免疫の低下など免疫についての説明

免疫 健康

わたしたちは目には見えない多くの種類の病原体や化学物質に取り囲まれて生活しています。

身体の中では常にガンになろうとしている減少が起こっていると考えられています。

しかし、そうしたことを意識しないで健康に暮らしていられるのは常にそれらを排除しようとする生体防御機構・免疫が備わっているからなのです。

スポンサーリンク

免疫とは

生体防御機構には2種類あります。ひとつは、外部からの体内へ侵入した異物がどんなものであろうと働きかける非特異的防御機構と呼ばれるもので、もう一つはある特定の異物(これを抗原とよぶ)にのみ反応する特異的防御機構で、これを一般的には免疫と呼ばれています。

非特異的防御機構とは異物を呼ばれるものと接触した時にすぐにはたらく自然免疫と呼ばれているものです。特異的防御機構とは、自然免疫では防御できない場合に発動して、同一の異物が再度侵入したときに効率的かつ特異的に対抗します。

生体防御機構にかかわる血液細胞は白血球に属する一連の細胞群です。この細胞群には骨髄系とリンパ系の二種類に大きく分けられます。

非特異的防御機構ではおもに骨髄系のうち好中球や単球・マクロファージなどが関与しています。

特異的防御機構にはリンパ系のTリンパ球(T細胞)、Bリンパ球(B細胞)、形質細胞(抗体産生細胞)が関与しています。

抗原とは:免疫の基本概念は母親の子宮内で退治として成長してきた自分自身の身体を”自己”と認識しています。生後に外部から体内に侵入してくる異物はすべて”非自己”と認識します。この異物が抗原です。

抗原にどう対応しているか:抗原が体内に侵入してくるとケモタキシンなどの走化性因子をマクロファージや好中球が直ちに察知して、アメーバ運動によって近づいていって貪食します。

侵入した抗原が身体にとって不利益となるものであるとマクロファージは同時にサイトカイン(いろいろな細胞から分泌されて細胞の情報伝達に関わるタンパク質)であるインターロイキン(IL-1)や腫瘍壊死因子α(TNF-α)を分泌してTリンパ球の一種のヘルパーTリンパ球(CD4陽性細胞)に連絡します。

ヘルパーTリンパ球のうちのTH1細胞が情報を受け取るとガンマインターフェロン(γ-IFN)やIL-2によって、キラーTリンパ球に抗原にただちに攻撃をするように司令が出されます。これらの種々の細胞によって抗原が排除されます。

免疫の低下

T細胞はB細胞の抗体産生細胞への分化(単一あるいは同一であったものが、複雑化したり、異質化したりしていくさま)を助けるヘルパー細胞と抑制するサプレッサー細胞、組織を直接障害するサプレッサー細胞の3つに大別されますが、主となる免疫学的監視機構はサプレッサー細胞と考えられています。

免疫学的監視機構がウィルスや遺伝的欠陥、老化などによって免疫低下や自己免疫疾患が発症すると考えられています。

免疫抑制剤

免疫抑制剤は自己免疫疾患の悪化を阻止を目的の使用や臓器移植後の拒絶反応を防ぐために使用されます。

シクロスポリン:リンパ球とくにヘルパーT細胞のはたらきをおさえます。

アザチオプリン:リンパ球の増殖をおさえることで抗体産生、キラーT細胞の活性化を阻止します。

シクロホスファミド:骨髄抑制作用が強いため骨髄移植後の拒絶反応を抑えるために用いられます。

副腎皮質ステロイド:リンパ球細胞サイクルに作用して抗体産生をおさえます。各種の自己免疫疾患や臓器移植後の拒絶反応に対して必須の薬剤です。

ヒトT細胞抗原モノクローム抗体:臓器移植の際におこる急性拒絶反応に関与するT細胞のはたらきを阻止することができます。

免疫療法

疾病の発症あるいは病態にかかわっている免疫異常状態を是正して、疾病を軽快もしくは治癒に向かわせる治療法の総称です。
免疫療法は免疫抑制療法と免疫賦活療法に分けられています。

免疫抑制療法は免疫に関与する細胞の増殖や機能を抑制、もしくは死滅を目的とします。使用薬剤は副腎皮質ステロイド剤・シクロホスファミド・アザチオプリンなどがあります。

免疫賦活療法は低下している免疫能の回復、おもに細胞性免疫能の賦活(活力をあたえること)をねらっています。使用されるものはBCGワクチンの菌体成分、溶連菌製剤(OK-432)、タンパク多糖体(PS-K)、トランスファーファクター、レバミゾール、金製剤、D-ペニシラミンなどです。

タイトルとURLをコピーしました