モロヘイヤの栄養、茹で方、毒で気をつけること

モロヘイヤ 健康

モロヘイヤは中近東地域で栽培されいて、日本には1980年代にはいってから栽培されはじめた高温で乾燥地帯でも育つ生命力の強い野菜です。

エジプトの女王クレオパトラも好んで食べたといわれていて、モロヘイヤはアラビア語のムルキーヤ「王様の野菜」が語源となっています。

古くからエジプトでは王様だけが食べていたのではなく、庶民も食していた家庭食材なのです。

モロヘイヤには、食物繊維やミネラル、ビタミン類、カロテンなど豊富な栄養素が含まれていて、健康志向が高まっている中、注目の野菜なのです。

スポンサーリンク

モロヘイヤの栄養

モロヘイヤは、食物繊維、ミネラルやβ-カロテン、ビタミンB群、など健康や美容によい豊富な栄養素を含んでいます。

食物繊維は血中の糖分を吸収するのを穏やかにして、コレステロールを吸着して排泄するため血中コレステロールの増加を防ぎます。腸の機能を活発に刺激したり、腸内細菌のエサとなって繁殖を促進して防衛力を増強させます。

カリウムは体内にある余計なナトリウムを排除させます。

β-カロテンは体内に入るとビタミンAとなります。ビタミンAは、夜盲症(急に暗い場所に移動したとき、視界が見えにくくなる症状)の予防や視力低下を抑える効果があります。

カルシウムは100g中260mgも入っていて、ホウレンソウの約9倍の量にあたります。カルシウムは歯や骨を作る主要成分です。

ビタミンB1は筋肉・神経の機能と密接な関係をもっていて、不足すると消化管の運動が鈍くなって食欲が減退します。神経の働きが鈍くなり、疲労感が強くなったりします。

ビタミンB2は身体のなかでエネルギー代謝に重要な役割をもっています。

ナイアシン(ビタミンB3)はエネルギー代謝に関与していて、不足すると皮膚炎や消化障害に陥ります。

モロヘイヤの茹で方

モロヘイヤをさっと洗ってから、茎についた葉っぱをちぎり、穂先の葉っぱも(葉のまとまっている)付け根からちぎります。

モロヘイヤの部位によってゆでる時間を変えるので茎だけ、葉っぱだけ、の状態に分けておきます。

茎は下1/4くらいは筋っぽくて堅いので捨てたほうが無難です。上3/4がゆでて美味しく食べられます。

鍋にタップリの水を入れて、沸騰したら塩をいれます。

ゆでる時間は、茎が1分、葉っぱは20秒を目安(ゆでる時間は量や硬さの好み)にしてください。

茎を入れて、40秒たったら葉っぱを加え、箸で軽く沈ませます。

残り20秒ほどゆでたら、ざるに上げて冷水にとって熱をとります。

モロヘイヤの毒

モロヘイヤにはストロファンチジンと呼ばれる毒性成分を含む部分があります。

ストロファンチジンが含まれているのは、種・実・茎の部分で、若葉にも多少含まれています。

食品安全委員会が「収穫期の葉、茎、根の各部位並びに蕾(つぼみ)発生期の葉、 茎、根、蕾の各部位には有害な成分は含まれていません。一般の店頭で販売されているモロヘイヤは、栽培管理されて若い茎や葉を出荷していますので、商品に有害な成分は含まれていません。」と見解をだしています。

野菜として売られているモロヘイヤは、葉、茎、根などに毒性のない状態なので、安心して食べることができます。

ただし、家庭で栽培する場合は十分な注意が必要となります。

ストロファンチジンというのは強心配糖体(心筋に作用するステロイド配糖体を指す)という成分が含まれていて、それを摂取したさいの症状は、動悸、息切れ、めまい、全身倦怠感、食欲不振、嘔吐、下痢、尿量の減少・むくみ、 呼吸困難などです。

モロヘイヤの冷凍

湯に少量の塩を加えて軽く下茹でをします。冷水で粗熱をとり、水気を絞ります。

好みの大きさに刻み、フリーザーバッグもしくはタッパーに入れて冷凍庫で保存します。

刻まずに冷凍しても大丈夫です。刻んで小分けにして冷凍すると味噌汁に使ったり、納豆に入れたり、ぱっと使えて便利です。

冷凍したモロヘイヤの保存期間は1ヶ月~2ヶ月です。

タイトルとURLをコピーしました