喪中はがき

喪中はがき ライフスタイル
スポンサーリンク

喪中はがきの文例の紹介と、どこに頼む?

喪中はがきは、年賀状印刷を受け付けている所であれば、作成を依頼することができます。パソコンで年賀状を作成するための年賀状ソフトにも、喪中はがきのレイアウトが添付されていることが多いので、自宅でも年賀状と同様に、作成することができます。

ただ、年賀状ソフトに添付されている喪中のレイアウトは、誰でも使用できるように、喪中であることを簡略的に記しているだけの仕上がりになっています。亡くなった方の芳名や亡くなった日付や年齢、はがきの差出人との続柄等はもちろん記載がありません。

そこで、誰が亡くなったのかがわかる喪中はがきにするためには、レイアウトをもとに、書き加える必要があります。体裁を整えながら間違いのないように作成するのは、年賀状と違って難しいものです。そこで、印刷会社に依頼したいと思ったら、写真屋や文房具屋、贈答品を扱うギフトショップ、郵便局、ハンコ屋、名刺印刷会社、コンビニ等で注文することができます。最近では、インターネットで注文できる、ネットのはがき作成サービスもあります。

自作する場合には、インターネットや年賀状ソフトの文例集を参考に、喪中で年賀状を欠礼することと、誰がいつ(何月)永眠したのかを、添えると丁寧です。最後に、差し出す日付(年と月)で、しめくくります。

喪中はがき

毎年年賀状を出すようにしている家なら、年末が近づいてくると喪中はがきが数枚届くことがあるでしょう。これは、近親者が亡くなって1年以内は喪に服することから新年の挨拶を欠くことを事前に報告するためのあいさつ文です。

喪に服するというのは元々は神道による穢れの考え・儒教の影響などにより定められた「服喪」という名の儀礼に仏教の回忌の考え方も加わって生まれた風習です。

その期間は晴れがましいこと・派手な行動はつつしみ、故人の冥福を祈るのです。その昔は門戸を閉ざし酒肉を断ち、弔せず、賀せず、音曲もなさず、嫁とりもせず、財も分かたずと徹底されていたものの今はそれほどではありません。とはいえ、正月飾りを飾ったり年始回り・初詣なども控えたほうがよいでしょう。

喪中はがきはいつ出す?

年賀欠礼の挨拶のため年内に届くように出せばよいです。とはいえ、12月頃になると年賀状の準備を始めるのが一般的なので、近親者が亡くなった場合には11月くらいには準備を開始し、できれば12月上旬には届くようにしてください。

もしも年末に不幸があった場合には、そこから準備したとして届くのはお正月や年末ギリギリ。それなら喪中ハガキは出さず、1月7日の松の内が明けてから寒中見舞いを送り、そこで年末に不幸があったことから新年の挨拶を失礼したことをお伝えするようにしましょう。

年賀状とは違うのですから慶事に関すること・近況報告などは書かないのがマナーです。決まった書式を参考に、そのままの文章で送るのが無難です。あいさつ文の後、誰がいつ何歳で亡くなったか・お礼の挨拶・日付と続きます。故人の年齢は数え年を使うのが一般的です。

差出人の名前は個人でも家族連名でもどちらでもかまいません。表書きは悲しみの涙で墨が薄くなったことを意味する薄墨色で、切手は弔事用のものを郵便局で購入して貼るようにしましょう。

近親者ということですが、配偶者・両親・兄弟・姉妹・実子・配偶者の両親・祖父母といった直系の血族が一般的です。それよりも広い範囲であれば普通に年賀状を送るようにしましょう。年賀欠礼の挨拶状のため、毎年年賀状を交換している方を対象に送るようにすればよいでしょう。喪中はがきを送らなかった相手から届いてしまった場合にも寒中見舞いで知らせるとよいでしょう。

もしも喪中はがきが届いたら、その年はその家には年賀状を送らないようにしてください。それでも近況報告をしたいというのであれば松の内を過ぎてから寒中はがきを送るのは大丈夫です。

とはいえ、電話やメールが発達した現代社会。わざわざ寒中見舞いに送りかえるという方はまれです。そもそも年賀状の習慣自体も少しずつ廃れてきています。

意外と喪中はがきの歴史は浅く、明治の頃に孝明天皇の女御の英照皇太后が出した挨拶状が始まりと言われています。そこから庶民にも広まったのは昭和初期のころです。

そして、平成の世の中では出す習慣のない若者も増えてきました。喪中はがき自体もその流れの中で廃れ行く習慣かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました