かに玉を美味しく作るレシピ カニ缶を使ったバージョン

かに玉 グルメ

<材料>(2人前)
○かに缶:1缶
○長ネギ:1本
○卵:3個
○ウェイパー:大匙2分の1
○ごま油:大匙1/ひと回し
●水:150ml
●ウェイパー大匙1
●醤油:大匙1
●塩:少々
●砂糖:小さじ2
{●水、片栗粉:それぞれ小さじ3}

<作り方>
かにはほぐして、かに缶に残った汁は取っておきます。(中の紙は捨ててください。)長ネギは斜め薄切り、卵は溶いてからウェイパーとかに缶に残った汁を入れよく混ぜておきます。

中華鍋もしくはフライパンにごま油を入れ煙が見えるまで温めてから長ネギを入れます。しんなりするまで炒めたらかにのほぐし身を入れ軽く混ぜたら卵を入れます。30秒したらグルグルとかき回して長ネギやかにを全体に行き渡らせます。

全体に混ざったらそのまま放っておきます。周りが固まってきたら鍋をゆらしてこげつかないようにします。中心にもある程度火が通ったかどうかの判断は、鍋をゆらしたときに全体がクルクルと回り見た目には固まっている中に卵の液が少し見える状態になっているのがよいタイミングです。

火をとめ器にひっくり返して盛ります。このときに今まで裏側だった部分が上になるので裏側が火の通った状態になっているとまだ火の通ってなかった部分も蓋をされ蒸されるのでちょうどよいとろとろ加減になります。

●の{}以外の材料を空いた鍋に入れてかき回しながら沸騰させていきます。ぐつぐつとしてきたら水溶き片栗粉を作って、鍋を揺らして中の汁を回しながら糸状に水溶き片栗粉を入れていきます。全部入ったらぐつぐつさせたまま箸でかき回していきます。とろみがついたら先ほどの器にかけいれて出来上がりです。

<ポイント>
卵のふわとろ具合と餡のとろみが肝心なので卵をあげる見極めが大切です。水溶き片栗粉は入れたあとも沸騰させながらかき回すとほどよく仕上がりますよ。

スポンサーリンク

かに玉 フランスに住んでいた方のレシピ

かに玉は家庭でできるしかもかに缶を使って美味しくできるメニューなので、沢山のレシピがあります。今回は私オリジナルの簡単かに玉レシピをご紹介したいと思います。

まずたまねぎ、かに缶、チャーシューのみじん切りをかるく炒めて、たまごとグリンピースを加えます。中華スープ、ごま油、塩コショウ、醤油、片栗粉などを合わせたあんを作って、はじめのたまごに掛けたら出来上がりです。

簡単ですが、卵が固まらないように注意することと、あんのとろみに気をつけることが大切です。私は卵にいつもお醤油とコショウなどで軽く味付けをします。たまに砂糖をいれて甘くしたりもします。

ちょっとというか大分違うかもしれませんが、かに玉は私にとってスペイン風オムレツのような感じです。ヨーロッパ在住時によく作っていたメニューです。なので私はあんを掛けるのがあまり好きではなく、かに玉なのにあんなしということも私が作るとしばしばです。どうにもあのあんのどろっとしたかんじがヨーロッパにはなく苦手なんです。

でもあんがないとただのオムレツになってしまいますね。あくまでフレンチオムレツではないし、具材からしてもじゃがいもを入れちゃったら完全にスペイン風な感じがします。でもかには卵に本当によく合うのでただのオムレツに混ぜても本当に美味しくでき上がります。私はそれにマヨネーズをかけて食べるのが好きです。かに玉をそのままご飯にのせてしまっても美味しいですよね。

タイトルとURLをコピーしました