血糖値の高い低い、基準値などの血糖値の説明

血糖値 健康

血糖がつねに一定の範囲に保たれているのは血液中の糖の供給と消失のバランスを保つように多くのホルモンが関係しています。

その代表的なものはインスリンです。

スポンサーリンク

血糖値とは

血糖値(blood sugar concentration または blood glucose level)とは、血液内のブドウ糖(グルコース)の濃度です。

血液中の糖の供給はおもに食物中のブドウ糖が腸から吸収されて、食事が十分に摂れないときは肝臓に蓄えられている脂肪を糖に分解して血液中に放出されます。

ブドウ糖の利用は各組織によっておこりますが、とくに筋肉での利用が多く見られます。

糖の吸収・消費を一定に保つために血糖調節機構があり、主な臓器は肝臓で、筋肉・脂肪組織・腎臓なども関与しています。

これらの臓器は内分泌系や神経系の支配を受けて血糖を調整しています。

体内にはいろいろなホルモンがありますが血糖を下げる作用があるのはインスリンだけです。

血中インスリン濃度は血糖値によって調節されていて、血糖値が上昇すれば膵臓からインスリン分泌が増大して、下降すればインスリン分泌は低下します。

グルカゴンや成長ホルモン・副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)・副腎皮質ホルモン・カテコールアミンは血糖を上げる作用があります。

迷走神経刺激でインスリン分泌が亢進して、交感神経刺激でインスリン分泌が抑制されます。

運動や食事内容もインスリン・グルカゴンと関係していて血糖の調節に影響をあたえます。

インスリン;血液中のグルコース濃度の上昇が刺激となって膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌されています。食事を摂取することで炭水化物が消化酵素により分解されてブドウ糖(グルコース)となります。ブドウ糖は腸上皮から吸収されて毛細血管に入り、血中濃度が急激に上昇することでインスリンが分泌されます。ブドウ糖をグリコーゲンに変換させて肝臓に貯蔵します。インスリンの分泌が悪くなると細胞へのグルコースの取り込みが悪くなり血液中にとどまってしまいます。この状態が糖尿病です。

グルカゴン;ランゲルハンス島のα細胞から分泌されています。グルカゴンはインスリンとは逆に血糖値が減少すると分泌が促進されます。運動や代謝によって血糖が使われるとグルカゴンは肝細胞内のグリコーゲンを分解してグルコースとなって血液中に放出されます。

コルチゾール;副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドであるコルチゾールも血糖の調節にかかわっています。コルチゾールは脳下垂体前葉で造られる副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)によって分泌が促される副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)です。絶食などでグリコーゲンの分解によって維持されていた血糖値がより低下すると、コルチゾールは細胞に作用して細胞内に存在するアミノ酸や脂質から新たに糖を作り出します。これを糖新生といいます。

血糖値の基準値

日本糖尿病学会は『空腹時血糖値の正常域100mg/dLを「正常高値」である。空腹時血糖値が100~109mg/dLの者を一律に境界域あるいは空腹時血糖値99mg/dL以下と同一の正常域として取り扱うべきではなく、正常域の中で正常高値とするのが適切である。』と公表しています。

血糖値が高いとは

ブドウ糖(グルコース)を細胞に取り込む時に助けとなるのがインスリンです。インスリンの量が不足したり、インスリンの働きが悪ければブドウ糖を細胞のなかに取り込めなくなり、血液中を流れているブドウ糖がだぶついてきます。これが血液中の血糖が高い状態(高血糖)です。

血糖値は食事摂取状態によって変動します。

前日の夕食を摂ってから12時間以上絶食した状態で得られた早朝血糖値を空腹血糖値(fasting biood glucose;FBG または fasting plasma glucose;FPG)といいます。

食後には通常20~60mg/dl程度上昇しますが健常者では140mg/dlを超えることは少なく食後2時間で正常値にもどります。

絶食中でも血糖値は一定を保つことはなく、深夜3時頃には正定値を示し早朝にかけて若干上昇する傾向にあり、健常者は上昇量は10mg/dl以内ですが糖尿病では上昇の幅が大きく見られます。この現象を奇異性血糖上昇または暁現象とよんでいます。

血糖値が高いことで起こる症状

尿糖が出るようになります。それは血糖値が腎臓の糖排泄閾値を超えるためで、血糖値が高ければ高いほど尿糖の量が多くなります。血漿浸透圧の上昇と尿量の増加により、血管内脱水がおこり、口の渇き、多飲が起こります。

ブドウ糖の末梢組織での利用が障害されるため、易疲労や倦怠感が現れたり、尿糖の大量排泄によって空腹感や多食が見られるようになります。
ブドウ糖の利用が制限されるためブドウ糖の代わりに脂肪がエネルギー源として使われるため体重の急激な減少が起きます。

糖尿病型;空腹時血糖≧126mg/dl、ブドウ糖負荷試験 2時間値≧200mg/dl、血糖随時≧200mg/dl、HbA1C≧6.5%
糖尿病型が2回以上認められた場合は糖尿病と診断されます。

血糖値を下げる

肥満を是正するのが大事です。

食事は身体の構造維持や運動などの機能のエネルギーとして必要ですが、必要以上に摂取されたエネルギーは脂肪組織において中性脂肪として蓄えられます。これが肥満です。

肥満状態は過剰エネルギーが貯蔵されているだけでなく、インスリン分泌細胞に負担となり、インスリン分泌の低下ないし欠落して血糖が上昇するため、肥満を解消する必要があります。

肥満を解消する(血糖値を下げる)には特別に変わった食事である必要はありません。一般成人におけるエネルギーの栄養素別摂取構成比はタンパク質が15%、脂肪25%、炭水化物を60%です。この割合を守ることで肥満の解消になります。

食物繊維の多い野菜や海藻、きのこ類を一日300g以上摂取するようにします。食物繊維は胆汁酸代謝をかいしてコレステロール代謝にも良い効果をおよぼすことが知られています。

規則正しい食生活が必要です。

食事の摂取量と食事時間を一定に保って血糖の変動幅を小さくすることでインスリン分泌細胞の負担を小さくします。

血糖値スパイク

血糖値が乱高下する現象を血糖値スパイク(医学的には『グルコーススパイク』、一般的には『隠れ糖尿病』)と呼びます。

食後、誰でも血糖値が上がるのですが健常者では140mg/dlを超えることは少ないのですが、血糖値スパイクの場合は140mg/dlを超える高い血糖値まで上がった後に急激に下がる現象が起きます。乱高下する血糖値のグラフの尖り方を釘になぞらえて「スパイク」と呼ばれているのです。食後だけ血糖値が急上昇して140mg/dlを超えてしまうと動脈硬化をおこしやすく、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

タイトルとURLをコピーしました