痛い靴擦れをしない方法!予防して万全な対策をしましょう

靴擦れ 特集

外出をすることが多い方のなかには、靴擦れなどを起こしやすくて悩んでいる方、また、仕事、プライベートでヒールなどを履く女性の方でも、靴擦れに悩む方もいるでしょう。

靴擦れを起こしやすい場合には、いくつかの原因が考えられます。

まず一つ目として、靴のサイズが合わないことです。サイズの合わない靴で歩いてしまうと、足が靴により擦れたり、同じ部分が当たったりすることで、痛みなどを生じたり、水ぶくれ、出血などの症状になることもあります。

最初はそれほどたいした痛みではないかもしれませんが、そのまま何も対策をせずにいると、毎回同じ部分に負担がかかり、悪化してしまい、最悪の場合には、痛みがこらえきれなくなり、歩くのが困難になるケースもあります。

また、タコや魚の目などができてしまう原因になることもあるため、しっかりと予防対策をすることも大切です。

スポンサーリンク

まずは靴擦れの原因を知りましょう

原因としては他にも、自分の足の形などの問題も考えられます。外反母趾などに悩んでいる方などは、それが原因で靴擦れを生じることも考えられます。

また、女性の場合には、むくみ、冷え性といった症状に悩まされている方もいるでしょう。このうちのむくみの症状なども原因になることがあります。

むくむことで、足が大きくなってしまうため、その影響で靴との摩擦しやすい状況になることもあります。

靴擦れ

むくみなどは、生活習慣の乱れや、食生活の乱れなども考えられます。また、朝起きた時にむくみの症状がでることもあるため、それに対しても予防対策などを考える必要があるでしょう。

また、歩き方などに問題があることも原因になることがあります。普段から姿勢が悪く、歩き方も通常とはちょっと違い、クセのある歩き方をしていると、体のバランスなども崩れる傾向にあります。

また、どちらかの足に負担がかかりすぎている状態は、靴などにも影響がでてしまい、片方の靴底だけが極端に磨り減っている状況などの場合には、歩き方のバランスなどが乱れている、また、ちゃんとした歩き方をしていない可能性もあります。

そのため、片方の足だけ、靴との摩擦による痛みなどが生じてしまうこともありますので、それに対しても予防対策などを自分なりに考えていく必要があります。

靴ずれしない方法

予防対策をしていくためには、いろいろな方法が考えられます。

まずは、靴との摩擦をある程度防ぐという意味で、絆創膏などで対処するというのもいいでしょう。

摩擦しやすい部分などを中心に、絆創膏を貼ることで、足への摩擦による負担を減らすことで、痛みを予防することにもつながります。足の指やかかと、くるぶしなど、摩擦されやすい部分に貼ることで効果が期待できます。

この対策は、新しい靴などを買った場合などにするといいでしょう。ある程度履きなれてくることで、このような靴との摩擦が少なくなることや、症状としてでないような状態になるまで、絆創膏や靴擦れ防止シートで対策をしてみるというのも有効な手段です。

靴擦れ防止シートで対策する(おすすめ)

写真は私が愛用している靴擦れ防止シートです。

靴擦れ

透明なのでストッキングの時も目立ちません。薄いシートですがしっかりと靴擦れする部分を広く(シートが大きめなので)ガードしてくれます。

素足を避ける

ストッキング、靴下などを履くということも、地味ではありますが、しっかりとした対策になります。

素足の状態で直接靴との摩擦が生じるよりも、ストッキング、そして靴下などが肌への摩擦をある程度やわらげてくれるため、足へのダメージが軽減することでしょう。

靴を買い換える

また、自分の足に合う靴に買い換えるということも大切です。ちょっと履きにくい、よく足に靴があたることで歩きにくいと不満を抱く場合もあります。

しかし、靴もせっかく買ったのだから履かないともったいないと思い、歩きにくい、そして足に痛みがあってもそのまま無理に履き続ける方もなかにはいるでしょう。

物を大切に使おう、そして買ったものをきちんと使うという気持ちは立派ですが、自分の体へのダメージなども良く考える必要があります。

痛みなどを我慢していると、歩き方なども痛みをカバーしながらになるため、不自然な歩き方をしてしまうことも考えられます。

一時的にそのような状況になるならば、それほど影響ありませんが、それが長期間に及んでくると、足の痛みだけの問題ではなく、体のバランス、骨、筋肉などさまざまな部位において、悪影響となることもあります。

そのため、外出時に歩きにくい靴、痛みを伴うような靴を履いている場合には、少しもったいない気もしますが、自分の体のためを思うならば、もっと履きやすい靴、自分にフィットした靴に買い替えをすることを考えてみるといいでしょう。

まとめ 歩き方もチェックしてみましょう

また、歩き方に関しても、普段の歩き方自体に問題がある可能性もあります。少しでも、靴擦れなどを起こさないために、自分の歩き方などをチェックしてみて、正しい歩き方ができるように、自分なりに歩き方を改善していきましょう。

歩き方がきれいならば、靴擦れの予防対策にもなりますが、それ以外にも、姿勢よく、そしてきれいな歩き方は、周囲からのイメージアップにもつながるでしょう。

スムーズな歩き方、きれいな歩き方を意識して、足の痛みの軽減だけでなく、イメージアップもはかるように、日々、歩き方なども意識していくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました