カビの対策と掃除方法について。エアコンのカビの話も書いています。

カビの対策と掃除方法 ライフスタイル

雨季の季節は湿気が高くなり、対策を行っていかないと自宅にカビが発生してしまう原因となります。

まず対策方法として気を付けることは、湿度となります。雨が降っていない日は窓を開けて換気をし、空気を入れ替えるようにしましょう。

雨の日は換気扇を回して湿気を逃がすようにしていきます。凍らせたペットボトルを置くという方法もあり、こちらを行うことで空気中の水分を集めて部屋の湿気を除湿することができます。

湿気が溜まりやすい押入れや下駄箱などは、湿気取りを使って対策を行っていきます。湿気取りは購入されるのも良いですが、お菓子に入っている乾燥剤などを取っておいて置いておくのも効果的となります。他にも容器に重曹を入れることでも簡単な湿気取りとなるので、こちらを置くというのもおすすめとなります。

スポンサーリンク

カビの発生率を下げる

湿気以外にも、カビの栄養となるほこりや汚れを除去することでカビの発生率を下げることができます。浴槽や洗面所、台所などは水を使う頻度が高いため、重点的に掃除をしていきましょう。

カビに有効となるものとしては、エタノールになります。エタノールはカビを殺菌することができ、綺麗な状態を保たせることができます。

ただ、エタノールは白くさせる効果がないため、カビの黒っぽい汚れを落とすことはできないとされています。黒い汚れを落とすためには、塩素系や漂白剤を使うことで落とすことができるので、そちらを使って自宅を綺麗にしていきましょう。

カビキラーも殺菌することができて漂白作用があるため、そちらを使うのもおすすめとなります。

畳のカビの除去の仕方を説明します

カビは高温多湿の環境を好み、空気中のホコリを吸収しやすい新品の畳に発生・繁殖する傾向が高いと言われています。カビの除去は程度によって異なりますが、一見気付かないような軽度の場合は掃除機と雑巾のみでキレイにすることが可能です。

畳の掃除は天気の良い日に行なうようにし、十分換気をし掃除機で舞い上がらないように注意し目に沿って吸い取っていきます。

その後雑巾で目に沿ってよく拭き、この動作を数回繰り返します。このほかにお酢を水で薄めたものを使い、除去する方法もあります。お酢を使う場合は水分が残らないように、雑巾でしっかりと水気を取ることが大切です。

重度の黒カビの場合は洗浄力の高い酸素系漂白剤と重曹を利用しますが、畳が変色する可能性が高いため事前に隅び目立たないところで試してからにしましょう。

まず銃創と漂白剤を同じ割合で混ぜ、少量の水をいれてペースト状にしカビの気になる部分に塗り、乾いた雑巾でよく拭き取ります。重曹や漂白剤が残ると傷みの原因になるためしっかり拭き取ることが大切です。

漂白剤の臭いが残っている場合は固く絞った雑巾で拭いてから乾拭きという動作を繰り返すようにすると臭いが気にならなくなるでしょう。

風呂場のカビ対策 防止法と除去の仕方を説明します

風呂場のカビ対策ですが、カビというのは高温多湿を好みます。すぐに分かるように、風呂場というのは家屋の中でも高温多湿環境におかれやすい場所ですから、放置しておくといくらでも生えてくるということになってしまうのです。ということで、対策としてはできるだけ高温多湿の環境を避けることです。

とは言っても、何も水風呂に入れとか、シャワーを使うななどということではありません。普通に入浴する分にはさして問題はないというか、それすらも控えなければならないようでは何のための風呂場か分かりません。

そうではなくて、高温多湿の環境が長く続くようなことを避ければよいのです。具体的には、入浴後は換気をするようにしましょう。窓がある風呂なら窓を開ける、マンションのように窓のない場合は浴室換気扇が設置されているはずですので換気扇を回すということです。窓があっても換気扇をつけるとか、脱衣所から扇風機で風を送り込むといった対策は有効です。

それでももしカビが生えてしまったという場合は、市販のカビ取り剤を使うのが最も適切です。ある程度であれば普通の石鹸とスポンジなどでも取れますが、ある程度になってくるとこのような方法では厳しく、取りきれないからです。

壁紙のカビの落とし方を説明します

壁紙にカビが生えてしまった場合、市販されているカビ取り剤を使えばよいと考える人がいるかもしれませんが、市販されているカビ取り剤は主にお風呂用で、水場で使う事が前提の塩素系なので使用すると有毒ガスが発生したり、壁紙がボロボロになったり変色してしまったり、黒ズミが残ったりしてしまうので使わない方が良いです。

ではどのような落とし方があるのかというと、消毒用エタノールやお酢に重曹を加えて拭くと落とす事ができます。

まず消毒用エタノールと重曹を使う場合は、雑巾に消毒用エタノールを拭きかけ、その雑巾でカビをきれいに拭き取っていきます。消毒用エタノールは殺菌力が高いので、カビを一気に取り除く事ができます。その後壁紙を乾燥させたら、重曹を水で溶かしスプレーで壁に吹き付けて、それを雑巾で拭き取ります。重曹は汚れを分解する力があるので、カビが再び繁殖しないような環境にしてくれます。

次にお酢と重曹で汚れを落とす方法です。まずお酢を少し薄めてスプレーにして壁紙のカビに吹きかけます。あとは消毒用エタノールと同じように、乾いたら今度は重曹を吹き付けて雑巾で拭き取れば汚れはきれいに落とす事ができます。

お酢を使うメリットは小さい子供やペットがいる場合は消毒用エタノールより安心して使えるという事です。万が一なめてしまっても安心ですし、エタノール臭が苦手な人はお酢を使うと良いです。

押し入れのカビ対策 防止法と除去の仕方を説明します

押入れには常にものがしまってあり、風通しも悪いため、カビが生えやすい場所と言えるでしょう。カビをはやさないための対策としては、定期的に換気をすることが大切です。元気が良い日にはる移住の窓を開けて換気をし、押入れのドアも開け放しておきましょう。

この時に押入れは片方のドアを開けるだけではなく、両サイドをあけると空気の流れができて効果的です。また換気ができない場合には、扇風機などを使って湿気を逃すこともできます。またものを詰め込み過ぎないことも大切です。

もしも押入れにカビが生えてしまった場合には、まずは収納している荷物を出しましょう。そして荷物のチェックも行います。カビが生えているものはすぐに掃除しなければ、胞子が飛び散り、再びあちこちに飛びちってしまいます。押入れの壁や床にカビが生えてしまった場合には、消毒用のエタノールで除菌をします。カビの色をどうしても落としたい場合には、漂白剤を使って斑点を落としましょう。

基本的には壁の材質を傷めたり、色が変わってしまうのでお勧めしませんが、壁の縁など目立たないところで試してから行うとよいでしょう。またひどい場合にはやすりで削る方法もあります。その際になかにもカビが根を生やしているようであるが、殺菌と漂白をもう一度行いましょう。

カビの種類について

カビは約8万種類以上存在しているといわれ、膨大な種類がありますが、家庭の中でよく見かけるものは大きく分けると4色に分けられます。

そのなかに、無害な「良いカビ」と有害な「悪いカビ」があるのです。

黒いカビ(クラドスポリウム)は、家のなかの多く存在しています。結露した窓枠や近くにあるカーテン、エアコンなどいたるところに発生します。黒色タイプの1種「エクソフィアラ」は、傷口などから感染すると皮膚炎などをおこす危険性があるのです。

抗生物質のペニシリンが発見された青カビ(ペニシリウム)は、有害なタイプと無害なタイプがあり、無害なものは、ブルーチーズなどに使用されています。

有害なものは、「マイコトキシン」という毒をつくり、ガンの原因にもなるのです。

白いカビの主な種類は、コウジ(アスペルギウス)、カワキコウジ(ユーロチウム)、醤油や味噌づくりに使われることもあるのです。やはり有害と無害なタイプがあり、無害なものは食品に使われ、有害なものは肝障害や腎障害の原因にもなるのです。

赤いカビ(フザリウム)は、麦やトウモロコシなどの穀物に寄生しています。色は、ピンク、紫、薄い黄色などがあり傷んだパンやごはんに生えてくるのがこのタイプです。危険な「マイコトキシン」をつくりだし汚染された食品を食べると、嘔吐や下痢などの食中毒を引き起こすのです。

白カビの除去の仕方

押し入れや窓枠の木の部分に白カビが生えると嫌な気分になります。白カビは木材に生えやすく湿気を好むので、押し入れや窓の近くはいくら換気しても生えてしまうことがあります。生えてしまった白カビを除去するにはどうしたらいいのでしょうか。

そのままにしておくと広がってしまうので早めに取り除くことをおすすめします。まずは生えている白カビを雑巾などで丁寧にふき取りましょう。カビが広がらないようカビの部分だけ拭いて取り除いてください。それから漂白剤や消毒用のエタノールをふりかけます。そうすることで除菌ができ、再び白カビが発生するのを抑えることができます。漂白剤は色を落とす作用があるので注意しましょう。その後雑巾で薬剤をふき取って充分に換気をして乾かしてください。

やはり白カビは生えてしまう前に予防した方がいいようです。特にじめじめと湿気の高い梅雨の時期や結露のできやすい冬は白カビが発生しやすいので注意しましょう。できるだけ窓を開けて換気をすることが大切です。また、押し入れの空気がこもらないよう時々開けることと、中に物を入れすぎないようにしましょう。空気の通り道を作ることでカビの発生を抑えることができます。

黒カビの取り方

黒カビの取り方としては、奥まで張った菌糸も含めて取るということが大切です。表面の部分だけを処理しても上手に取れませんので注意しましょう。また黒カビを取るときには胞子が飛び散らないように注意することも大切です。処理に使った雑巾やキッチンペーパーもビニール袋に詰めて処理するようにしましょう。

黒カビを取るにはカビ取り剤を使います。表面が濡れていると薬剤が薄くなって効果も出にくくなりますので、濡れていたら先に拭いておきましょう。奥までしっかり浸透させて殺菌することが大切です。

そのためにはカビ取り剤をつけてすぐに流したり、ブラシでこすったりせずに、放置する時間を作ることも大切です。カビ取り剤が乾かないようにキッチンペーパーやラップを使って表面を覆っておきます。三十分から一時間を目安に放置し、それから水で流しましょう。

50℃以上のお湯をかけると熱による殺菌効果も得られます。

菌は熱と消毒、乾燥に弱いです。洗い終わったら、しっかり乾燥させておきましょう。黒カビは消毒にも弱いですから、アルコールを利用するという方法もあります。菌そのものは取れても黒い色はアルコールではとれませんので、予防のために利用するとよいです。

カビの臭いを取る方法について説明します

梅雨明けの季節はカビの臭いが気になるものですが、湿気があると梅雨の季節ではなくてもカビは生えるので全く油断はできないです。

そのためどうすればこの嫌な臭いを取ることができるのか考えるのはとても重大なことで、このことに関して悩んでいる方が沢山います。

そこでカビの臭いを取る方法について説明したいと思いますが、大切なことは基本を押さえておくと言うことでそれほど難しいことをする必要はないと言うことです。

例えばお風呂場にカビが生えると大変なのでそれを見つけたら直ぐに掃除をしなければなりませんが、その場合に擦って落とそうとしたら逆効果になってしまうことがあります。

タイルの目地のカビは擦ると飛び散って吸い込んでしまい余計広がってしまうことがあるので、専用の漂白剤をかけて5分位してから洗い流すようにした方が良いです。
もちろん掃除中は必ず換気扇を回して外気が入るように窓も開けておく必要があります。

また押入れを開けるとカビ臭いと感じることもありますが、その時には直ぐに行動を起こし臭いを取ることが重要です。

押入れは天気の良い日に開けて扇風機で風を送れば埃が出て来ますし、その間に掃除すれば嫌な臭いを取ることができます。

このようにカビの臭いは特別なことをしなくても取ることができるので、あまり深刻に考えずに基本をしっかりと押さえることが大切です。

【要注意!】エアコンのカビの怖い話

自分で表面的にはキレイに出来る、でも!?

エアコン掃除・クリーニンググッズが売っています。これを使えば、それまで嫌な臭いがしていたのに芳香剤の爽やかなニオイがして、一見キレイになったように感じますよね。ところが!汚れや臭いの本当の原因はエアコンの内部に潜むカビなどによるものなのです。

表面的にキレイにしても内部のカビなどを取り除かなければ実はまったく本質的に解決されていないのです。

エアコン内のカビの発生原因の一番多くは、「結露」です。エアコンを稼働させているときはエアコンの内部が冷えた状態になっています。そして電気を切って止めるとエアコンの外の暖かい空気との温度差から結露ができます。エアコンを切ったばかりの高湿の状態に埃と水分加わるのですから、カビが発生するには最高の状態になってしまいます。

このカビを防ぐには家庭でも定期的にエアコンのフィルターをお掃除したり、酷い汚れはエアコン掃除業者に依頼する必要があります。メーカーでも行ってくれますし、今はハウスクリーニングの業者他、引越し会社でもエアコンの掃除も請け負っています。

普通の掃除でしたら1万円前後でやってもらえます。分解掃除となるとエアコンが故障する可能性がありますから、責任を持ってやってくれる業者を選ぶ必要があります。

エアコンとカビと電気代の関係はある?

日本のあつ~~~い夏には欠かせない電化製品「エアコン」。シーズンを迎えて初めて使う際、エアコンの臭いやどこかホコリっぽい風が気になることはありませんか?(≧ヘ≦))

これは、エアコン内部のカビやホコリといった汚れが原因です。そのままにしておくと、風量が落ちてエアコンの機能が発揮されないばかりか、喘息などの病気の原因になる可能性があります。更に、「全然部屋が快適にならないぞ!?」とガンガン設定温度をあげてしまい、電気代がかさむという恐ろしいことになるかもしれません( ̄ロ ̄lll)

あるエアコンメーカーが、「一般家庭で5年以上もカビなどの汚れを放置したエアコンを掃除する」という実験を行いました。すると、掃除をする前と後では、電気代がなんと!1.5倍も違ったそうです!!

