腎臓の位置、機能、病気など腎臓のこと

腎臓 健康

尿をつくって身体の不必要な物質を身体の外に排泄することで、体液の組成を一定の状態に保つことが腎臓のもっとも重要な役割です。

スポンサーリンク

腎臓の位置

腎臓は腹腔背部の腹膜の後ろ、第12胸椎から第3腰椎の位置に左右一対あります。

右の腎臓は肝臓のために左よりも低い位置にあります。

腎臓の大きさは長さは約10~12cm、幅は5~7cm、厚さは3~4cm、重さは120~300gです。

形はそら豆に似ていて、表面は線維性の被膜に包まれていて、その外側は脂肪組織で保護されて、周囲の組織にゆるく付着しています。

腎臓の内側中央に尿管の発するくびれ(腎門)があり、この部分の尿管にふくらみを腎盂といいます。

腎門には腎動脈と腎静脈が出入りしていて、腎動脈は大動脈から派生して、通常3本の枝に分かれて、2本は尿管の前を走行して、1本はその後ろを走行しています。5~6本の小静脈が腎臓から出て、合流して腎静脈を形成し、下大静脈に流入します。

腎臓の血管は大きさの割合に血管に富んでいて、左右の腎臓を合わせると1分間に800~1000mlの血液が流れています。

3つの部分

腎臓は大きく3つの部分に分かれていて外側から内側にそれぞれ皮質・髄質・腎盂といいます。

腎臓を構成する主なものは腎小体と尿細管、これに続く集合管ならびに無数の血管です。

一つの腎小体と一本の尿細管はネフロン(腎単位)といいます。

腎小体は直径0.2mmの器官で皮質に散在していて、糸球体と袋状となったボーマン嚢(糸球体嚢)からなります。

ボーマン嚢の狭い内腔は尿細管に続いていて、尿細管は近位尿細管・ヘンレわな・遠位尿細管の各部からなり、その中に尿が流れています。

腎臓の機能

尿がつくられるのには2段階の過程をふみます。

第一段階は、血液が腎臓の皮質にある腎小体を通過するときに糸球体の部分で血球やタンパク質以外の成分が濾過されて出てきます。

これを『原尿』といいます。

原尿は尿細管に流れていきます。

原尿は1分間あたり約100mlで、一日あたりにすると約140lになります。

第二段階は、原尿には生体にとって有用な物質が含まれた状態で尿細管に流れ込んできます。

尿細管で有用な物質を回収して血中にもどす再吸収という作業と同時にホルモンなどが分泌されています。

再吸収で原尿の水分99%回収されます。そのため一日の尿量は約1.4lとなります。

生体に有用なブドウ糖、アミノ酸、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウムなどを再吸収しています。

ただし、ナトリウム・カリウムは全て再吸収されるわけではなく、血中濃度が基準値になるように再吸収されて、余分な量は尿中に排泄されます。

生体にとって不要な老廃物である尿素窒素やクレアチニンは濾過され体外に排泄されます。

腎機能に影響するホルモン

腎機能に影響するホルモンには抗利尿ホルモン、アルドステロン、心房性ナトリウム利尿ペプチド、副甲状腺ホルモン、レニン、ビタミンD、エリスロポエチン、プロスタグランジンです。

抗利尿ホルモンは脳下垂体後葉から分泌されるホルモンで、水の再吸収を促進させます。

アルドステロンは副腎皮質から産生されるステロイドホルモンで、ナトリウムの再吸収を促進させます。

心房性ナトリウム利尿ペプチドは心臓細胞から分泌されてナトリウムの排泄を促進させます。

副甲状腺ホルモンは副甲状腺から分泌されて腎臓でのリンの排泄、カルシウムの再吸収、ビタミンD産生を促進させます。

レニンは傍糸球体装置で放出されるタンパク質で、アンジオテンシンⅡを産生して、アンジオテンシンⅡはネフロンに直接作用してナトリウム貯留を促進しています。それと血管収縮作用をあわせもっています。

ビタミンDは腎臓で代謝されるステロイドホルモンで、腸管からカルシウム、リンの吸収を促進させます。

エリスロポエチンは腎臓で産生されるホルモンで、骨髄で赤血球形成を促進させます。

プロスタグランジンは腎臓で産生される多様な作用をもちます。

腎臓の病気

糸球体腎炎:扁桃炎・咽頭炎・などの上気道感染後10~14日に発病することが多いです。

小児や青年期の男性多く、女性の約2倍の発生が認められます。

腎炎の発生機序は体内に入った抗原(細菌・ウィルス、異種タンパクなど)に対して生体防御機構として抗体が産生され、抗原抗体反応によってできた免疫複合体が血液中を流れて網内系(異物を貪食することにより生体の防御に関与している細胞の総称)で処理されるのが種々の原因で腎臓の糸球体に沈着することで糸球体の組織障害がおこり、腎炎が発症します。

