女が我慢できない男のファッションとは!?~付き合っていた彼の尖った革靴にドクロのTシャツは私には無理だから別れた。

ドクロ ファッション

私がファッションについて残念だった体験をしたのは、大学生の時でした。その時、20歳です。そしてその体験というのは自分のことではなく、付き合っていた男性のことです。

その人は、一緒のサークルということでとても話が合うし、いいなと思っていました。しかし、ファッションとしては少し女性が嫌う感じだったので、好きになれなかったのです。

そのファッションというのは、いつも奇抜いのです。その大人しい彼の性格からすると、そんな風にきつい感じの着こなしをすると思えなかったのです。

話すときも、大人しい感じだし、人のいうこともきちんと真面目に聞いてくれたりして、とても人間性に優れていると感じていたのです。そしてそのことは、私だけではなく、ほとんどの女性が感じていたことだと思います。そのため、人として素晴らしい人だと誰もが思っていました。

ところがただ一つ、残念なことがあったのです。それは、なんといっても女性が嫌う、そんなファッションを好んでするということです。その彼としては、そのことを意識してしているわけではありません。そのようなファッションをすることがいいと思っているのです。

そのことに気づいたのは、付き合いだした時でした。そのファッションという、ひとつのことはいつも尖った靴を履いてくるということです。尖った靴というのは、あまり好きではないですよね。なんとなく、気取っているというか、真面目な感じがしないのです。シンプルに普通の靴の方が、ずっといいと思うのです。

それなのに、いつもどんな格好のときも、尖った革靴なのです。それは、本当にがっかりです。ジーンズのときも、カジュアルな格好をして欲しいと思うのに、絶えず先が尖った靴なのです。そのことは、見るたびになんとかして欲しいと思っていました。

また最悪と思ったのは、ドクロのTシャツを着ることです。

そのようなTシャツを好きという、そんな女性もいます。そのファッションについて、共感をもてるという女性は、大賛成と感じます。ところがそのようなTシャツが、好きという女性は少ないのです。まず怖いという印象がありますね。もしも彼の性格を知らなかったら、近づきたくない、そんな男性です。

しかも、先の尖った靴を履くので、まさに嫌いなファッションのオンパレードなのです。

その後は、だいたいそのような感じでいたので耐えられなくなり、別れてしまいました。その別れについても、ファッションがいやということを伝えることができませんでした。

そのことを伝えると、傷ついてしまうと思ったからです。そのため自分の都合で付き合うことができなくなったことにしたのです。

その後も、時々彼と会うことがありましたが、その時も同じファッションなので話したいと思うことがなくなっていました。

思い出というよりも、辛い感じで記憶として残っています。どうしてあの人と付き合ってしまったんだろうと思う感じです。

人は見た目ではないと感じます。しかし、余りにも嫌いと思うファッションだとやっぱり無理と思います。

香川県にお住いの事務職をしているアラファー女子さんからいただいた

コメント

  1. these g より:

    Attractive section of content. I just stumbled upon your weblog and in accession capital to assert that I get in fact enjoyed
    account your blog posts. Anyway I will be subscribing to your feeds and even I achievement you access consistently rapidly.

  2. g the より:

    This design is steller! You certainly know how to keep a reader entertained.
    Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost…HaHa!) Excellent job.

    I really enjoyed what you had to say, and more than that, how you presented it.
    Too cool!

  3. It is the best time to make some plans for the future and it’s
    time to be happy. I’ve read this publish and if I may just I wish to suggest you some fascinating issues or advice.
    Maybe you could write subsequent articles relating to this article.
    I want to read even more things about it!

  4. Every weekend i used to pay a quick visit this web site, as i wish for enjoyment, as this this web site conations actually good funny material too.

  5. Thanks for sharing such a pleasant thinking, piece of writing is good, thats why i have read it entirely

  6. Greetings! I’ve been following your weblog for a long time
    now and finally got the courage to go ahead and give you a shout out from
    Houston Tx! Just wanted to say keep up the fantastic work!

  7. Why users still use to read news papers when in this technological world the whole thing is existing on web?

タイトルとURLをコピーしました