靴擦れの原因は?靴擦れ予防対策にはこのようなものがあります

靴擦れ ライフスタイル

折角出かけても、靴擦れが起きてしまうと気分が台無しになってしまいますよね。

そもそも靴擦れが起きる原因と言うのは例えば新しい靴を購入した場合が連想されるのですが、この場合はまだサイズや履き心地が自分の脚に合っていないので合わせようとしてずれてしまうと言う現象が起きています。

この原因の場合は新しい靴のほかにも、革靴などの素材の堅い靴や先の細い靴でも起きやすいです。そしてほかにも靴擦れの原因となっているのが、サンダルやパンプスなどについているストラップ部分です。

一見すると可愛らしいデザインと言う事で女性からの人気も高いのですが、履いてみるとストラップ部分が擦れてしまうので靴擦れを起こしてしまうと言う事があります。

スポンサーリンク

靴擦れの原因が自分の足にある場合も

これまでは靴が原因で起きるものだったのですが、実は自分の足が原因で起きているという事もあります。

例えば外反母趾など骨の形に問題があるという場合はどんな靴を履いていても擦れてしまいますし、足がむくんでしまっている状態だと普段はサイズが合っている靴も合わなくなってしまっているので擦れてしまうということが多くなっています。

さらに姿勢の悪いまま歩いていたり左右で靴底の擦り減り方が違うという場合には、歩き方が問題だという事もあるんです。

このように靴擦れが起きる原因には色々なものがあるのですが、内容によっては事前に改善する事ができるという場合もあります。

靴擦れの予防、対策は

また予防対策をしておくことである程度擦れる事を防ぐ事ができる場合もあるので、どうしても擦れてしまう・擦れてしまう可能性があるという場合にはしっかり予防対策をしておくと言う事も大切です。

絆創膏を貼る事

では実際にどのような予防対策があるのかと言うと、まず最も定番だと言われているのが「絆創膏を貼る事」です。

要するに直接皮膚と靴が擦れて傷になってしまうのであれば、その間にクッションとなるものを入れて摩擦を防ぐと言う考え方です。貼る場所としては足指・かかと・足裏・くるぶしなどが擦れやすい場所なのでおすすめですし、自分に貼るだけではなくて靴のかかと部分や足の裏側が当たる部分に貼れば同じように摩擦を予防することが出来ます。

すでに擦れてしまったという場合でも傷部分をカバーする事ができるので、擦れそうな靴を履くと言う場合は事前に貼っておいたり絆創膏を持ち歩く事がおすすめです。ちなみに最近では専用の絆創膏も販売されているようです。

ハイヒールの靴擦れ予防に

ハイヒール

またハイヒールを履く事が多いという女性におすすめされているのが、横山製薬の「足専ラボ」というサイトで紹介されている製品である「ジェルクッション」というものです。

これはつま先やかかとに着目したインソールタイプのもので、ほかにもストラップ部分を保護するタイプのものもあります。

メリットとしては靴や自分の足に合わせた商品を選ぶ事ができるというところで、用途に合わせて使い分ける事ができるようになっています。商品自体も薬局で手軽に購入する事ができるので、女性で悩んでいると言う人にはオススメの予防対策のひとつです。

素足で靴を履くのを止める

また最も基本的な予防対策としてできるのが、ストッキングや靴下を履くと言うものです。

そもそも靴擦れは素肌のまま靴を履いていると言う人に多く見られているので、ストッキングや靴下を履く事で摩擦を緩和させれば結果的に予防することが出来るのです。

ただ薄手のものだと摩擦を予防することが出来ないので、出来るだけ厚手のものを使用する事がおすすめです。女性の場合であればボトムを履く時には使用済みのストッキングや伝線して使えなくなったストッキングを使うとお金がかかりませんし、ボトムの下に履くので他の人からは見られないというメリットがあります。

靴擦れの起きやすい箇所に石鹸を塗る

靴擦れ

さらに靴の擦れやすい部分の内側に石鹸を塗ると予防対策になると言われているんです。

と言うのも石鹸にはストッキングと同じように滑りを滑らかにする効果があると言われているので、塗っておけば摩擦を予防することが出来るので対策としては効果的なんです。石鹸がないという場合はロウを塗っても同じような効果を得られますし、靴に直接塗るのは抵抗があるという人の場合は足に塗っても大丈夫です。

ただし足に塗る場合は石鹸やロウよりもワセリンやベビーパウダーの方が肌に負担がかかりにくくなっているので、そちらをおすすめします。

まとめ

このように事前に靴もしくは自分の足に何らかの対策をしておけばある程度予防することができるようになっていますし、女性だけではなく男性でも手軽に実践しやすいものばかりなので簡単に利用する事ができます。

中にはそこまでお金をかけなくても実践する事ができるものもあるので、学生や専業主婦でも実践しやすいものばかりです。

ただし予防するだけでは擦れてしまう事もあるので、靴を柔らかい素材のものにしたり歩き方に気をつける・外反母趾の人の場合は治療をするなど根本的な理由を改善していくと言うことも大切になっています。

タイトルとURLをコピーしました