拡張子の種類、動画、変換するソフトなどの拡張子の説明です

拡張子 特集

拡張子とは使用するソフトウェアを識別する文字列のことで、ファイル名の後にドットを付けて表記します。

例えば、FIEL.txtであればtxtという拡張子を認識して、メモ帳を開くことができます。

拡張子だけを変えて、FIEL.docにすればマイクロソフトのWordを開くことができます。

スポンサーリンク

動画の拡張子

文字ファイルや静止画ファイルであれば拡張子によって使用するソフトウェアがわかりますが、動画ファイルは必ずしもそうとは限りません。

なぜなら、文字ファイルや静止画ファイルのように一種類のデータではなく、映像データと音声データの二種類のデータがあるからです。

それぞれのデータが同時に再生されることで動画を見ることができます。同時に再生できないと、映像は見れても音が出なかったり、黒い画面で音だけが出ることになります。

また、映像データと音声データが同時に再生されないと、音ずれが起きることもあります。

コンテナ

映像データと音声データを格納したファイルのことを一般的にコンテナ(箱)といわれています。

映像データと音声データは多くの種類があるため、それぞれのデータの組み合わせによって、いくつものコンテナが存在することになります。

このコンテナの種類を表したものが動画ファイルの拡張子になります。

映像データ

映像データは静止画の集合体です。いくつもの静止画を連続再生することで、動いているように見せます。

再生するためには多くの静止画が必要になるため、映像データは大容量になります。

音声データ

音声データも音の周波数の集合体なのでデータ容量は少なくありません。

それぞれのデータの容量を抑えるために、圧縮した状態にして保存します。

コーデック

DVDやブルーレイディスクに収録されている映像データと音声データも同様に圧縮されています。動画は圧縮したそれぞれのデータを解凍することで再生できます。

圧縮したデータは鍵を使って、解凍します。この鍵のことをコーデックといいます。

映像データと音声データに合った圧縮方法が開発されるため、多くの圧縮方法があります。それと比例して、解凍に必要なコーデックも多くの種類があります。

ほとんどのコーデックはインターネットで無料ダウンロードできますが、配布サイトを探してダウンロードするのは慣れていないと大変ですので、多くのコーデックを搭載した再生ソフトをダウンロードするのが面倒な手間を省くことができます。

動画ファイルは映像データ、音声データ、コーデックが対応している状態になっていないと再生できません。

携帯端末やゲーム機で対応している映像データ、音声データ、コーデックは限られているため、動画ファイルを携帯端末やゲーム機で見ることができないことがあります。

このような時には携帯端末やゲーム機でも再生できるMP4ファイルなどに変換できるソフトが無料でダウンロードできます。

ただし、全てのファイルに対応しているわけではないので、変換できないファイルも存在します。

タイトルとURLをコピーしました