一体何故、電気代に差が出てくるのでしょうか?

一番の原因は「カビの有無」です。エアコンを稼働させているとき、エアコンの内部は冷えています。その後電源を落とすと、エアコンの外を流れる暖かい空気との温度差から結露ができます。この「結露」が原因でエアコンにカビが発生してしまうのです。

カビが出るのを防ぐには、エアコンのフィルターを定期的に掃除するのがイチバンです☆ですが、フィルターを掃除するのは家庭ではなかなか難しいもの。それに、あまりに汚れが酷いと家庭ではどうすることもできません。エアコン掃除業者に依頼した方が良いでしょう。

メーカーやハウスクリーニング業者、引越し会社など、エアコンの掃除を請け負っている業者はたくさんあります。値段は会社によって違いますが、だいたい1万円前後といったところです。ただ、もしエアコンを分解して掃除することになった場合、故障してしまっては困ります。そのため、工事の際何かあっても確実に保証をしてくれる業者を探したいところです。

エアコンが臭い! そのニオイの原因を放おっておくと、けっこう大変なことに・・・

エアコンから嫌なニオイがしてきたら?

エアコンも電化製品である以上、買った後も手入れをしなければすぐに汚れがたまってしまいます。そうなると、必然的に冷房効果も悪くなり、電気代がかさむ結果になります。この状態になっても尚手入れをせず放置しておくと、最悪壊れてしまう可能性もあるのです。エアコンから嫌なニオイがしてきたときは危険信号です。

使いはじめたばかりのときは、それまでたまっていたホコリなどが原因で嫌なニオイがすることも多いですが、そういったニオイとは別の、かび臭い嫌~~~~なニオイだった場合、黒カビがエアコンの内部やフィルターを詰まらせている場合が多いです。

黒カビまじりの風が原因となり、咳がとまらないなど健康に支障をきたす恐れだってあると言われていますが、少なくとも身体に良いわけはないでしょう。

せっかく買ったエアコン、壊れる前にきちんと手入れをしておきたいですよね。ですが、「忙しくて手入れする時間がない!」「エアコンの掃除の仕方がよくわからない(泣)」など、なかなかスムーズにいかないと思います。

そのような方は、エアコン掃除の専門業者を呼んで徹底的にクリーニングしてもらうことを考えても良いかもしれません。

とはいえ、専門業者はたくさんありますので迷ってしまう方も多いことでしょう。

失敗しないためには、以下の3つのポイントを押さえておくと良いです。

【エアコン内部の知識の深さ】

エアコンの知識がないとすみずみまで綺麗に掃除できる保証がありません。最悪、壊してしまうことも考えられます。

【使用するエコ洗剤】

掃除の際、強い薬品ばかりを使えば良いとは限りません。環境問題に配慮されているのか、十分な中和作業やリンス作業がきちんと行われるのか確認しましょう。

【高圧洗浄でなければダメ】

高圧洗浄は確かに強力で汚れも落ちますが、高圧洗浄機の水圧が届かず一度分解しないと洗浄しきれない部品もあります。高圧洗浄のみを声高に叫ぶ業者にも注意が必要です。上記のポイントを参考にする他、インターネットの口コミサイトを見てみることもオススメです^^

ダスキンのエアコン掃除

エアコンは手入れをしないと効率が悪くなって冷え方が悪くなるばかりでなく、カビの発生源になったり、喘息やアレルギーなどの障害を引き起こしますから、定期的なお掃除が必須です。お掃除には、普段こまめに埃を落として綺麗にしておくほか、数年に1度はエアコン掃除の専門業者に出すことが望ましいといえます。

そんなエアコンのお掃除の専門業者に「株式会社ダスキン」があります。ダスキンはハウスクリーニングの専門業者としてすでに多くの方にお馴染みの会社です。ダスキンの設立は古く、昭和38年設立というこの業界では一番の老舗の企業です。それだけに信用もあつく、難しいエアコンの掃除を安心して依頼することができます。

ダスキンは、ハウスクリーニング業界では操業も一番早く、日本でいち早くフランチャイズシステムをとり入れたのもダスキンです。現在では、環境衛生などの各種事業を展開する他、ハウスクリーニング業界では押しも押されもしないトップの企業として君臨しています。

ミスタードーナッツもダスキンの会社が運営していて、ダスキンの製品を利用するとミスタードーナツの割引券をもらえるのも楽しみです。

エアコンは定期的な内部の掃除が欠かせません。エアコンから異常な音や、臭いが感じられたときはすでに危険な状態と言えます。そのままにしておいたら健康被害まで引き起こしかねませんが、エアコン内部の徹底的な掃除は、専門業者でなければ無理があります。そんなときは、長年に渡る技術と信頼のダスキンを頼るのも良いですね。

タイトルとURLをコピーしました