かに料理を楽しみましょう~調理方法のいろいろ

かに料理 グルメ

かにの調理法は日本各地を見てもたくさんの方法があり、さらには世界各地を見るともっと多くの調理法によってかには人々に食されています。様々な調理法があるため流通時点で加工されたり、そのままの状態で売られたりと販売されている形態も違っています。

代表的な調理法は茹でる、というものだと思います。茹でたものをそのまま食べることもありますし、茹でてあとでほぐして炒めものに入れたりお鍋に入れて煮たり、お鍋なら生の状態から入れることもあります。と、同じ料理に使うにも利用方法も様々な形を取れます。

魚屋さんやスーパーなどで見かけるかには生きている状態で売られている家庭で茹でるところから調理するものから、既に食べやすいように切ってあり茹でられたもの、ほぐして細かくなっているほぐし身の状態など様々です。また、茹でたあとで殻から出され剥き身の状態になっているものは冷凍されていることも多いです。

珍しい調理法としては沢がにを獲ってきてすぐ新鮮なうちに殻ごとうすに入れて突き殻も身もみそも粉々ぐちゃぐちゃにしていきそれをこして食べるときに邪魔になる殻などの部位を取り除きそれを丸めてスープや味噌汁にいれるという方法もあります。

ゴンゴン突いている様は、見慣れないとかにがなかなか凄惨な姿になっていくので驚いてしまうかもしれませんが、かにのうまみがたっぷりと出てとても美味しいので一度食べると病みつきになってしまうかもしれません。

チャーハンに入れるもよし、スープにするもよし、万能な食材のかにですがやはり高級なので普段はかにに似たカニカマを使うという家庭も多いかもしれませんが、見栄えが似ているだけで一般的に売られているカニカマにはかには入っていないので少しでもかにが入っているものを求める場合には表示をよく見ることをオススメします。

スポンサーリンク

和食や洋食、中華などの分野関係なく

カニ料理には和食や洋食、中華などの分野関係なく多くの物があります。カニはどんな料理にでも合わせやすい食材なのです。カニ鍋やカニしゃぶなどのカニの食感を楽しむ物やカニクリームコロッケやカニチャーハンのようにその風味、香りを楽しむ物まで、その種類は数え上げればキリがありません。

カニの種類によってそれに合うカニ料理も異なってきます。肉厚な身が特徴なタラバガニは焼きガニや茹でタラバなどの料理が適しています。肉厚な身をそのまま食べる事で食感をしっかりと味わう事ができます。

甘みの強いズワイガニはカニしゃぶや、かにすきなどのカニ料理が適しています。新鮮な物に適度に火を通す事でカニ独特の甘みをしっかり味わう事ができます。ズワイガニのカニみそは甘みが強いのでカニの身と一緒に楽しむ事ができます。

カニみそが濃厚で量の多い毛蟹は味噌汁や鍋などの出汁を味わう料理に向いています。毛がにのカニみそを出汁に加えるだけでカニの料理の味わいがより一層深まります。毛がにの身は他のカニに比べると少ないですが、カニチャーハンやカニクリームコロッケなどのカニ料理に利用すれば余すことなくカニを使うことが出来ます。

カニ料理は使うカニの種類、部位をうまく使い分ける事によって美味しく仕上げる事ができるのです。カニ料理を作る前に相性の良いカニの種類、部位をしっかり把握しておくといいでしょう。それによって調理法や作業中のポイントも異なってくるのです。

かに料理レシピについて

これからの季節人気のあるかに料理、じつは低カロリーでダイエットにもとても良く、美容に気を遣う女性にもオススメの食材です。高級なレストランで食べる質の良いかに料理というのは普段あまり食べる機会がないという人も、たまには食材をお取り寄せしたりして、ヘルシーなかに料理を楽しんだり、豪華でスペシャルな日の料理にしたりと、楽しみ方はさまざまあります。

かには高級レストランで食べる料理だけではありません。お取り寄せすれば全国どこでも新鮮で極上のかにを仕入れることができますし、家庭でもかに鍋にするだけではもったいないとおもいます。たくさんのかに料理レシピがありますから、家庭でもかに料理を思う存分堪能できるようにさまざまなレシピをご紹介していきたいとおもいます。

そのためにはまずかにに含まれている栄養素やどんな食材に合うのかなど、かに料理に関する基礎的な知識があると料理がしやすいでしょう。そして特にダイエットや美容を気にする女性の為のメニューなどもオリジナルのものをご紹介していきたいと思います。

そしてレストランで食べるような特別な料理から、毎日食べても飽きないような家庭の味などさまざまな食材についてご紹介していきたいと思います。おいしく作るコツは、自分好みに自分流のアレンジを加えること。料理が得意な人でないとなかなか難しいかもしれませんが、そういう人も見よう見まねで作っていたらコツをつかんでいくとおもいます。

初心者が上手くなるにはまずレシピに忠実にしたがい、味見をしながらすすめていくことですが、上級者は自分なりにアレンジを加えて新しいメニューで自分好みの味にしていくことです。

もしもなかなかおいしくできない場合は、レシピ選びを見直してみることも大切ですが、かに料理に関してはかにの旨味を活かせるようなレシピを探しだすことです。かに本来の味を楽しめるようなレシピの方が、かにを上手く味わえるコツなのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました