9月の時候の挨拶について

9月 イベント・レジャー

昨今では手紙を書く機会が減っていると言われますが、それにより手紙のマナーがよくわからないという人は多いと思います。

改まった手紙を書く際には冒頭に「時候の挨拶」そして「安否をうかがう文言(挨拶)」を組み合わせることで、すっきりとしつつも礼儀正しい文言を作ることができるため、時候の挨拶は欠かせません。

しかしながら注意しなければいけないのは、時候の挨拶はその季節ごとにふさわしい文言を使わなければなりません。音の響きや字面が美しいからと、季節にそぐわない文言を使用してしまうと、それは手紙のマナー違反になってしまうため注意が必要です。

では、9月の時候の挨拶はどのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

まず、最も使い勝手の良い文言として「〇〇の候」「〇〇のみぎり」「〇〇の折」があり、〇〇の中に季語を使うことでその季節その季節の挨拶を表す文言として使えるため非常に有効です。そして、9月の場合は、〇〇に以下の文言が使えます。

初秋、早秋、新秋、爽秋、仲秋、秋分、秋冷、秋涼、秋霜、秋色、清涼、新涼、野分、白露

ちなみに「安否をうかがう文言」とは、「皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」などの文言です。

上記の時候の挨拶と組み合わせて使うことで、「初秋の候、皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」というのが手紙上での正式な時候挨拶となります。

これはかしこまった手紙の表現になりますが、親しい人に対して送る手紙の場合はもう少し砕けた時候挨拶でも問題ありません。

未だ暑さが残ります今日この頃、残暑も和らぎ爽やかな季節となりました、秋風が心地よい季節になりました、スポーツの秋を迎えております、朝夕ごとに涼しくなってまいりました、日増しに秋の深まりを感じる今日この頃、秋の次第も日ごとに濃くなり、初雁の姿に秋を感じる今日この頃、といった挨拶文です。

これに上記よりも砕けて安否をうかがう文言、「皆さま、お変わりありませんか」「皆様、お元気でいらっしゃいますか」といった文言をプラスして使います。

ただ、注意しなければいけないのは、「白露」や「秋分」は太陽暦を24等分して季節の指標として定められた二十四節気の一つです。

白露は9月7~8日ごろ、秋分は9月23日なので9月中にずっと使えるわけではなく、それに当てはまる時期にピンポイントで使用する事項の言葉となりますので使う時期には注意が必要です。

9月は残暑が残る初旬から、中旬を経て徐々に秋へと向かう下旬と季節が進み、一ヵ月の中でも季節が変化する特徴的な月です。

そのため、時候の挨拶も季節の変化に合わせてフレキシブルに使い分ける必要があり、異常気象が多い昨今では、その年ごとに気候の変化も大きいため気をつけなければなりません。

例年ではすでに涼しくなっている時期でも、異常気象により残暑が厳しい年もあるため、その場合は季節にそぐう文言を選びつつも臨機応変に使い分けるとスマートです。

9月の結びの挨拶文

9月は夏から秋に季節が移り変わり、23日の秋分の日を過ぎる頃には徐々に夜も長くなります。しかし日中はまだまだ残暑が厳しく、相手の健康を気遣うとともに過ごしやすくなる季節の訪れの喜びを挨拶文に入れることがポイントです。

また、秋の虫の音や9月に咲く花、草木の色の移ろいなどを見聞きし感じたことを結びの挨拶文を入れることで季節感を一層増すことができます。

結びの挨拶として、相手の健康を気遣い、祈願する気持ちを込めた例文は以下のようなものがあります。

「残暑厳しい折、夏の疲れが出ませんようくれぐれもお身体ご自愛くださいませ」

「季節の変わり目、くれぐれも体調を崩されませんように」

「実り多き秋、◯◯様のさらなるご活躍をお祈り申し上げます」

「朝夕の気温差が大きくなりました。風邪など召されませんようどうぞご自愛ください」

季節感があり、きたる秋への期待を高める結びの挨拶としては以下のようなものがあります。

「鈴虫の音色に秋の訪れを感じられる季節となりました。秋の夜長をお健やかにお過ごしくださいませ」

「秋風が心地よい季節となりました。秋の行楽を満喫されますようお祈り申し上げます」

「野山もにわかに色づいてまいりました。実り多き今秋となりますようお祈り申し上げます」

「萩の花が風揺れる季節となりました。行楽シーズンをお元気にお過ごし下さい」

結びの挨拶文だけでなく、便箋の柄や切手も季節を感じる重要なツールになります。心を込めて一筆書いてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました