1. TOP
  2. 情報
  3. 清水寺へのアクセスと拝観料、歴史・見どころなど

清水寺へのアクセスと拝観料、歴史・見どころなど

 2017/08/30 情報 この記事は約 3 分で読めます。 520 Views
清水寺

ことわざで、清水の舞台から飛び降りるというものがありますが、その意味は、必死の覚悟をもって物事を実行するということであり、実在するお寺の清水寺のことを指しています。

清水寺は、奈良時代に、延鎮上人という僧侶が開きました。そのため、古い歴史があるお寺として多くの参拝者や観光客が訪れます。

特に建造物としての美しさや荘厳さに注目する人も多いです。

清水寺の歴史

観音様のお告げに従って、音羽の滝にたどりついた場所として音羽山に注目してつくられたとされています。彼は、音羽の滝のそばに家を建てることによって、その地に住み始め、その後には、平安時代の坂上田村麻呂が清水寺のある音羽山延鎮上人に殺生を戒められたとも言われています。

その時に坂上田村麻呂は鹿狩りをしていたということもしられています。その時に、感銘を受けた坂上田村麻呂は、妻と一緒にお堂を建て、それが現在、多くの人に知られている清水寺のお寺としての始まりとも言われていて、語り継がれています。清水寺の始まりに関しては、諸説りますが、現在ではこの説が一般的に知られるようになっています。清水寺は、もともとは北観音寺という名で呼ばれていました。

しかしながら、境内にわき出る清水が観音信仰の黄金延命水として神聖化されることによって、そのことを清めの水と考え、後に名称を清水寺に改められるようになり、現在ではその名が一般的であり、そう呼ばれています。京都府にある様々なお寺の中でも人気があります。

清水寺へのアクセス

清水寺へのアクセスは、バスや電車などがあります。

電車を使った方法では、清水五条駅が最寄り駅となり、京都駅からですと、JR奈良線で東福寺まで行き、一度乗り換えをして清水五条駅、そこからは徒歩で25分となります。

徒歩ですと少し遠いので、バスがメインのアクセスとなっています。バスの場合はバス停「清水道」もしくは「五条坂」で下車後徒歩15分となります。

もしくは、京都駅からタクシーを使用してもそう遠くはないですが清水寺の手前の坂までしか車は入ることができません。

清水寺の拝観料、見どころなど

拝観料は400円です。清水寺のみどころは、なんといっても国宝でもある、清水の舞台ではないでしょうか。清水の舞台からは京都の町がとてもきれいに見えます。

また、清水寺のなかにある若者に人気の地主神社も見どころです。この神社は恋愛に関する神社として恋御籤や、恋占いの石という石と石の間を目をつむって歩きたどりつけたら恋愛が成就する、願いがかなうというものです。

また、清水寺はただでさえ季節感を楽しむことができますが、夜間のライトアップを春夏秋に行います。

桜や紅葉の時期ですので、よりきれいな桜や紅葉を楽しめるのも見どころです。

ただしライトップ期間はとても混雑しますので覚悟が必要です。

\ SNSでシェアしよう! /

そらeうみの注目記事を受け取ろう

清水寺

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

そらeうみの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 伏見稲荷の歴史とアクセス・見どころ

  • スカイスキャナーで旅行をお得に

  • 神奈川でグルメを楽しむならやっぱり外せない横浜中華街とラーメン

  • 新千歳空港について ターミナルビル、空港へのアクセスなどの説明

  • 出雲大社の参拝方法、アクセスの情報など

  • 横浜港から乗船するクルーズ、遊覧船など横浜港の説明