1. TOP
  2. 情報
  3. 伊勢神宮について

伊勢神宮について

 2017/09/09 情報 この記事は約 3 分で読めます。 434 Views
伊勢神宮

三重県にある伊勢神宮では、日本の神様の中で最高位にあたる天照大御神が祀られています。

神話の時代から続く伊勢神宮では、古来より天皇以外の幣帛、お供えすることは禁じられていました。しかし、参拝そのものが禁じられたわけではなく、記録には昔から参拝者が年々増え続けたとあります。天皇にお仕えする勅使の人達を始まりとして口伝えによって伊勢神宮のことは広まったのだそうです。そして、現在では日本中からだけでなく、世界中から訪れる人々も増え続けています。

敷地内には外宮と内宮が存在し、伊勢神宮では外宮から参拝することがならわしとなっています。外宮は別名豊受大神宮と呼び、天照大御神とは別の、衣食住、産業の神様である豊受大神という神様が祀られています。

そして、内宮では日本人の大御祖神である天照大御神が祀られています。

外宮、内宮共に大神宮にそのままお参りするのではなく、お参りに必要な御手洗い場や手水舎の他に、由緒正しい名所を巡るモデルコースが用意されています。外宮・内宮合わせて約90分のコースです。神社だけでなく自然との調和も感じることができます。

また、伊勢神宮では、様々な祭事が執り行われています。その中でも、20年毎に式年遷宮と呼ばれる祭事は規模の大きなものです。大御神に、一度別の御所へ移っていただいてから、社を始めとして一新し、永遠を祈る大切な行事です。

自然に囲まれた由緒正しき日本の神社の本宗が、伊勢神宮なのです。

伊勢神宮へのアクセス

天照大御神が祀られている内宮ではなく、外宮の豊受大神宮からお参りするのがならわしです。そんな伊勢神宮へのアクセス方法ですが、電車で行くのがベストでしょう。

三重県方面からお参りする場合、伊勢市駅から外宮へ向かるルートが近いです。伊勢市駅から外宮までは、バス・タクシー・徒歩、どれでも約5分で到着することができ、外宮をお参りしてから、内宮まではバス・タクシーで約10分、移動するもの良いですし、体力に余裕があるのであれば、自然を楽しみながら約1時間歩いてみるのも良いでしょう。

京都・大阪の方面からお参りする場合、近鉄宇治山田駅から徒歩約10分で外宮まで行くことができます。また、宇治山田駅からさらに近鉄を利用するか、タクシーに乗ることで、10分ほどで内宮へ行くこともできます。

東京・名古屋方面からは名古屋を経由して行きます。JRを利用する場合は宇治山田駅、近鉄を利用する場合は伊勢市駅と、名古屋からですと二つの電車ルートから選ぶことができます。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

伊勢神宮

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新千歳空港について ターミナルビル、空港へのアクセスなどの説明

  • 機内に持ち込みが出来るスーツケースのサイズは?

  • 清水寺へのアクセスと拝観料、歴史・見どころなど

  • スカイスキャナーで旅行をお得に

  • 出雲大社の参拝方法、アクセスの情報など

  • 関西空港について 第1ターミナル 第2ターミナル 空港へのアクセスなどの説明