7月の時候の挨拶

7月 イベント・レジャー

7月は旧暦で文月(ふづき)といい、新暦でも別名としてこの文月という呼び名が用いられます。

梅雨が終わり気温も高くなってくる7月は、梅雨が明け、七夕や海開きがあったり、京都では祗園祭が行われたり、活動的であり情緒も感じる月ですよね。

こういった暑さを感じる時期に親しい人に手紙をしたためる時、どういった時候の挨拶をすればいいでしょうか。

よく聞く一般的な書き出しに「暑中お見舞い申し上げます。」というのがありますよね。

この暑中お見舞い、相手の住んでいる地域の「一番の熱い時期」に送るのが正しく、8月8日以降だと「残暑お見舞い」になりますので、日本では7月に送るのが一般的です。

ただ、だからこそ「暑中お見舞い申し上げます。」のような一般的な書き出しだと、少し味気なく感じてしまいますし、情緒に欠けたところがあります。

スポンサーリンク

細かな時候を含ませてユーモア・センスをアピール

例えば、梅雨明けの頃には「長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節となりますが・・・」や「梅雨明けとともに、連日猛暑日が続いておりますが・・・」など、細かい時候を含ませるといいかもしれませんね。

ただ、少し砕けた印象もありますので、取引先などフォーマルな関係の場合はあまり向かないかもしれません。

しかし、多少ラフなやり取りができる相手の場合はどんどん細かい時候ネタを入れてセンスを見せるのもいいでしょう。

七夕の時期には「軒先に揺れる七夕飾りに、夏の訪れを感じる今日この頃ですが・・・」と書き出してみたり、花火も夏の風物詩ですので「夏の澄んだ夜空に、花火の音が聞こえる季節となりましたが・・・」と書き出してみたり。

情緒を感じる時候の挨拶を使いこなすことで、社会人としてのユーモアをアピールすることができます。

より砕けた書き出しだと、「海開きで張り切りすぎて足がつり溺れかけたあの夏を思い出す頃ですが・・・」とか「織姫と彦星は今年も会えなかったようですが・・・」などの書き出しもできますが、これは少し砕けすぎもしれませんね。

形式的な挨拶

より形式的な挨拶が求められる相手の場合は、「拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」など、堅苦しいくらいの挨拶から始め、文末には「時節柄、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。」などの、相手の体調を労わるような言葉を入れるといいでしょう。

ただ、少しお固すぎるかな、と思われる方は「私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。」など、自身の近況を交えて親しみを出すのもいいかもしれませんね。

この「盛夏」という暑さを表す表現にも様々なバリエーションがあり、「大暑」「炎暑」「厳暑」「猛暑」「極暑」「酷夏」など、沢山の表現がありますので、相手先の住まいの場所や、その年の暑さなどにより使い分けてみてはいかがでしょうか。

その他の7月の時候の挨拶 出典:ウィキペディア

三伏大暑の候 向暑の候 土用の入りとなり 炎暑のみぎり

日々暑さ厳しき折から 連日厳しい暑さ 近年にない暑さが続き 草木も生気を失い 蝉の声に更に暑さを覚え 旱天続きで 一雨欲しいこのごろ

海山の恋しい季節 夏祭りのにぎわうころ 爽快な夏 まぶしいほどの夏 楽しい夏休み 涼風肌に心地よく

時候の挨拶は相手を労わる大切なご挨拶です。相手方との関係にもよりますが、自分ならではのユーモアを出してみたり、一人一人に心のこもった時候の挨拶を出してみてはいかがでしょうか。

7月の結びの挨拶文について説明します

結びの挨拶文は手紙本文の内容や送る相手によって書きぶりをかえるのが良いですが、いすれにしても簡潔に締めくくることが肝要です。暦の上で6月の夏至から夏になるわけですが、7月は夏の最中であり書中見舞いを出す季節です。特に現代は気候変動の影響により暑さがことのほか厳しく、また、ゲリラ豪雨等予期せぬ自然現象にも会いやすい時期でもあります。

そのようなことを念頭におき、相手に対しての気づかいや思いやりが示せるような言葉選びが必要です。その上で、送る相手によって書きぶりに変化をつけるのが良いです。

ビジネス面での手紙や改まった手紙にはより丁寧な言葉使いが必要です。例をあげれば「暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」とか「酷暑の折柄、なにとぞお身体おいといください」あるいは「時節柄、ご自愛専一にご精励下さい」とかがあります。本文の流れによっては「まずは書中にてお見舞いを申しあげます」と締めくくっても良いです。

友人や親戚等親しい人への手紙の場合には、親しみを込めて少しくだけた、しかし、相手に不快な思いをさせないほどの言葉で、相手を気遣う心を表したいものです。

「厳しい暑さの毎日ですが、健康にはくれぐれもご留意ください」とか、「寝苦しい熱帯夜が続きますから、どうかお身体をお大切に」等が良いです。「ご家族お揃いで、爽やかな夏になりますよう、楽しい計画を立てて下さい」とか「夏休みにお会いするのを楽しみにしています」なども親しみのこもった挨拶文です。

タイトルとURLをコピーしました