ヨーロッパ生まれの活版技法「リトグラフ」

リトグラフ 特集

リトグラフとは、偶然を基にして生まれた、活版印刷技術のひとつで、描画材の油分を利用します。工程が多いため、凸・凹版画などと比べると時間がかかる反面、細かなクレヨンの色彩をそのまま再現できるという強みがあります。

リトグラフの対象となるものは、クレヨン・インクなど、油分の多い画材です。油性マジックでも版画がおこなえます。リトグラフのために作られた脂分の多いクレヨンは、「リトクレヨン」と呼ばれます。

それらの道具で絵を描いた後、工程は製版へと移ります。まず、鉱石由来のタルクや樹脂のレジーヌで、絵を整え、アラビアガムを全体に塗布します。このアラビアガムが、描画材と化学反応を起こします。時間が経てばそれだけ安定するので、長時間放置することが好ましいです。

そして、シンナーや特殊な油などを使用して、描画材を落とします。そうすることで、アラビアゴムを基礎とした絵の形の溝が生まれます。そこに、ラッカーや、チンクタールと呼ばれる液を塗り込み、水洗いをします。アラビアゴムは水に弱いので、流し去ることができ、ラッカーとチンクタールだけが残ることになります。その凹凸を版画として使用します。

そして製版インクを持った後、もう一度タルクとレジーヌ、アラビアゴムの工程を繰り返します。この後の放置も、1回目と同様に、長い方が安定した版画になります。そうして、版画は完成します。

刷る時は、版上を常に湿った状態に保ちながら、ローラーでインクを塗っていき、プレス機などで圧力をかけて紙へと写します。

リトグラフは、18世紀から19世紀にかけた人物「アロイス・ゼネフェルダー」が、石灰石の上に油性クレヨンで文字を書いた偶然をきっかけに生まれました。

彼はその偶然を活かし、実用的な段階にまで押し上げて行きました。当時活版が主であった新聞だけでなく、リトグラフはその応用の広さ、描写の細やかさから、美術分野においても、革新的な影響を与え、一般の人がそれらに触れられる機会を増やした発明です。

タイトルとURLをコピーしました