カニ入りの酢の物のレシピ

カニ酢 グルメ

<材料>(2人前)
○かに:かに缶なら半缶、剥き身なら3~4本
○わかめ:30g
○きゅうり:2分の1本
●砂糖:大匙3~4
●お酢:大匙3
●醤油:大匙2

<作り方>
きゅうりを板ずりしてから薄く切り、塩で揉んで置いておきます。わかめは生わかめなら洗って塩を取り除いてから一口サイズに切り分けます。乾燥わかめなら水に戻しておきます。

●の材料を混ぜて三杯酢を作ります。大匙スプーンを使って書いてある順に入れると途中洗う必要がないのでスムーズです。味見をしてみて砂糖をお好み量に調整してください。

三杯酢にかにを混ぜます。ほぐし身でも棒状でもどちらでも大丈夫ですが、棒状の場合はほぐさずそのまま入れると器に盛った際にきれいに盛れます。

塩で揉んでおいたきゅうりを軽く洗ってよく絞り水気を取ります。時間のあるときにはキッチンペーパーをひいた上にきゅうりを敷き、しばらく置いておくことで水気を切ることができます。わかめも同様に準備したらきゅうりと一緒に三杯酢へ入れます。

軽くかき回してから、そのまましばらく漬けておき味を全体に浸み渡らせます。30分以上経ったら器に盛って完成です。

<ポイント>
棒状のかにを使用する際は器に盛るときまで形が崩れないようにするため、わかめときゅうりを入れるときには別の器へ非難させておいたほうが安心です。

三杯酢をきれいなビニールの中で作っておくとまぜるのも漬けておくのも楽なのでオススメです。特にジッパーのついたものだと保存にも場所を取らないので便利です。

カニ酢の作り方

カニ酢を使うとカニを食べる際により一層美味しく食べる事ができます。カニ酢の適度な酸味と甘みがカニ本来の甘みを引き出してくれるのです。カニ酢は多くの物が市販されていますが家庭で作る事もできます。その方法は簡単で一般家庭に常備されている調味料があれば誰でも簡単に作る事ができます。

まず昆布とかつおの出汁をとります。その後に薄口醤油、みりん、酢を加えていきます。ここで使う酢は通常の酢でもいいですが米酢や穀物酢、ポン酢を使うとさらに味に深みが出ます。米酢はカニ酢の味わいをまろやかにし、穀物巣は酸味を強くしすっきりとした味わいにします。ポン酢は濃い味わいを楽しむ事ができます。出来上がった物は一晩寝かせるとさらに美味しく仕上がります。

さらに食べる直前に好みでショウガを加えると新たな味わいがでていいかもしれません。このようにカニ酢はどこの家庭でも手軽に作る事ができるのです。その作り方、材料によって色々な味わいを楽しむ事ができます。同じカニを食べるためでも味をアレンジする事でさらに美味しくカニを食べられるかもしれません。

カニ酢はさっぱりとしているので沢山の量でも食べやすいのです。さらに酢は体にいい効果をもたらしてくれます。疲労回復や、血液をサラサラにする効果、代謝を高める効果などです。カニ酢はカニを食べやすくするだけでなく、これだけの効果を得られるのです。カニを食べる際には是非カニ酢を使うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました