かに通販を利用する際の不安点はどんなことがあげられるでしょうか?

蟹 グルメ

かにの通販を利用するのがいまだに不安だ・・・そう感じていて利用をためらっている人もまだまだ多いですね。

どのようなところに気をつければ良いのでしょうか?、このページではカニ通販の不安点を解消できる上手な利用方法などをご紹介しております。

鮮度は大丈夫か? かに通販の不安点

通信販売で生鮮食品を購入する場合、気になるのが『鮮度』ではないでしょうか。

生ものですと鮮度が悪ければ味は落ちますし、最悪の場合食べられなくなってしまいます。通販でかになど生ものを購入すると鮮度など、どのような状態で届くのかは届いてみないとわかりませんし、配送に少なくとも1日~2日はかかるのですから尚更不安になりますよね。

ですので鮮度を保つ為、生鮮食品を通販で購入する場合はほとんどが冷凍便で届きます。冷凍便ですと収穫した後すぐに冷凍してあるものが届きますので、配送に時間がかかっても冷凍状態が保たれていれば鮮度が落ちる心配はありません。それに冷凍便で届くものはお店でも冷凍状態で保管されていたものが多いので、お店で保管中に悪くなる、というのは考えにくいです。

ですが一旦冷凍するのですから、冷蔵状態で保管していたものよりも味が落ちるという欠点があります。これは昨今の冷凍技術によりさほど違いがないよう工夫はされているのですが、やはり冷凍は冷蔵よりも味が落ちる、というのは認識として共通のようです。

しかしそもそも鮮度を気にしすぎると通販は出来ませんので、お店により保管方法は違うかもしれませんが冷凍や冷蔵による味落ちは納得の上で購入するようにしたほうがいいでしょう。

ですがそれでも出来るだけ美味しいものがいい、と思うのは当たり前ですから、不安な方は保管の状態や産地、いつ取れたものかなど詳しく書いてあるお店を選ぶようにするといいですよ。

産地や味は大丈夫か? かに通販の不安点

インターネット通販でもカタログ通販でもチラシでも、今は食品を販売している所はほとんどが産地をきちんと記載しています。生産地は商品を購入する際の重要な要素ですので、きちんと記載されてあるととても助かりますし良いものだと購入意欲がわきますよね。ですが、通販で食品を購入する場合産地が記載されてあるかどうか、よりも記載されてある産地は偽装されたものでないかどうか、というのを心配なさる方が多いようです。

一時期産地偽装はニュースを騒がせ、大きな話題になりましたし気になるのは当たり前かもれしれませんね。インターネットでもカタログでも、店頭よりも産地の偽装はしやすそうだから、という理由で記載されてある産地が信用できない方、不安に思っている方は沢山いらっしゃるのでしょう。ですが、消費者として書かれてあることの真偽を確かめるのははっきり言って無理です。お店に直接産地偽装してませんか?なんて尋ねても、はい偽装してます!なんて答えるところは皆無でしょうし、ほとんどが正確に記載しています、と答えるでしょう。

これは店頭でも一緒です。ですのでどうしても偽装が不安な方は、その不安を取り除く為には自分自身が市場に行ってそこで自分で買い付けを行うしかないですよね。ですがそんなことは簡単には出来ない訳で、結局出来る事といえば信頼の出来そうな運営企業のお店で買う、とかの自衛の手段だけです。

まあまとめとしては神経質になりすぎず、不安な場合は信頼の出来そうな会社を探して価格と条件のつりあいの取れたものを購入する、のが一番なのではないでしょうか。味についても価格が安すぎたりせず、信頼の出来そうな会社が販売しているものを選ぶようにするとそこまで酷い目にあうことはないでしょう。

支払い・配送 かに通販の不安点

通販で一番トラブルになりやすいのが『支払い・配送』です。

支払いのトラブルとしては、クレジットカード払いにしていたら二重に引き落とされた、とか金額が違った、とかがありますね。これらのトラブルは消費者としてはお店に不信感を持ってしまいますし、今後の購入に多大なる影響を及ぼします。

そして配送に関するトラブルですが、これは指定した日時を守られなかった、というのが一番多いです。指定した日時を守られなかったら受け取り出来ませんし、生ものですから出来るだけ早くきちんと受け取りたいです。だから自分が受け取り可能な日にち・時間を指定している訳で、それを守られなかったらかなり困りますよね。

ですが配送に関するトラブルは一概に販売店が悪い、とは言えません。まれに販売店はちゃんと日にち・時間指定していたのに配送会社がその確認を怠り、指定した日・時間に配送できなかったというケースもあります。そしてかにを購入した本人が時間・日にち指定したと思っていたけれど実は指定できていなかった、というケースもあるのです。

支払いトラブルは悪徳会社やルーズな会社に引っかかってしまうと防ぐのは難しいですが、配送に関しては間違いが起こらないようまず自分がきちんと指定しているかどうかを確認するようにしましょう。そして販売店側の確認ミスから起こるこれらのトラブルを避けるためには、購入するかにを選ぶときに信頼の出来るお店かどうかをもきちんと見て出来る限り自衛するようにしましょうね。

商品内容が記載どおりか? かに通販の不安点

かにを通販で購入する場合、カタログでもインターネットショッピングでもそのページに書いてある情報、かにの種類だとか内容量だとかを元に購入を検討し、注文しますよね。ですので商品ページに書いてある情報が正しくなければ買った意味がありませんし、だまされた!なんて怒りがこみ上げてくることもあります。

ですが商品ページに書いてある情報が正しいか・正しくないかは実際に買って手元に届かない限りわかりません。なので自衛はとても難しいのです。でも出来る限りそんな詐欺のような目にあわないように、商品レビューを見るとかお店のレビューを見るとかしてきちんとしたお店なのかを確認しなければなりません。

そして商品情報が正しくない場合どこに訴えればいいのか、ですが、よほど酷ければ消費生活センターに電話して相談することも出来ますが、支払った金額の払い戻しとか処罰とかは難しいようです。それにかにでよくある思ったほど身が入っていないとか、身が細いとかいうのは被害にあったとは言えませんのでしかるべきところで対処を、というのは無理な話です。ですのでやはりそういったいやな思いをしないでいいよう、自衛につとめるのが一番だという事ですね。

通販ではそういったトラブルやいやな思いをすることも沢山ありますが、その分価格は実店舗より大幅に安いことが多いので自分の見る目を磨いてよいものを探し出せるように頑張りましょう。

また最後になりますが、家にはかりがある方は届いたかにがちゃんと記載どおりの量あるかどうか量って調べておくのもいいですよ。重さは見た目ではわかりませんし、きちんと自分の目で確かめておくのも大事です。

価格とのつりあい かに通販の不安点

どんなものを買うにせよ、価格と品質のつりあいが取れているかどうかはとても大事な事です。

良いものが高いのは当たり前ですし、その逆もしかりで、通販でも普通の買い物でもそうではないものを探すのが楽しいんですよね。良いものが安値で買えたらうれしいですし、あまり良くないものでも損でないだけの低価格で買えたらそれもそれでアリですし。

ですので通販でかにを買うときも、この商品はこの金額を払っていいものか?と考える方は多いでしょう。妥当な金額かどうかは実際にかにが届いて自分で見てチェックしないとわかりませんが、損をするのはいやですから買う前にしっかりと熟考すべきです。

そこで価格と釣り合いが取れているかどうかの調べ方ですが、通販で買う場合ほとんどのものが量は多いが低価格で、この金額でこれだけの量のかにが食べれますよ!というのを売りにしています。ですので量に対してこの金額は安い、と思い購入する方は多いようですがそれですっかすかのかにだったり身が細くておもちゃみたいだったりしたら損ですよね。

ですので量もいいですが、まずはかにの種類、どの部分が入っているかを注視するようにするといいかと思います。美味しいかにを食べたいから買うのであって、安い値段でもすっかすかの満足度の低いかにだったら損した気持ちになってしまいますから。

まずはかにの種類や入っている部分から絞って、その後に価格と量を考え自分の理想に合ったかにを選ぶようにするといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました