビのスープらしいのです。

パッケージも見たところ美味しそうで、値段もかなりいい値段がするため、それなりの味なんだろうなと想像していましたが、同僚にすすめる前にまず自分たちで食べてみよう事になり3缶ほどインタ―ネットで注文しました。送料込みで約4000円です。

アワビの吸い物は味の想像がついたんですが、ウニを吸い物にするとどのような味になるかは全然わかりませんでした。

数日後、実際に届いた時に缶詰を見た印象はそれほど悪くありません。普通の少し大きめの缶詰でした。

温めるだけで飲めるというものでしたので、鍋に移して温めました。スープは黄金色で、中には確かにアワビの断片やウニが入っていていましたが、少し量が少ないなと思いました。

温め終わって、おすすめの食べ方だという紫蘇の千切りをまぶしていただきました。スープは割と磯の香りがして割と美味しかったのですが、問題はウニでした。

ウニは生か塩ウニしか食べた事がなかったので、ゆでたウニの少しぱさぱさした感じがのどにひっかかるようでした。

スープにウニの味は十分感じられるのですが、ウニ自体は味が少し抜けてしまっていてぱさぱさした感じだけが舌に残ってしまうようでとても違和感がありました。

アワビも入っていたので値段が張る事はわかるんですが、値段の割には吸い物としては少し豪勢さが欠けるなという印象を受けました。

他にはスパゲティや炊き込みご飯にするといいいという情報もあったので、残りの2缶を使って作ってみましたが、風味はいいもののウニの舌触りがどうしても私は気になってしまいました。

同僚には紹介しましたが、最終的に買ったかどうか分かりません。

私の個人的な意見ですが、もう少し値段を上げてもいいのでボリューミーのある内容で、あとウニの触感をもう少し改善できるのではないかと思いました。

大阪にお住いの30代の男性の方からいただいた、青森のウニとアワビのスープのいちご煮をお取り寄せして食べてみた口コミでした。
タイトルとURLをコピーしました