8月の時候の挨拶について

8月 イベント・レジャー

8月にふさわしい、時候の挨拶について、例を挙げます。

残暑見舞いをお送りする季節でもあり、また暑さが際立つ季節であると同時に、夏の終わり、秋の始まりを匂わせる時候の挨拶を知っておくと役立ちます。

暦の上では、8月7日ごろを立秋とし、それ以降は秋ということになり、立秋以降を残暑、残炎と表現します。

8月は夏の終わりであり、夏の暑さが残る季節ということになります。

ですから、この時期は、『晩夏の候』、『立秋の候』、『残暑の候』のように、暦の上での立ち位置を時候の挨拶に入れ込むと、この季節にふさわしい挨拶となります。

晩夏は8月上旬、立秋は中旬、残暑は中旬から下旬にかけて使います。

また、暦の上では秋の入りではあるが、まだまだ夏の暑さが残るということを際立たせるには、『立秋とは名ばかりの猛暑が続いておりますが』などと表現すると、まだまだ暑い季節であるということが表現できます。

『土用明けの暑さ一段と厳しき折から』などという、土用という言葉を用いた表現も暦の上でのこの季節をうまく表現できるでしょう。

スポンサーリンク

夏の風物詩を織り込む

また、夏の風物詩を織り込むという表現方法もあります。

たとえば、まだ暑さが厳しいころなら『降るような蝉しぐれ』、『緑蔭に蝉しぐれの声もかまびすしい頃』などと、蝉の鳴き声のかしましい様子を『蝉しぐれ』と表現できますし、下旬になれば『行く夏を惜しむように、ひぐらしの声が聞かれる頃となりました』などと、ひぐらしというキーワードを用いれば、夏の去り行くわびしさが表現できます。

蝉のほかには、下旬であれば赤とんぼなどがキーワードとして使えます。

生き物の様子だけではなく、先ほど『猛暑が続いておりますが』などと暑さをキーワードに挨拶を組み立てましたが、気温をキーワードとした挨拶もよく見受けられます。

8月下旬には

下旬になり暑さが落ち着いたころには、『処暑の候』、『早涼の候』、『朝夕涼味を覚える頃』といった挨拶が使われます。親しい方へは、『朝夕にはかすかに秋の気配を感じます』、『暑さもようやく峠を越え』などといった挨拶でも8月の挨拶として通じます。

また、空の様子というものも、季節をよく表しますので、残暑のころには、『青空に入道雲の湧きあがる季節となりました』などと、入道雲というワードから夏らしい空を表現することもあります。

下旬の暑さが落ち着いたころには、秋の空を表す言葉を挨拶に盛り込むと季節感が出ます。秋は水蒸気やほこりが少なく、夏と比べて空の透明度が増して、空が高く見えます。ですので、『空高く澄み渡り』などといった挨拶が使われます。

また、夜空の様子が変わるころでもありますので、『夜空に秋の気配を感じる頃』などという挨拶が使われることもあります。

このように、8月の時候の挨拶としては、上旬から中旬は、暦の上では秋とは言いながらもまだまだ暑い様子を表し、下旬の暑さが落ち着いたころには、夏から秋に移り変わる様子を表現すると、ふさわしい挨拶となります。

8月の結びの挨拶文

8月は年間で最も暑い季節ということで、熱中症や食中毒などになりやすい傾向があります。体調を壊す方が非常に多い季節ですから、結びの挨拶文にふさわしい文章は相手の健康を気遣う内容と言えるでしょう。

そして、ビジネスで利用する場合や目上の人に出す手紙などでは改まった文章で締めることがポイントになります。一方、親しい友人などへ宛てた文章の場合、多少ラフな言葉を用いても構いませんが、相手を気遣うという意味で丁寧語を使うのが基本となります。

まずはビジネスや目上の人向けの改まった文章の場合の結びは、「ご健康にはくれぐれもご留意ください。」ですとか「体調を壊されぬようご自愛ください。」といった内容が無難と言えます。また、相手の健康を願うという意味で、例えば「皆様のご健康をお祈り申し上げます。」というように、結んでも良いでしょう。こうすると、相手の健康を気遣っていることがよりダイレクトに伝わります。

一方、お友達などに出す文章の結びの挨拶文は、健康を気遣うという内容にするのであれば「夏バテなどなさいませんように、どうかお体を大切になさってください。」というように、程よい丁寧さで締めるのが基本となります。ごく親しい友人でしたら、「おたがい体調管理には充分気をつけよう!」といった砕けた表現でも問題ありません。また、親しい人がよく会う人であるならば「また会える日を楽しみにしています。」というように、季節に関係のない結びの挨拶文を利用しても問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました