香典の相場金額、御霊前と御香典の違い、お通夜の香典袋の書き方などの説明

香典 ライフスタイル

身近な人やお世話になった人が亡くなった際には、葬儀が執り行われることになり参列する機会は大人になると増えるのではないでしょうか。

その際に欠かせない存在となるのが香典です。線香や抹香、花の代わりに死者の霊前に供えるものであり、現金を不祝儀袋に包んで渡します。訃報の知らせを受けた場合、通夜や葬儀のいずれかに持参することになります。

葬儀に参列する際にはもちろんのこと、都合が悪く参列できない場合でも郵送をすることが多いのではないでしょうか。

しかしその際にはマナーには気をつけなくてはなりません。まず第一に頭を悩ませる点となるのが、いくら包めば良いのかという金額についてではないでしょうか。

スポンサーリンク

香典の相場金額

年齢や故人との関係性によって包むべき金額には違いがあります。亡くなった方が親族以外の場合には、一般的には三千円から五千円が妥当な金額となります。

しかしそれは相場であり、亡くなった方との関係の深さや喪家の格式、そして葬儀の規模や参列する自分自信の経済力や社会的地位などによって包むべき金額には違いがあるということは頭に置いておかなくてはなりません。

祖父母となれば一万円で、両親の場合は五万円が相場と考えておくようにしましょう。

どの場合でも四や九は死や苦をイメージさせてしまうことになるので避けましょう。

御霊前と御香典の違い

いざ不祝儀袋を購入する際には、御香典と御霊前など様々な種類があるので違いで悩むことになるのではないでしょうか。

御香典は故人へ線香や花の代わりに金品を供えるという意味であり、御霊前は故人の御霊の前か御霊に供える金品となっており香典の表書きの一つです。

宗教により選ぶべき袋の表書きに違いがあることは頭に置いておかなくてはなりません。

弔事では不幸なことが繰り返し二度と起こらないようにという意味から、ほどくことができない結び切りの水引を使用するようにしましょう。

色は黒と白のものや銀一色のものなど様々なタイプがあり、地域により違いもあるので気をつけなくてはなりません。

香典袋の書き方

書き方にも気をつけておかなくてはなりません。名前は筆ペンなどを使ってフルネームで書くのはもちろんのこと、水引の下に中央に書くようにしましょう。

袋に書く名前は薄墨の筆で書きましょう。薄墨の筆ペンも売られていますのでわざわざ薄める必要もありません。薄墨の筆ペンが無ければ普通の筆ペンで書いてもマナー違反ではありませんが薄いにこしたことはありません。

中袋には金額と住所、名前を記入するようにしましょう。中袋の表に旧字体の漢数字で記入するようにします。裏面の左側には住所と名前を書きましょう。

市販されている袋ならば、住所や名前、金額を記入する欄があるものもあるので欄がある場合には、それに従って記入するようにしましょう。

香典袋は包む金額によってグレードにも違いがあるということを頭に置いておくようにし、袋選びも進捗に行わなくてはなりません。マナーはしっかり守るようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました