1. TOP
  2. 海外旅行
  3. 生きる力を試されたイタリアへの卒業旅行

生きる力を試されたイタリアへの卒業旅行

 2017/07/01 海外旅行 この記事は約 4 分で読めます。 502 Views
卒業旅行

これは、私が大学生の頃に体験した話しです。

仲良し5人組で卒業旅行に行こうということになり、行き先は海外がいいね~なんて言っていました。あれこれ候補がありましたが、結局はブランド物が大好きな友達の希望で、イタリアに決定しました。

アムステルダム国際空港で合流のはずが・・・

貧乏学生の私達が選んだツアーは、関東出発組と関西出発組で別々の飛行機に乗って出国し、オランダのアムステルダム国際空港で合流するというものでした。

添乗員付きでしたが、添乗員さんは関東組に乗るため、関西組は自力でアムステルダム国際空港まで行かなくてはなりません。でも、日本を出るときは日本語だし、アムステルダム国際空港に着いたら添乗員さんがいてくれるから、何とかなるよね、と楽観的な関西組でした。

しかし、アムステルダム国際空港に着いても、関東組と添乗員さんはいませんでした。

当然、関西組は全員パニックになりました。広い空港中を手分けして探しましたが、それらしき団体は見つかりません。関東組の便が遅れているのか、無事に着いたのかも、確認する手段がありません。それでも、乗り継ぎの便の出発時間は刻々と迫ってきます。

覚悟を決めてイタリアへ

そこで、関西組は決断しました。予定通りの飛行機に乗って、イタリアに行こうと。もし、関東組の便が遅れているのなら、イタリアの空港で関東組を待とうじゃないかと。初対面同士のはずなのに、長年付き合ってきた仲間のような団結力でした。ピンチになったときの人間とはすごいなあと、今さらながら思います。

こうして、アムステルダム国際空港を、すごい形相で駆け抜けた日本人の団体は、無事にイタリア行きの便に乗ることができたのです

ほっとしたのもつかの間、我々を次なる試練が襲いました。乱気流です。激しい雷と、高低差。飛行機は突然ガクンと何メートルか落ちるは、雷は近くでバリバリいうはで、生きた心地がしませんでした。きっと、何人かは遺書をしたためていたと思います。私は叫んで祈るしかできませんでした。

やがて嵐が去り、飛行機は無事にイタリアへ到着しました。飛行機の車輪が地面に接触した瞬間、人種や民族、宗教、社会的地位の壁を超えて、その場の全員が歓声をあげてお互いの健闘を讃え合い、喜びを分かち合いました。

旅行の初日だというのに、すでにフラフラの関西組は、これからどうなるのか不安を抱えながら預けた荷物を受け取り、空港内をさまよい始めました。

すると、遠くの方からスーツ姿のお姉さんが、すごい勢いで手を振りながら走ってくるではありませんか。こちらが状況を飲み込めず、キョトンとしていると「旅行会社の添乗員です!オランダで会えなくてごめんなさい!よくイタリアまで来てくれましたね!もう、どうしようかと思いましたー!」と、一気にまくし立てました。どうやら、関東組は関東組でアクシデントに見舞われ、大変だったようです。

こうして、何とかイタリアにたどり着くことができた私達ですが、ツアーの移動方法もかなり大雑把な設定だったため、非常にスリリングな旅になりました。振り返ってみれば、なかなか経験できないことばかりの旅行でした。

愛知県に住む40代の女性の方からいただいた、卒業旅行でイタリアへ行った際のトラブル体験談でした。

一生に一度しか経験できない卒業旅行なのに、イタリアでの楽しい観光の思い出より何よりも、イタリアに到着するまでのトラブルが一番の思い出って・・・それも20年くらい経った今でも忘れられないなんて・・・そこまで強烈に印象に残る旅行って、ちょっと羨ましいような気がします。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

卒業旅行

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【大ピンチ】ポルトガルのリスボンで道に迷ったうえに便意をもよおす緊急事態発生!~大通りを外れる災難と楽しみと

  • ベトナム旅行を楽しむために!持っていくととても便利なものは何?

  • デラックスの文字に惑わされて~ベトナム・ハロン湾1泊2日

  • 神奈川県のパワースポットで仕事運、金運、恋愛運をアップさせるならココを巡りたい!

  • 地獄の沙汰も金次第!カンボジアとエジプトのお布施論争~神や仏の名を騙った言うなれば恐喝行為!

  • ハワイ旅行に持っていくと便利なものは何?~現地で後悔しないために!