小児は大部分が数ヶ月で治癒しますが成人では60~80%の治癒率で残りは慢性に転化します。

ネフローゼ症候群:高度のタンパク尿、低蛋白血症、高脂肪血症、浮腫をきたす一群の腎疾患を指します。

原因よって一次性ネフローゼ症候群と二次性ネフローゼ症候群に分けられています。

一次性ネフローゼ症候群は腎臓に原発する糸球体疾患で、二次性ネフローゼ症候群は糖尿病やアミロイドーシスなどの代謝性疾患、全身性エリテマトーデスなどの膠原病、悪性腫瘍、腎静脈血栓症やうっ血性心不全などの循環器疾患、腎毒性物質、遺伝、妊娠など種々の原因によるものがふくまれます。

ネフローゼ症候群の診断基準は蛋白尿が1日3・5g以上持続、血清総蛋白量が6.0g/dl以下、血清アルブミン値が3.0g/dl以下、血清総コレステロール値が250mg/dl以上、浮腫の四項を満たすとネフローゼ症候群と診断されます。

悪性腎硬化症

悪性腎硬化症:悪性高血圧症にみられる腎病変です。悪性高血圧症とは著明な拡張期血圧(下の血圧)130mmHg以上、眼底の乳頭浮腫、急激な腎機能障害、全身の急激な悪化を伴うものをいいます。

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎:原因は常染色体優性の遺伝性疾患です。囊胞は胎生期から生じていて、大人になって成長をするにしたがい周りの正常組織を徐々に破壊していきます。囊胞の大きさは顕微鏡的なものから数センチになるものまでさまざまです。囊胞は液体で満たされていて、出血や感染を起こしやすい状態にあります。囊胞の存在により尿の停滞から腎結石が発生することがあります。

腎不全

腎不全:高度の腎臓障害のため生体の恒常性維持ができなくなった状態を指します。急激な進行で短時間・短日で腎不全状態に陥った状態を急性腎不全、慢性の腎疾患で徐々に進行して腎不全になったのを慢性腎不全といいます。

急性腎不全の多くは乏尿・無尿の時期を適切な処置で腎機能の回復が期待できます。しかし、慢性腎不全は腎機能の回復は望むことができません。

急性腎不全は原因により腎前性腎不全・腎性腎不全・腎後性腎不全の3種類に分類されます。

腎前性腎不全は腎臓そのものは異常はなく、大出血や脱水、心筋梗塞など腎臓への血液の量が減少して乏尿となります。

腎性腎不全は急性糸球体腎炎・膠原病性腎症・悪性腎硬化症など急速に進行する腎疾患によるものや薬剤による腎毒性物質・過敏反応によるものなどがあります。

腎後性腎不全は結石・凝血・子宮がんなど腹部臓器がんによる圧迫浸潤などにより、両側尿管の閉塞や両側尿細管内の結晶沈着(白血病治療時の尿酸など)による閉塞などがおこるためです。

腎臓病の症状

糸球体腎炎

糸球体腎炎:全身倦怠感・頭痛・乏尿(尿量が少なくなる)・血尿・浮腫(むくみ)などが症状としてあらわれます。

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群:最も著明な症状は浮腫です。浮腫が強くなると全身に認められるようになり、腹腔や胸腔にも浮腫液が貯まるようになって、全身倦怠感や食欲不振・下痢・乏尿などが現れます。

悪性腎硬化症

悪性腎硬化症:頭痛・視力障害・脱力感・体重減少などを訴えます。

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎:囊胞は直接痛みを起こしたり、囊胞への出血や感染、腎結石から痛みがおこることがあります。

急性腎不全

急性腎不全:乏尿期・利尿期・回復期にわけられます。乏尿期では腎血流量や糸球体濾過率が急激に減少して、尿比重の上昇・酸性尿・タンパク尿などがあらわれます。代謝性アシドーシスとなり、血液尿素窒素が上昇します。

利尿期では糸球体が先に回復して、その後に尿細管機能が回復するので尿の再吸収が遅れて原尿が多量に排泄されるため多尿となります。回復期は尿細管機能が回復して原尿の再吸収ができるようになり、尿は正常となります。

タンパク尿は糸球体基底膜を通してタンパクが漏れ出すためです。血尿は糸球体出血をまねく活動性の糸球体破壊によっておこります。高血圧はナトリウムや水の貯留でおこり、レニン過剰をともなうことも要因となります。浮腫はナトリウムや水の貯留でおこり、レニン過剰をともなうことが多いです。

タイトルとURLをコピーしました