加齢臭を防ぐことができる!?その対策とは

健康

加齢臭を防ぐには、まずは清潔さが大切です。

人間が一日活動すれば、皮膚は汚れてきますし、汗や脂肪分が皮膚表面につくことになって衣類も汚れてきます。

これを放っておくとニオイのもとになります。特に夏場は汗がたくさん出るので、気をつけるとよいでしょう。

衣服は清潔に洗濯したものであることは当然ですが、夏は気づいたときに汗をぬぐったり下着をこまめに取り換えたりするとよいでしょう。

汗を吸収しやすい布地を選ぶとよいです。衣類全部を着替えなくても、皮膚に直接触れる下着を取り換えるだけでも効果はあります。

特に汗っかきの人は、通気性のよい綿など生地の衣類を選ぶと、ニオイを防ぎやすいでしょう。

洗濯は、汗や汚れをしっかり落とすことがニオイの元を絶つことになります。皮脂汚れを落としやすい洗剤などもありますから、そういったものを使うのもよいでしょう。欧米の洗濯用洗剤や柔軟剤は防臭効果が高いものもあるようですから、試してみるのも一案です。

汚れ落としは洗剤で、雑菌の分解は漂白剤でできるので、両方を併用する使い方もあります。洗濯物を干すときは、できれば日光に当ててしっかり乾かしたいものです。紫外線には殺菌効果がありますし、生乾きだといやなニオイを増幅させることになります。

衣類やその洗濯に気を配るのも大切ですが、衣類が触れる皮膚を清潔に保つのも肝要です。そもそも皮膚が清潔でなければ、衣類が汚れやすくなるのも当然です。皮膚も衣類も清潔にして、加齢臭が起こりにくい状態にしましょう。

スポンサーリンク

入浴

皮膚を清潔に保つのは、加齢臭対策の基本になります。皮膚表面の汗や皮脂は、そのままにしておくと分解されて、ニオイの元になります。洗いすぎると、皮膚を保護する皮脂まで取りすぎてしまいますから、上手に入浴して加齢臭の元になる皮脂は取り除きたいものです。

加齢臭が起こりやすい身体部位には、頭皮、顔面の額や鼻、首筋、胸、背中があります。これらの部位は皮脂腺が多く皮脂がたまりやすい場所ですから、それを念頭に置いて入浴しましょう。夏場など汗をたくさんかいたときは、ふだんの入浴にプラスして、胸や背中だけでも濡れたタオルで拭いたり、シャワーをさっと浴びたりするだけでも違いはあります。入浴のとき、加齢臭対策のために作られたせっけんやシャンプーを使うのも効果が期待できます。

欧米人には朝シャワーを浴びる習慣の人も多いようですが、一晩眠っている間に相当量の汗をかくので、朝一番に汗を落とす理屈には合理性があります。日本人の習慣としては夜眠る前に入浴するほうが一般的かもしれませんが、汗をかく時期には朝のシャワーも加齢臭対策に効果的でしょう。

加齢臭などの体臭を抑えるには、汗腺をコントロールすることがポイントになってきます。最近では、美容と健康のために半身浴をする人も増えています。半身浴では、ぬるめのお湯に下半身をつけて一定時間を過ごすので、汗腺が活発になります。いわゆるべたべたの汗ではなく、さらさらの汗がかけるような身体になれば、ニオイも発生しにくくなります。

食事

食事は身体を作る基本になります。健康的で若々しい身体を保てば、加齢臭も起こりにくいでしょう。加齢臭の元になる成分「ノネナール」を抑制するには、抗酸化が鍵になります。「ノネナール」の発生過程には過酸化脂質の酸化がありますから、酸化させなければ「ノネナール」も発生しにくくなります。

抗酸化の働きを持つ食品には様々なものがあります。お茶に含まれるカテキン、赤ワインに含まれるポリフェノール、大豆に含まれるイソフラボン、トマトに含まれるリコピン、ブルーベリーに含まれるアントシアニンなど、様々な抗酸化作用のある物質の名が知られるようになりました。これらを普段の食生活の中で積極的に取り入れると、酸化が起こりにくい身体を作ることになるでしょう。

上記のように、体内の環境をよくする食品に効果は期待できるのですが、まずは普段の食事内容が健康的でバランスのよいメニューとなっているか見直すことが重要です。動物性脂肪をとりすぎていないか、ビタミンやミネラルが含まれる食材を使っているかなど、日常の食事を見直したうえで、抗酸化作用を持つ食品もこれまで以上に取り入れるとよいでしょう。

食事の見直しと言えば、食物繊維の一定量の摂取も一つの鍵になります。腸の環境が悪くなると体臭が悪化しやすくなります。食物繊維をとって定期的に排泄することが望ましいでしょう。普段の食事の中で繊維質が多い食材を使うようにすれば、自然と加齢臭対策にもなるのです。繊維質が多い食品としてよく知られるものは、玄米、豆類、海藻類、きのこ、野菜などです。腸内環境の改善には、ヨーグルトなど整腸作用があるものを摂取する方法もあります。

生活習慣の改善

食事以外の生活習慣として、喫煙や過度の飲酒、運動不足、睡眠不足、ストレスは加齢臭にも悪影響を与えます。これらの生活習慣は、身体の基本的な健康にももちろん影響しますし、活性酸素の発生につながるとされます。活性酸素が増えるということは、身体が酸化しやすい状態になるということであり、加齢臭の元になる成分「ノネナール」が発生しやすくなることになります。

決まった時間に起床・就眠し、決まった時間に食事をとるというのは、当たり前のようでいて、仕事をしている人にとっては結構難しいことかもしれません。起床・就眠が前後しやすいと睡眠リズムは崩れやすくなり、睡眠の質が低下しやすくなるでしょう。決まった時間に食事をしなければ、胃腸の働きも乱れがちになります。体調が低下すれば、いつもの仕事でも疲労感が増し、ストレスも増えるというものです。喫煙や過度の飲酒は身体に負担をかけ、活性酸素を増やす直接的な原因になります。

このように不規則な生活を送っている人は、加齢臭が起こりやすい身体を作っていると言えるでしょう。若いうちは新陳代謝が活発で補えていても、年齢を重ねて新陳代謝が落ちれば加齢臭が出てきやすいということです。

適度な運動を習慣的に行っている人は、健康を維持しやすく、ストレスを溜めにくいと言われます。有酸素運動(ウォーキングなど)は身体に過度の負担をかけずに行えます。運動はストレス解消の方法にもなります。すぐに運動を習慣づけるのは難しくても、階段を積極的に使ったり、正しい姿勢をとったりするだけでも、こつこつと生活習慣を改善していくことになるでしょう。

アンチエイジング対策

最近、アンチエイジングということばをよく聞くようになりました。化粧品や食品でも、身体の加齢現象を防ぐアンチエイジング目的のものが増えています。アンチエイジングの鍵の一つに「抗酸化」があります。体内の酸化を防ぐことがアンチエイジングにつながるというものです。この酸化は、加齢臭が発生しやすくなる要因にもなりますので、アンチエイジング対策を行えば加齢臭対策にもなるというわけです。

アンチエイジング対策でよく言われるのは、生活習慣の改善や抗酸化効果が期待できる成分の摂取です。規則正しくバランスのよい食事をとることは、健康な身体を作る王道と言えます。健康な身体であれば、加齢現象は誰にでも訪れるとはいえ、その進行を緩めることはできるでしょう。またビタミンやミネラルが含まれた食品を積極的に取り入れることで、酸化しにくい身体を作っていくことになります。

抗酸化効果が期待できる物質には、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピン、ゴマリグナン、コエンザイムQ10、ポリフェノール、カテキンなどがあります。ビタミンCやビタミンEはブロッコリーなどの野菜やりんご・みかんなどの果物に含まれています。

βカロチンはニンジンやパセリなどに含まれています。リコピンが多いので有名なのはトマトです。ゴマリグナンはゴマに含まれています。コエンザイムQ10はイワシなどに含まれています。ポリフェノールは赤ワイン、カテキンはお茶に多く含まれています。これらの物質は食品で摂取できますが、コエンザイムQ10のように食品中の含有量が少なく、サプリメントなどで補給するほうが効果的なものもあります。

頭皮への対策

頭皮は身体の中でも皮脂の分泌が盛んな場所であり、加齢臭が起こりやすい身体部位になります。日頃から髪を洗うとき頭皮も洗っていることを意識すると、それだけでも違いが出てくるでしょう。シャンプーやトリートメント、リンスが頭皮に残るとニオイの原因になりますから、よくすすいで落とすのが基本です。シャンプーで皮脂分をとり過ぎると乾燥しすぎて頭皮の健康にとってあまり好ましくないこともありますので、自分に合ったシャンプーで上手に頭皮の皮脂を取り除きましょう。

髪を洗ったあとは、髪を乾かすのも大切です。乾かない状態で放っておくと、菌が繁殖しやすくなります。乾かさないで眠ったりすれば水分はもっと蒸発しにくくなり、ニオイの元になったり、皮膚疾患を起こしたりすることもありえます。よく言われる枕元の加齢臭は、髪を乾かさないで寝るともっとニオイが強まることになります。髪は乾燥しすぎると痛みやすくなりますが、頭皮はしっかり乾かすつもりで、弱い温風や冷風も利用しながらドライヤーを使うとよいでしょう。

汗をかきやすい時期などは、頭皮を拭くのも効果を期待できます。加齢臭の元になる「ノネナール」は、頭皮を拭くことでも除去できます。殺菌効果が高いアルコールなどを使うとさっぱりするかもしれませんが、頭皮の健康に役立つ常在菌まで殺菌することになります。水分だけでなく他の物もタオルやコットンに含ませて使うなら、緑茶を含ませて使うのもよいでしょう。緑茶には消臭効果がありますし、抗酸化効果があるカテキンが含まれています。

部屋の空気への対策

部屋の空気を入れ替えて換気することは、インフルエンザなどのウイルスや細菌への対策として有効とされています。換気をして新鮮な空気を部屋に入れると、ニオイの混ざった部屋の中の空気を外へ出すことになりますから、ニオイへの対策としてももちろん有効です。加齢臭が気になるとき、部屋が閉め切りであればニオイは当然強く感じられるでしょう。

当たり前すぎることではありますが、こまめに換気をすることもニオイ対策になります。窓をあけて換気する以外に、空気清浄器を活用する方法もあります。

梅雨時のように湿度が高いと、水分蒸発とともにニオイも部屋の中を巡っていきやすいものです。湿度が高ければ様々なニオイが立ち上がりやすいですから、加齢臭もそれ以外のニオイもいつもより一層強く感じられるでしょう。加齢臭が気になっているときにそれ以外のニオイも混ざれば、ますます「加齢臭なんてイヤ」というストレスが募りがちです。換気一つでそういった気分を切り替えられるなら、手軽なストレス解消法と言えるでしょう。

介護が必要な人が部屋にいる場合、どうしてもニオイが部屋にこもりがちになります。そういう人は高齢で身体に障害があることも多く、加齢臭をはじめとする様々なニオイが強くなりがちです。ご本人の身体ケアをする以外に、部屋の換気をすることは、ニオイ対策にもウイルス感染の予防にもなります。介護が必要な人も介護をする人も、少しでも気持ちよく毎日を過ごしたいものです。窓を開けることで空気も気分も一新できるなら、少しの手間をかける価値はあるのではないでしょうか。

https://esoraumi.com/kareisyuu_genin.html

コメント

  1. sgoflbzvqpqy より:

    smamgunwoqnk dupage case search
    case court search md [url=http://marylandjudiciarycasesearchs.com/]el paso district court case search[/url] criminal case search md san bernardino superior court case search

  2. Brianofqtebtagx より:

    wnktrkjwzhon miami court case search
    dade county court case search [url=http://marylandjudiciarycasesearchs.com/]san mateo county superior court case search[/url] michigan court of appeals case search criminal case records search

  3. Tova Mirando より:

    Did you understand these truths on CBD OIL and Full Spectrum CBD Hemp Oil? Cannabinoids are separated from hemp utilizing supercritical CO2 extraction. Thanks to modern-day innovation, the resulting option is tidy, without heavy metals and unnecessary waxes, naturally present in the plant, and the sucked liquid has a typical, oily consistency. CBD oil contains cannabidiol as a base component and may contain just trace amounts of tetrahydroxycannabidiol (THC). Functions as a memory enhancer, enhancing concentration and coordination of movements, eliminating inflammation and frequent infections. It enhances the conduction of stimuli in the course of autoimmune diseases (numerous sclerosis, amyotrophic sclerosis). It is suggested by medical professionals and pharmacists as an antioxidant and compound that obstructs the action of proinflammatory cytokines (proteins), e.g. in Crohn’s illness or ulcerative intestinal tract. RSO oil has a low CBD material, while high THC. Of course, the key job of RSO is to cause a psychedelic result, although it can likewise stimulate « ill » brain structures. It is worth understanding that supplementation of this type is mainly utilized by people to whom standard treatment does not bring relief in illness. The synergistic (enhancing) action of CBD and THC relative to each other is used here. When used separately, both cannabinoids can do much more together than. In addition, they collectively promote the department of inactive nerve cells, nourish the fatty envelope of the nerves, and prevent myelin swelling that triggers loss of function in some autoimmune diseases. There are likewise stories where cannabis in its natural kind softened spasticity, lowered the frequency of seizures and convulsions, and reduced undesirable scrapie in Parkinson’s disease. This is where the concept of getting RSO, planned just for chronically ill individuals, originated . Both cannabis oil type CBD and RSO also consist of other cannabinoids, such as cannabichromene (CBC) and cannabigerol (CBG). The trick is not, however, that CBD often has a composition broadened to consist of flavones, flavonoids, terpenes, terpenoids, amino acids and omega acids. The distinction is mostly due to intentions directing mankind to use one or the other product. CBD medical marijuana oil is a rather beneficial mix of cannabinoids, designed to safeguard versus 21st century illness. It’s best to utilize all of these substances together, as nature produced them and enclosed in cannabis inflorescences. Oil of marijuana in a kind of pastime APR includes percentages of CBD, balanced by the presence of THC. Producers focus on the synergistic result of one compound relative to the other, while abandoning the presence of CBC and CBG. Why such a decision? – Modern scientific research study reveals that CBD + THC deal with major autoimmune diseases, while CBC or CBG reveal minimal activity in the existence of both substances, similar to flavonoids, flavones or terpenes, therefore their content in the option appears to be unneeded. In addition, the marijuana strain from which THC and CBD are derived include minimal quantities of other cannabinoids. RSO oil is totally prohibited in Poland, which is why it can not be obtained in any lawfully operating shop on the marketplace. Of course, there are a number of amateur techniques for acquiring it, however it’s good to know that compounds acquired artificially in house labs doubt, untried, and the result unknown. The solvent for the production of home RSO is usually gas, alcohol and even kerosene, which rather of treating, toxin. Alcohols and their like impair cannabinoids, therefore in reality, they don’t bring anything new to the medical world. Cannabis oil has actually currently marked a new age in which man ceased to fear what is unknown, and started to rediscover what our forefathers had actually currently observed and utilize the substantial potential, at very first look, a little strange relationships, associated generally with pathology. Medical cannabis, contrary to its name, does not suggest fermented female inflorescences and leaves consisting of psychedelic compounds coiled in so-called « Joints », however an advantageous oil without psychedelic THC. A basic individual, after taking dosages of medicinal marijuana and accomplishing the appropriate state of cannabinoids in the blood, can enjoy increased resistance, decreased susceptibility to cancer, delayed aging and reduced danger of stroke or cardiac arrest. CBD oil includes cannabidiol as a base component and may consist of just trace amounts of tetrahydroxycannabidiol (THC). RSO oil has a low CBD material, while high THC. Both cannabis oil type CBD and RSO also consist of other cannabinoids, such as cannabichromene (CBC) and cannabigerol (CBG). CBD medical marijuana oil is a rather helpful mix of cannabinoids, created to safeguard against 21st century disease. Oil of marijuana in a kind of pastime APR consists of little amounts of CBD, balanced by the existence of THC.

タイトルとURLをコピーしました