名言、格言、いい言葉

名言 特集

まずは偉人でも文化人でもない、でもある種独特な存在感を発揮している、ちょっと変わった人?の名言から紹介してみます。

松岡修造の名言
「日本一熱い男」として有名な松岡修造さんは、そのあまりの熱さも由来して様々な名言を残しています。決して笑いを取ろうと考えて発せられた言葉ではなく、自分というものや人生というものに真っ直ぐに向き合った結果生み出された言葉ばかりです。

一見意味が分からないものも数多くありますが、由来を聞けば納得するような言葉がたくさんあります。知れば前向きになれるような名言をいくつか紹介します。

・人の弱点を見つける天才よりも、人を褒める天才がいい

つい人の悪いところばかりに目が行きがちな人が多い現代において、人の良い所をもっと見ていこうという前向きな言葉です。

・一所懸命、一つの所に命を懸ける

一生懸命ではなく、今目の前にある1つのことに全力で目を向けろというメッセージです。

・気にすんなよ!くよくよすんなよ!大丈夫、どうにかなるって!ドントウォーリー!ビーハッピー!

囲炉裏のそばであぐらをかきながら修造さんがつぶやいた言葉です。とにかく落ち込むなということです。

・君が次に叩く1回で、壁は打ち破れるかもしれないんだ!

もう駄目だと思ってからが限界突破です。その限界を超える事によって自分自身の壁をぶち破ることができます。

この他にも様々な名言がありますが、身の回りのものに例えた名言が多い傾向にあります。しなりがあって雨風にも強い竹や、余計な味付けがいらないほどいい出汁がある、つまり中身のあるイワナなどがよく登場します。

ビートたけしの名言
浅草が生んだ、泣く子も黙る天才お笑い芸人にして、映画監督、人気司会者など、マルチな活躍を見せるのがビートたけしさんです。ツービートとして浅草のストリップ劇場で漫才を披露し、今やお茶の間の人気者ですが、名言を数多く残しています。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という名言を残しています。

シニカルなようでいて、鋭い視点はさすが漫才師でありながら文化人といったところです。悪いことも、さらっと皮肉混じりにいうことで、芯をついています。

「人生に幸せなんて求めること自体勘違いなんだよ」という名言があります。

生きているだけでそれだけで尊いというビートたけしさん流のメッセージです。

裕福な国で生まれなければ、生きていくことだけで大変です。それを幸せや愛だなどというのはおこがましいというメッセージが込められています。人は隣の芝生が青く見えるもので、自分以外の人が幸せそうにうらやましく見えるものです。ですが、自分自身がしっかりと確立しておれば、人と比べて一喜一憂することはないのです。

「人を気持ちよくさせる方法ってたくさんあるけど、挨拶ってその中の一つだよな。」こちらも芯をついています。

挨拶は基本中の基本ですが、それが出来ていない人がいかに多いかということです。人が気持ちよくなるのは、人間として当たり前のことができており、常識があることです。挨拶は大人になるほど、大切な必要なものだということを教えられます。

スポンサーリンク

偉人の名言をご紹介します

偉人の名言として、まず紹介したいのは、高杉晋作の「おもしろき こともなき世を おもしろく」というのがあります。幕末に長州藩士としてかなり高い身分にいたのですが、身分にかかわらずに吉田松陰私塾に入門したことで、その目が開いたのではないかとも言われています。奇兵隊を創設し、幕府の長州征伐を退けるような大活躍をすることになるわけですが、その寿命はとても短く29歳で亡くなってしまいました。

その人生は絶望あり、活躍ありと破天荒な人生を送ったようですが、その人の名言らしい感じがするものといえるのではないでしょうか。

吉田松陰の名言としては、夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なしというものがあります。

確かにこの通りで、夢がない人は理想がない、理想がない人には計画は立てられないということがいえるのでしょう。

計画の重要性を意味していますし、その前に夢があることが必要になるというところがあるところが、この人らしい気がします。

ただ、吉田松陰は夢は大きな夢があったのですが、計画的だったかというと、これが難しい感じがします。計画は確かに立てるのですが無謀なものがおおく、計画通りに行かないと、無謀なこともやってしまうところがあります。脱藩してまで諸国を巡る旅に計画通りにしてしまったり、黒船に乗ってアメリカに行こうとしたりと、その計画そのものがとんでもないレベルで考えられてしまっているところが、この人らしいという感じがします。

アインシュタインの名言

アインシュタイン(1879年3月14日 – 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者です。相対性理論、揺動散逸定理、粒子と波動の二重性、零点エネルギー、ボーズ=アインシュタイン凝縮等を提唱した人です。現代物理学の父とも呼ばれる偉人です。1921年にはノーベル物理学賞を受賞しました。

そんなアインシュタインの名言として有名なのは「天才とは努力する凡才のことである。」という言葉です。

アインシュタイン自身が、人との会話を苦手としているなど、とても苦労をしたひとでした。しかし、努力を重ね、多くの功績を残しノーベル物理を受賞するなどの結果を出しています。

その他にもいくつか名言があります。

「大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。」

「自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。」

「一見して人生には何の意味もない。しかし一つの意味もないということはあり得ない。」

これらの名言も多くの人を勇気づける言葉として、語り継がれています。

エジソンの名言

トーマス・エジソンは蓄音機を発明し、そして何よりも白熱球を発明したことにより我々の生活をより豊かに、便利にした偉人として知られています。

発明王としてその名を残しているエジソンですが、彼の名言で世界中で知られた言葉に「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉があります。

天才として世界中にその名を知られた彼だからこその言葉の重みがあります。

また、「楽しみながら学ぶのがベスト」という名言も残しています。

天才であるエジソンが学び続けることの重要性と意欲の出どころについて楽しむことにあると言葉を残していることは感慨深いものがあります。

また、白熱球の技術を世界中に広め、ビジネスとしても成功させた彼ですが、その言葉の中に「商品に出来ない技術はあっても意味がない」という名言も残しています。

トーマス・エジソンは発明家として知られていますが、その一方で優れたビジネスマンでもあったことがその名言から読み取ることが出来ます。

シェイクスピアの名言

シェイクスピアは世界的に見ても名だたる名言の持ち主です。生涯を通して書かれた作品の数々は長きに渡り愛され、今もなお映画や舞台の題材となっています。中でもロミオとジュリエットは、シェイクスピア史上、もっともポピュラーな戯曲です。

名言というにふさわしいセリフも多く、著名な恋人と名前を呼びかけるシーンの後にも、いい言葉があります。それは、バラと呼ばれるあの花は、ほかの名前で呼ぼうとも、甘い香りは変わらないというものです。

名声や地位より、存在や本質を重んじる、真実を見据えた叫びといえます。

4大悲劇は、シェイクスピア作品において白眉と呼ばれる作品群です。そこに登場する名言として、ハムレットの1文を知らない人はいません。

生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だという痛切な語りは、人生における苦悩をよく表しています。

リア王やマクベス、オセロにおいても珠玉の言葉が記されており、読むものの心をとらえて離しません。シェイクスピアの作品に名言が多いのは、時代を超えて愛される才能の賜物です。

ゲーテの名言

ゲーテは沢山の名言を言っています。

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。

これはもう名言中の名言です。人間は生きていると迷うことが沢山ありますが、自分を信じないと何も始まりません。

人間の最大の罪は不機嫌である。

これは的を射ています。仕事でも嫌な事があると不機嫌を露にする方が居ますが、それは罪です。いつもにこにこで過ごしましょう。

本当の自由な心とは「認める」ということである

人間認めたくない事は沢山あります。それは失敗だったり、娘の結婚だったり、本当に色々ありますが、まずは認めましょう。そうしないと本当の心は絶対にわかりません。

すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。

若い内はわからない事が沢山あります。全てを知る事は不可能です。歳を追うごとに見えてくるものがあるのです。

愚者と賢者はともに害がない。半端な愚者と半端な賢者が、いちばん危険なのである。

愚者も賢者も余計な口出しはしませんが、半端な方は色々口出ししてきます。それが一番危険です。

チャップリンの名言

チャップリンはコメディアンであるハロルド・ロイドやバスター・キートンと並んで、世界の三大喜劇王と呼ばれています。「ライムライト」や「独裁者」などの名作を残しており、 今なおたくさんのファンを持っており、彼の作品には当時の社会風刺などの意味合いが込められたものが多く、ユーモアはもちろん人々の哀愁や怒りなどが描かれています。

笑いだけを追求したコメディアンとは少し違い、哲学的な思想が反映された作品を多く残しています。

喜劇王チャップリンはさまざまな美しい名言を残しています。

例えば「木の葉の揺らぎや、風のそよぎに耳を澄ます。それは人を愛し、芸術を愛する心である。」というのがあり、人の心の豊かさを説明した言葉です。

「人生は恐れなければとても素晴らしいものである。人生に必要なものは、勇気と想像力そしてほんの少しのお金である。」とも言っており、人生における大切なものや他の人の価値観に縛られない生き方を提唱しています。

徳川家康の名言

徳川家康は、100年に及ぶ戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開いた人物です。

その家康が言ったという名言に「人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。」人口に膾炙されるのは、前半の部分ですが、ひたすら我慢を重ねて時期を待ち、天下を獲った家康らしい言葉です。

家康は、三河の大名の跡取り息子に生まれましたが、幼い頃に人質となっている間に父親が死に、所領は事実上取り上げられるという辛い経験をしています。

また、独立した後も織田信長にこき使われてもひたすら我慢。次の天下を秀吉が獲ろうとした時には意地を見せますが、一旦恭順した後は、律義者と言われるほど従順に従いました。その間もひたすらチャンスを待ち続けた人が言う、重みのある言葉です。

また、天下を獲った家康が言ったという「天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。」という言葉も、権力を私利私欲のために使うと長続きしないという自戒の念を込めた深い名言です。この言葉がしっかり守られたからこそ、徳川の世は260年の長きに渡って続いたのでしょう。

ナポレオンの名言

過去に有名な人はたくさんいますが、フランスにおいて彼ほど有名な人はいないのではないか、と思われるのが皇帝ナポレオン。果敢な行動力、卓越した戦術、天性の指導力があったために皇帝にまでのぼりつめた彼の、戦場での名言はどんなものがあるでしょうか。

エジプトを支配していたマムルーク朝の軍隊との決戦を目の前に控え、16キロほど先に見えたピラミッドを指しながら、全軍によびかけたといわれている言葉が、

「兵士達よ、4000年の歴史が諸君を見ているのだ」

また、「悪い連隊はいない。悪い大佐がいるだけだ。ただちに大佐の首を切れ」そして、「兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのだ。偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振舞おうとするからである」とも言っています。

そして戦いで重要なのは最後であるとも言いました。「戦いは最後の5分間にある」。最後が一番大切なのだ、ということで諦めるなということでしょう。

弾圧と粛清を行った独裁者の名言

スターリンの名言

スターリンは、ソ連共産党の第二代書記長。国内においては大粛清を行い、またドイツとの第二次世界大戦でも多数の犠牲者を出しました。

20世紀最大の独裁者と言ってもよい彼が残した言葉として「たった一つの死は悲劇だが、100万の死は統計に過ぎない。」というものがあります。

名言とするにはあまりにぞっとする恐ろしい言葉です。

それ以外にも、スターリンには性格の残忍さを示すような言葉が多数残っています。彼は猜疑心が強く、誰も信用せず、妻や息子も悲劇的な最期を遂げています。

こう見ると、彼によって何千万という人が不幸になりましたが、その彼にしてもまた幸福ではなかったと思えます。

「死が全てを解決する。人間が存在しなければ、問題も存在しないのだ。」という言葉は、もはや共産主義者のそれではなく、虚無的な空気が濃厚です。

その言葉はニヒリズムの極致にありながら、彼が築いたのは、巨大な集権的体制でした。この非人道的な政権は、彼の死後も40年にわたり存続するのです。

毛沢東の名言

毛沢東は、中華人民共和国を建国した人物で、初代国家主席です。毛沢東は中国共産党の初期のメンバーですが、最初から共産党のリーダーだったわけではありません。共産党は、国民党や日本軍との戦いで常に劣勢に立たされていました。国民党を率いる蒋介石は、日本との戦いよりも共産党との戦いを優先したからです。

共産党が追い詰められていく過程で、毛沢東は頭角を現します。そして、それまでの正攻法での戦い方から戦術的な大転換を図ります。これが世にいう遊撃戦、ゲリラ戦術です。現在でこそ、ゲリラ戦術は、弱者が強者と戦うための有効な戦術と認められていますが、それを理論的にかつ大規模に実施したのは、毛沢東が最初です。

この戦術は極めて有効に作用し、最終的には中国共産党が中国本土を制することになります。中華人民共和国建国まで20年以上にわたって戦い続けた毛沢東が語った名言に「鉄砲から政権が生まれる」があります。

まさに本人の実体験から出た迫力のある言葉です。

スポーツの名言をご紹介します

アスリートは極限の世界で相手と競う過酷なものとあり、体力や精神力の高い人物から発せられる言葉には、歴史に残る名言がたくさん存在します。

スポーツの名言をいくつか取り上げてみると、「努力して結果が出ると、自信になる。努力せず結果が出ると、傲りになる。努力せず結果も出ないと、後悔が残る。努力して結果が出ないとしても、経験が残る。」という名言がまずあげられるでしょう。これを発言した人物は特定されていませんが、努力がいかに大切であるかが誰が見ても明らかです。

スポーツの名言の中でも、プロ野球やメジャーリーグで輝かしい成績を残し続けるイチロー選手の名言はとても人気です。「小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ」という名言はよく知られています。大きなことをたくさんやることよりも、目立たないごく小さなことをコツコツとやり続けることをモットーにしていることがよくわかる言葉です。

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持ったものだけだ」という名言は、イタリア出身のプロサッカー選手、ロベルト・バッジオがいったものです。サッカーの世界では選手とゴールキーパーが1対1で対決する場面がしばしばやってきますが、ゴールキーパーが取れない場所に蹴ろうとミスをしてゴールを外すのを恐れず、シュートを放つことがとても大切だと教えてくれている内容です。

この他にもたくさん存在するアスリートによるスポーツの名言は、人生に役立つものばかりです。調べる価値があるといえるでしょう。

アニメの名言をご紹介します

アニメの名言と言えば、北斗の拳のラオウの最後の言葉でしょう。「我が人生に一片の悔いなし」というものです。正に、乱世を覇道に生きたラオウが残しそうな言葉だという感じがします。この言葉もいいのですが、このシーンはラオウが天に腕を掲げるようにして、天を突きさすようにこの言葉を残すシーンになっています。まさに、全力で生き抜いてきたという感じがして、正に名言ではないでしょうか。

後は、カイジに出てくる名言で金は命より重いというものがあります。これも名言といってもいいかもしれません。この言葉が出てくるシーンも印象的なもので、借金苦でどうしようもなく日々を送っている若者たちに対して、借金取りの親玉が吐くセリフです。いわば悪役が放つ言葉なのですが、これが真実を伝えているようで名言といってもいいでしょう。

とかく最近は甘い言葉をいう人が多いのですが、実際の現実はそのように甘い物とはなっていません。お金がなければ生きることさえ出来ないのが今の現実です。そのことをしっかりと認識させるにはいい言葉ではないでしょうか。

世間体を気にした甘い言葉はいくらでもありますが、実際の事実はそうした甘い言葉は通用しません。通用するのはお金だけというのが本当のところです。ですから、このことを考えればこの言葉の本当の意味が分かるでしょう。悪者がこの言葉をいうのですが、これが真実というのがこの名言の名言たるゆえんという気がしてなりません。

格言

格言はよく名言と勘違いされますが、名言とは違っています。

格言は戒めの言葉を簡単に言い現わしたものですから、人の生活を律するものということになります。一方で名言というのは教訓的なもので、いわばアドバイスのようなものを簡単に言い現わしたようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

ですから、格言は多くの人の経験から得られたものもありますし、特に経験がなくても人がしてはいけないようなことを戒めるようなこともあります。

一方で名言は偉人などが自分の経験から得たものを人に簡単にわかりやすく説明するときに使うことが多くなります。その言葉は人を律するものとなるかどうかはわからないということがあります。夢を持って生きようという言葉があったとすれば、これは人を律するものではありませんから格言というよりは、名言の類になってくるということになるかもしれません。

いずれにしても格言や名言の類は人が生きる上でかなり参考になるものが多いということは言えるでしょう。参考になるものが残ってきたということになるかもしれません。短くてわかりやすい言葉になっているので記憶にも残りやすく、多くの格言や名言を知っているということは、それを自分の糧として自分の生き方を考えることに役立てることも出来るようになるといえます。昔の人たちが多くの経験を得て獲得した考え方や価値観、生き方などがこれに示されることになりますから、これを知ることは人生において大きな糧を得たことにもなるでしょう。

格言とことわざの違いについて説明します

格言とことわざは同じような気もしますが、やはりちょっと違います。まずはどこを捉えて同じだと感じるのかというと、これはどちらも先人が残した知恵を短い言葉で表現しているところでしょう。格言とことわざのどちらも、基本的には長い文章ではなく、ワンフレーズで収まるものです。

格言とことわざの違いについてですが、それはこの2つの出所によっています。

まず格言ですが、これは位の高い人や権威ある人や書物、あるいは教養人の言葉にその語源が求められます。つまり、出所がはっきりしているものがほとんどです。

これに対してことわざは、民間伝承、言い伝えの部類に入ります。出所は定かではないものがほとんどですが、経験則に基づいた人生訓のようなものが多く見られます。また、ことわざにはしばしば反対の意味を表すものが存在するのも特徴です。これに対して格言は、ある思想信条に基づいて作られているものが多く、必ずしも反対の意味になる言葉があるとは限りません。

人生に関するいい言葉をご紹介します

人生に関するいい言葉はたくさんあります、なぜならば、人の人生は様々ですから、その人の人生にとって、いい言葉というのは、人それぞれだからということがあるからです。

でも共通するものとして代表的なものを選ぶとすると、ハスツールの「備えある心に偶然が味方する」という言葉ではないでしょうか。

備えある心というのは、自分が実現したい目標とか、ある程度の確信を持ちながらまだ何とかなっていないことに対して、こだわりを持ち、捨てないで、粘り強く取り組んで目標を心に持つということです。目的意識とか、問題意識という表現をされることもありますが、心に秘めたゴール意識(実現する目標意識)というのが最も適切な表現になります。

ゴール意識を持っていると、今まで見えなかったことや聞こえなかったことが、自分のものとなってきて、そのことに助けられて、ゴールが実現するということです。多くのヒット商品や企業の成功事例を見てみると、ゴール意識があったからこそ、生み出されたことがたくさんあることに気が付きます。

そして、世界的に有名なのは、ニュートンとりんごの関係です。幼いころ、学校の先生がニュートンは偉い、りんごが木から落ちただけで、万有引力の法則を発見したと教えてくれ、多くの人が感動はしたのですが、実は違うのです。本当は、万有引力に関して、備えある心を持っていたニュートンに、りんごが木から落ちるという偶然が味方して、万有引力の法則の発見となったのです。こうしてみると、ゴール意識の大事さがしみじみと分かるはずです。

努力に関するいい言葉をご紹介します

努力に関するいい言葉としては、アレクサンドル・デュマが書いた小説・モンテクリスト伯の最後である「待て!しかして希望せよ!」です。この一説には努力をしながら、成功を希望を持って待ち続ける姿勢が大切であるという意味があります。

小説に描かれているモンテクリスト伯爵が成功したのは、莫大な財宝や信用、人脈が存在したためでなく、復讐の信念をもって努力して生き抜いたからです。生きる希望が存在しない、目標や目的を見失いがちの現代社会にあって、この言葉は不朽の名作が現代人に語り掛けてくれる言葉として重宝されます。

現代人は常に夢や希望を持って生活してしますが、なかなか日の出が見られないことで努力することを諦めてしまい、夢や希望を捨ててしまうシーンが数多く存在します。また努力をし続けることは、それを阻む障害も数多く出て来て成功を収めることができない場合も多いです。

諦めてしまうと成功に向けて挑戦した努力は無駄になってしまい、そういった点でも自分自身を見失いがちになることもあります。つまり忍耐を持って努力して成功を得た方は、ほんの一握りの人しかいないのが実態です。

もっとも努力をして自身を磨く中で、人格が研ぎ澄まされた物となり、いつしか何が起こっても動じない心が鍛え上げられていきます。その鍛え上げられた心が、人生においてもその人の幸福をもたらすことが多く、成功して財産や地位、名誉を手に入れたとしても、その人のかけがえのない物が努力によって鍛え上げられた心となります。

恋愛に関するいい言葉をご紹介します

古今東西、恋愛に関する多くの格言が生み出されてきました。その中には、多くの人の教訓になっているものも存在します。そこで今回は、特に恋愛に関するいい言葉をご紹介します。

たとえば、「恋愛は鮫と同じであり、止まると死んでしまいます」という言葉があります。これは映画の中で言われた台詞ですが、恋愛の本質を突いている言葉として有名です。最初のうちは常に刺激を感じていた相手にも、次第に刺激を感じなくなっていくのが一般的です。人間には耐性というものがあるので、これは仕方がないことです。

しかし多くの人は、恋愛感情が薄れてしまったと錯覚します。そうすると新しい刺激を求めて、別れたり浮気したりするようになるのです。しかし恋愛とは、必ずしも刺激がある状態を指すのではありません。落ち着ける関係も立派な恋愛の一つの形態といえます。もし刺激的な恋愛を続けたいのであれば、常に刺激を感じられるように工夫しなければなりません。それがこの言葉の意味いするところです。

「人が心を与えられたのは人を愛するためです」というのも非常に良い言葉です。決して人を妬んだり嫌ったりするために、心は存在するわけではありません。心が良くない状態に陥ったときは、愛で満たすことを考えましょう。それが正しい心の使い方だからです。恋愛をしているときは、少しのことで一喜一憂しがちになります。嫉妬や疑念によって心が乱れやすいですが、そのときこそ相手への愛情で心を満たすことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました